「頭が大きい人」ほど似合っちゃう帽子

世に出回っている帽子の多くは、頭が小さい人に似合うように作られている。そのことで、悩み、苦しみ、帽子を被ることを諦めた人も少なくないはずだ、きっと......。

しかし「UNNAMED HEADWEAR」の帽子は、むしろ「頭が大きい方がカッコよく被れる帽子」だ。

形は深め、標準、浅めの3種類。見た目は普通の帽子と同じだが、頭囲のサイズつばの幅被りの深さなど、すべてのパーツをイチから見直して作られており、一般的な帽子よりも一回り大きいが、各パーツのバランスがいいため着用時のシルエットもかっこよくなるように細かく計算されている。

©Makuake

真横から見ても耳上までしっかりと深く被れるし、今までの帽子ではアジャスターのベルトがギリギリになってしまっていた人でも、ゆとりを持って調整することができる。見た目のよさだけでなく頭の締め付けもなくなり、被り心地も非常によいそうだ。

開発者曰く、この「帽子が似合わない人のための帽子」を作るに至ったきっかけは「自分自身、大きい頭がずっとコンプレックスで、似合う帽子に人生で一度も出会ったことがなかったから」──。

実際、オリジナルの帽子を制作するにあたり、全国の20〜49歳の男性1093名を対象に実施したアンケートでも、日常的に帽子を被る習慣がない人の理由として「似合わないから」がもっとも多く、似合わないと思っている人の多くが「帽子のサイズを小さく感じる」と回答したのこと。

もちろん、UNNAMED HEADWEARの帽子は、ただサイズを大きくしただけではない。

プロの帽子職人サンプルの作り直しを何度も繰り返しながら、試行錯誤の末に生まれた自信作だ。

©Makuake

しかし、残念なことに「プロジェクト開始からわずか4日間でリターンが生産限界数まで達してしまいました」とのことで、現在、先行販売分はすでに受付終了......。

でも、まだ諦めてはいけない。

応援購入サービス「マクアケ」のプロジェクト終了後(支援者へのリターンの配送が完了後)に、ホームページから同商品を一般販売予定だ。詳細は、SNSにてアナウンスしていくとのこと。吉報を待たれよ!

UNNAMED HEADWEAR」

【公式ホームページ】https://unnamedheadwear.com/

【マクアケ プロジェクトページ】https://www.makuake.com/project/unnamedheadwear/

Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
米国サウスキャロライナ州在住のプロダクトデザイナーが開発した「HideaMask」は、帽子と一体になったマスク。帽子のつば部分にマスクがピッタリと張り付く...
ただでさえ可愛いのに、ちょこんと帽子を頭にのせてオシャレするなんて、なんてチャーミングなヒヨコなのでしょう!小さいながら、よく出来ていますよね。よく似合っ...
西部劇に登場するのかのように、綺麗にカウボーイハットを被った鳩。赤色と青色の帽子を被った2匹が現在確認され、それぞれ「Cluck Norris」と「Coo...
旅の間、船内でファッションショーが開催されるクルーズ「Transatlantic Fashion Week」。その名が示すとおり、約一週間の航海ではファッ...
創業130年を超える老舗が作る利便性バツグンのスマート財布。2方向で素早く開閉できる「時短L字型ジップ」や、開けてすぐに取り出せる小銭入れの位置など、財布...
とにかく完全に食器を洗う「スポンジ」が再現されています。
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
2020年春夏シーズンから始動する、スノーピークの新アパレルライン「YAMAI」。テーマは、豊かな自然に似合う服。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出している、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Mo...
10月22日よりAirbnbもGoToトラベルキャンペーンが適用になりました。そこで今回は、Airbnbと協力して、おすすめの宿をピックアップ。泊まりたい...
ただ頭がいいだけでなく、天才と呼ばれる人たちには、いくつか共通する特徴があるそうです。
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
世界的に見ると、なんと約5割の男性が薄毛に悩む運命を抱えているのだそう。でもそれは、女性にとってまったくデメリットではないことを、女性ブロガーのAmand...
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...
「ファッションの信用」を掲げる日本発のブランド「EQUALAND」の紹介です。
香川照之氏が新たにプロデュースする「草花と昆虫のエシカルブランド Insect Garden」は、再生ペットボトル100%素材などのエコ素材を使用。ブラ...
コスプレイヤーで街がごった返す日本の「ハロウィン」。今年はお家で楽しんでみましょう!お家でハロウィンを楽しむアイデアをまとめてみました!
2015年に、ドバイにオープンしたコンテナモールがオープンした「BOX PARK」。ショッピングやダイニングが楽しめて、シネマも併設されています。
〈LUSH(ラッシュ)〉から発売されたワッペンです。アイロンで簡単にシャツや帽子につけられます。税込500円。見た目カワイイけれど、それだけじゃありません。
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
絆創膏ブランドのBAND-AID®キズパワーパッド™は、就活生の靴ずれをなくすための「#スニ活」を開始。同時にスニーカーの販売も始め、新しいリクルートファ...
北欧を中心に洋服を販売しているWEBサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...