あえて流行じゃない服装で、「黒人らしさ」を主張する女の子たち

髪のカールに黒い肌。黒人であるからこその持って生まれた個性や文化がある。それなのに、勝手な“美の基準”により、まだまだ差別されているのも確かなこと。

多様性に欠ける世の中に「一言申したい!」という気持ちで、立ち上がったREGISとKAHRANの夫婦デュオ「CreativeSoul」。彼らは、バロック時代やレトロなど、あえて今っぽくないファッションで、もともとの美しさを主張する女の子の姿を撮影しているんだ。

どんな服でも、
「自分らしさ」を輝かせる

黒人の女の子黒人の女の子黒人の女の子黒人の女の子黒人の女の子黒人の女の子黒人の女の子黒人の女の子黒人の女の子黒人の女の子

「自分の美しさ」に気づくために

黒人の女の子

残念なことに、まだまだ多様性に欠ける世の中だと思います。でも、自分の肌の色や髪のカール、これまでの文化を子どもたちにも愛してもらいたい。そう、私たちは考えているんです。

 

そして、黒人への固定観念を打ち砕くために、私たちはこの「AfroArt」プロジェクトを始めました。

これは、REGISとKAHRANからの言葉。「黒人だから」という偏見により、子どもたちの自尊心が低くならないようにと、ふたりは写真を撮り続けているんだ。どの少女も堂々と胸を張って、とても美しい。

関連する記事

「女の子が元気だった」時代から、いま改めて学ぶこと。
「女の子が元気だった」時代から、いま改めて学ぶこと。
いろんな国の、ミレニアル世代の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載「若者たち」。今回はそのスピンオフ企画「世界の女の子たち」第5弾です。
「自分のものは自分で買う」も、素敵だけれど。
6月3日に登場した有料サブスクリプション「Twitter Blue」では、新たにBookmark Folders(ブックマークフォルダ)、Undo Twe...
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
いろんな国の、ミレニアル世代の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載「若者たち」。今回はそのスピンオフ企画「世界の女の子たち」第6弾です。
たいくつなコーヒーの味に刺激をプラスする「Ujjo」は、コーヒー専用のホットソース。
ファッションや音楽、アートなど、さまざまなカルチャーを牽引してきたクラブシーン。そんなクラブに集まる女の子のリアルな生態をセルフィー&スナップシューティン...
いろんな国のミレニアル世代の女の子たちの日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載企画「世界の女の子たち。」、今回はビーチ編です。
2020年1月24日(金)、渋谷・道玄坂「WOMB」に集まった女の子たちに突撃取材!
2020年2月21日(金)、渋谷・道玄坂「WOMB」に集まった女の子たちに突撃取材!
だから、彼女たちは「可愛い」のか。
2020年1月24日(金)、渋谷・道玄坂「WOMB」に集まった女の子たちに突撃取材!
バッハやモーツァルト、マリー・アントワネットの写真を教科書で見るたびに、あまりにも特徴的な髪型が気になって仕方がありませんでした。歴史に名を残す彼らが、ど...
2020年1月24日(金)、渋谷・道玄坂「WOMB」に集まった女の子たちに突撃取材!
いろんな飲食店のオリジナルTシャツを紹介する「ショップT大集合」。今回は番外編です。ピックアップしたのは、ゴールドジムのTシャツ。そう、あのゴールドジムです。
「いいね」がたくさんついたり、コメントがついたり。SNS映えする写真を追求するたびに、リアクション数が増えていったら、嬉しい気持ちになるのもわかります。け...
いろんな国の、ミレニアル世代の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載「若者たち」。今回はそのスピンオフ企画「世界の女の子たち」第7弾です。
どちらの顔も、自分の顔。
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
テニスプレイヤー・大坂なおみ選手が、女の子のスポーツ体験を向上し、人生を変える「プレー・アカデミー with 大坂なおみ」を今月初旬に設立。
世界的な権威を持つファッション雑誌のイタリア版『VOGUE ITALIA』は、2020年最初に刊行する1月号において「写真を使用しない」と発表。今月号では...
「Olori」は販売だけではなく、経済的理由で学校に通えない、アフリカの女の子たちを援助することも目的にしている。ハンドバッグが1つ売れるたびに、その収入...
絵本の中の女の子たちは、昔から王子様が迎えに来てくれるのを待つプリンセスばかり。「女の子が自分の手で夢を掴む絵本を作りたい」という思いから作られたのが「G...
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
ホラー映画や心霊現象映像など、とにかく苦手な私。ありきたりな答えだけど、「怖い」のだ。ただ、フォトグラファーのFrank Machalowskiによる心霊...