世界の女の子たち。#05

 

知らない土地の、知らない文化にもまれてくらす、同年代の若者たち。彼らはいったい、どんな想いで、どんな日常を、送っているのだろう。

いろんな国の、ミレニアル世代の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載「若者たち」。今回はそのスピンオフ企画「世界の女の子たち」第5弾です。

 

486955211449958453594532641505284768744534441984577492947566592048474345093201925480258480373760532321729616281654073718116188166470319040626688
Licensed material used with permission by Rebekah Campbell
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
いろんな国の、ミレニアル世代の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載「若者たち」。今回はそのスピンオフ企画「世界の女の子たち」第6弾です。
いろんな国の、ミレニアル世代の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載「若者たち」。今回はそのスピンオフ企画「世界の女の子たち」第7弾です。
「女の子が元気だった」時代から、いま改めて学ぶこと。
いろんな国のミレニアル世代の女の子たちの日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載企画「世界の女の子たち。」、今回はビーチ編です。
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
「女の子が元気だった」時代から、いま改めて学ぶこと。
「自分のものは自分で買う」も、素敵だけれど。
あの子も、この子も、そして、わたしも。
結局、男の子と女の子どっちが得をしているのか?こんな疑問に、インドのウェブメディア「WittyFeed」がユーモアたっぷりのイラストを添えて、答えを導き出...
どちらの顔も、自分の顔。
人間は、歳を重ねるごとに熟されていくもの。なので、たとえ今あなたが「女の子」だったとしても、いつか美しい「女性」へと開花していきます。なのでたとえ「Jus...
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
髪のカールに黒い肌。黒人であるからこその持って生まれた個性や文化がある。それなのに、勝手な“美の基準”により、まだまだ差別視されているのも確かなこと。そこ...
絵本の中の女の子たちは、昔から王子様が迎えに来てくれるのを待つプリンセスばかり。「女の子が自分の手で夢を掴む絵本を作りたい」という思いから作られたのが「G...
バックパッカーの女の子たちから聞く話ほど、刺激的で面白いものはありません。さまざまな経験をしてきた彼女たちは、他の女の子とは違った魅力を持っています。「I...
たしなめちゃったら、こっちのもの!
「Olori」は販売だけではなく、経済的理由で学校に通えない、アフリカの女の子たちを援助することも目的にしている。ハンドバッグが1つ売れるたびに、その収入...
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...