この世の女の子、全員「ブスかわ」です。



「あ、いま流行りの “ブスかわ”!」

 

って指をさされて叫ばれたことがあります。見ず知らずの男性(アルコール入り)に。東京・下北沢、チェーンのドーナツ屋さんの前で友人を待っているときでした。“ブスかわ” が本当に流行っていたのかは定かではありませんが、まぁもう7年ほど前のことです。

ブス:かわ
  何 対 何?


開き直るわけじゃないですけど、極端な話、この世の女の子全員「ブスかわ」だと思います。この比率に大きく個人差があるだけで。

ブス 1割:かわいい 9割。それも「ブスかわ」です。

わ、わたしも、たとえ「かわ」配分が微量だとしても、ゼロではないはず。多量の「ブス」配分が顔を占拠していたとしても。それだけを希望に、あの日から、努力 “っぽいもの” をするようになりました。「かわ」配分の増量に向けて。いや、保持に向けて。我ながら健気です。

そんなわたしへのエールを、とある書籍のなかで見つけました。

 


努力しているブスを笑うブスほどブスなものはない

 

『ブスのたしなみ』著:カレー沢薫(太田出版)より

 

女の子って得てして可愛い生き物です。顔の造形の話じゃなくて、前髪を気にしたり、頻繁にお化粧直しをしたり、「かわ」配分の保持および増量へのたゆまぬ姿勢の話です。

それをやっている限り、「十割ブス」(お蕎麦みたいに言っちゃってすみません)にはならないはず。それを馬鹿にしたりするのなら、もう言っちゃいますね、「純度120%ブス」です。

本当のブスは何なんだっていうことを考えたとき、個人的な憧れの顔とかはあるけれども、まずは誰かの「可愛くなりたい」っていう思いや、それを叶えようとする姿勢を、絶対的に尊重しようと思うようになりました。

『ブスのたしなみ』を
紹介したかっただけなのですが、


ついつい熱くなってしまい、失礼いたしました。

「かわ」配分、ちょっとずつ増やしていきましょう。「かわ“じゃないほう”」も、マイペースに受け入れて。ブスは、もはや「たしなんじゃうこともできる」ものらしいですから。

 

『ブスのたしなみ』著:カレー沢薫(太田出版)

BUSU IS COMMIN' BACK!!!!! ブスな人も、ブスでない人も、いろんな意味で震撼させ、空前のブスブームを巻き起こした「ブス図鑑」が帰ってきた!漫画家・コラムニストにして「ブスに厳しいブス」カレー沢薫による渾身の最新もぎたてブスをお届け。

愚痴ばっかり言っていると暗い顔になる、間食ばかりしているとデブになる、愛されることを諦めたらブスになる。そんなこと言ったって、気持ちは晴れない時があるし、...
「3人に1人が学校でいじめを受けたことがある。あなたはこの事実、知っていましたか?」ここで紹介するのは、そんな問いかけではじまる、いじめ防止の啓発動画。目...
自分の思考が固いのか柔らかいのか。それは自分ではわからない。誰もが「自分の思考」を中心に生きているからだ。でも、これだけは言える。性別や年齢と関係なく、ど...
偉大な功績を後世に残した著名人は歴史上何人も存在します。彼らが残した名言は確かに私たちの心を打ちますが、うっかり口にしてしまった侮蔑の「失言」。これが名言...
みんなの笑顔をみたいから・・・。僕は髪を切り続ける。Mark Bustosさん(@markbustos)が投稿した写真 - 8月 8, 2014 at ...
だから、彼女たちは「可愛い」のか。
TABI LABOのライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。
1000年以上も前から続く伝統的なタトゥーを引き継ぐのは、カリンガ州にあるブスカラン村に住むWhang Odさん。100歳になる世界最年長の彫り師であり、...
いろんな国の、ミレニアル世代の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載「若者たち」。今回はそのスピンオフ企画「世界の女の子たち」第5弾です。
「女の子が元気だった」時代から、いま改めて学ぶこと。
人間は、歳を重ねるごとに熟されていくもの。なので、たとえ今あなたが「女の子」だったとしても、いつか美しい「女性」へと開花していきます。なのでたとえ「Jus...
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
いろんな国の、ミレニアル世代の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載「若者たち」。今回はそのスピンオフ企画「世界の女の子たち」第6弾です。
「女の子が元気だった」時代から、いま改めて学ぶこと。
どちらの顔も、自分の顔。
「自分のものは自分で買う」も、素敵だけれど。
絵本の中の女の子たちは、昔から王子様が迎えに来てくれるのを待つプリンセスばかり。「女の子が自分の手で夢を掴む絵本を作りたい」という思いから作られたのが「G...