「女性のヒーローだけ」を集めた絵本。女の子だって主役になりたい!

絵本の中の女の子たちは、昔から王子様が迎えに来てくれるのを待つプリンセスばかり。

「女の子が自分の手で夢を掴む絵本を作りたい」

そんな思いから作られた「Good Night Stories for Rebel Girls」は、各国で成功した女性たちのサクセスストーリーを集めた絵本です。このプロジェクトは昨年、「Kickstarter」で大きな成功を収めました。

そして今回その第二弾「Good Night Stories for Rebel Girls2」のために、再びプロジェクトが動き出しています。

夢は待つんじゃなくて
「自分で掴む」もの

「Good Night Stories for Rebel Girls」は、実在する女性のサクセスストーリー100人分描いた絵本。第一弾は現在、世界30ヵ国で翻訳され50万部の売上げを記録しています。 

おとぎ話では、女の子はヒーローを待つプリンセスとして描かれることが多いですが、現実世界では「女性のヒーロー」がたくさん存在します。

自らの手で夢を掴んだ女性たちの話に耳を傾け、女の子たちが自分の目標となる誰かを見つけられるようにという願いを込めて、この絵本のプロジェクトが立ち上がりました。

オードリーにビヨンセに…
現代のスーパーウーマン

Good Night Stories for Rebel Girls2」は、ハリー・ポッターシリーズの作者J・K・ローリングや女優のオードリー・ヘップバーン、シンガーソングライターのビヨンセなど、新たな100人の女性が辿った道を紹介しています。

70人のイラストレーターによる個性的なアートワークと、世界各国のかっこいい女性たちの物語に、女の子たちはきっと夢中になるでしょう。

また、本の中の女性たちがどの国で生まれたのかを地図で確認することもできます。

物理や化学などの分野で活躍する女性に心を惹かれた女の子のために、知識を深められる用語集も。その分野の面白さや、自分が気に入ったヒーローの素晴らしさがより一層分かるかもしれません。

更に今回は本だけではなく、ポッドキャストでの番組制作も進めていきたいとのこと。

夜寝る前に絵本を読み聞かせるように、音声でも素敵なストーリーを楽しめるようになります。クラウドファンディングで、こちらの資金も一緒に募集しています。

本の値段は1冊35ドル(約3,900円)で、ポッドキャストの音声も一緒についてきます。

女性の社会進出が進む世界で、お姫様よりヒーローになりたい女の子はきっとたくさんいるはず。「Good Night Stories for Rebel Girls2」は、そんな子どもたちの未来を輝かせる素敵な一冊になることでしょう。

Licensed material used with permission by Timbuktu Labs