福岡女性の「あの噂」は本当だった。いや、それ以上にすばらしかった。

 

つい一週間前。福岡県・博多駅のスターバックスで、わたしは「オードリー・ヘップバーンの言葉」を紹介する記事を書いていました。

その中に、ひっかかるオードリーの言葉があったんです。

 

その言葉とは……

 

 

セックス・アピールというのは、

心の深いところで感じるもの。

見せるよりは、

感じさせるものなのです。

 

 

いわく、「セックス・アピールに必要なのはベッド・ルームじゃなくて、服を着ていても、それを感じさせることはできる」と。

あの記事では、オードリーの言葉を紹介するとともに、自分でキャプションも加えていました。けれどこの言葉の部分だけ、公開日の前日になっても空いたまま。腑に落ちる表現を、探っていたんですね。

答えが出ずに、悶々としたまま夜を迎えます。すると……

 

その言葉を体現する女性たちに
出会ってしまいました。

 

(先に言っておくと、「セックス・アピール」とはすこし違うんですけれども)

ひょんなことから、福岡の女性たちとお酒を飲みに行く機会に恵まれました。しかも、東京で聞いていた噂どおり、本当に本当に、みんな綺麗で美人な人ばかり!(これは本当にびっくりしたので、もうちょっとしっかり研究したい)

ずーっと見とれながら楽しく飲んでいたんですが、ふと気づくわけです。

 

福岡の女性、
飲み会ですごい働くな……!

 

メニューを持って常にみんなのグラスの酒残量を確認、だれかが追加オーダーをするとなったら店員さんのところまでサッと移動、お鍋がきたらテキパキと火加減調節、時間の深さと飲み会のテンションに合わせたお料理のチョイス、次のお店の予約……。

でも会話はしっかり盛り上げる!し、お酒も強い!(し、ちゃんと下世話っぽい話題にも対応可)

すごいのが、わたしは注目していたから気づいただけであって、これらをぜんぶ「さりげなく」やるんです。「それで、どうしたと?」ってだれかの真剣な話しにも、ちゃんと相槌を打ちながら。(にしても博多弁かわいい!)

 

これって、
オードリーが言っていたやつ!?

 

その気配りは、お店を出たあとまで。タクシーを拾うのも、運転手さんに行き先を伝えるのも、角を曲がるまで全力で手をふるのも(!)しっかりやってくれた博多の女性たち。全員がちゃんとそれぞれの方向のタクシーに乗るまで、極寒のなか、穏やかな笑顔で見送ってくれたんです。

わたしは、昼間に自分が書いていたオードリーの記事のことを思い出していました。「あの言葉は、このことだったんだ」と!

そう、本当にセクシーに見えるんですよね。いやらしい意味ではなくて。さりげなくだれかをおもてなしするって、とても色気のある行為なんだなと学びました。しかも(何度も言いますが)みなさん本当に綺麗で美人。

 

ホテルに戻り
急いで記事を完成させました。

 

この感覚冷めやらぬうちに!と、ホテルに戻って記事の空いていたところに文章を書き加えたわけです。思いがけず福岡の女性たちによって、オードリーの言葉をあらためて学んだ、すてきな夜でした。

あれは…… 好きになっちゃうよ!!!!

 

そうそう、飲み会で「彼氏いるんですか?」って片っ端から聞いてみたんですが(一応、自分女なんですけれども)、揃いも揃って「いない」とのこと。驚いていると、ひとりの福岡女性からこんな答えが。

「福岡は、男が少ないっちゃんね」

 

……!!!

やっぱり近日中に、福岡の男女事情、ちゃんと研究しないと!

福岡ガールのみなさん、本当にありがとうございました!

 

 

(福岡でバタバタと完成させた「オードリー・ヘップバーンの言葉」の記事はこちら

新しいもの、おいしいものが好きな博多の人たちには、嬉しいニュースかもしれません。Bean to Barの火付け役のひとつとも言える「ダンデライオン・チョコ...
福岡のソウルフード「おきゅうと」は、エゴノリという海藻を煮固めたもので、小判形にした食材。それをクルクルと巻いて、細切りにして食べます。薬味や味付けはそれ...
福岡の食は「安くてうまい」=「夜がとても楽しい」と、よく言われます。じゃあその醍醐味を100%味わうには? ということで、5,000円で楽しめる「はしご酒...
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
どんなに外が暑くたって、夏といったらBBQだし、ピクニック気分。つまりは「外メシ」がおいしいシーズン。あぁ、早く梅雨が明けないかな。
博多独特の手締「博多手一本」のリズムで展開していくチルな動画は、アメリカ人YouTuber・Benの視点で導かれていく。まぁ、まずは見てみて。
女性の輝きとは、内からにじみ出るもの。だから「わたしなんて...」と自分にダメ出しばかりしていると、すぐにその気持ちが表に出てきてしまいます。いつの時代も...
福岡の都心部に存在するオアシス、大濠公園からほど近く。大手門に2017年6月にオープンしたゲストハウス「STAND BY ME」の入り口には、「生ビール ...
オードリー・ヘップバーンは、生涯を通してたくさんの人々に愛情を注ぎ、また多くの人々から愛されました。大女優でありながら献身的な心を忘れなかった彼女の行動は...
慈悲深きマリアを象ったフラワーポット。
福岡の中心部・天神エリアから地下鉄で約8分の中央区六本松にある「SEN&CO.HOSTEL」。住宅街にひっそりと建つここは、1階はカフェ兼フリースペース、...
大きなスクリーンで映画鑑賞しながら、テーブル付きの座席まで運ばれてくる本格的な料理を味わい、ビールやワインに酔いしれるーー。そんな映画館が2016年4月2...
福岡県宗像市の観光ではずせないのが海鮮。なかでも、全国的に有名な佐賀の「呼子のイカ」と同じ玄界灘の漁場でとれたイカは、高い鮮度のまま水揚げされるので絶品で...
「永遠の妖精」と言われ世界中で愛されたオードリー・ヘップバーンは、世代を超えた美しさで今もなお多くの人々を惹きつけています。しかし、意外にも当時の彼女は大...
がんばって仕事をしている自分に、ご褒美の「お菓子」。オフィスならばよく見る光景です。でもそれで満足できないなら、心ゆくまでお菓子を堪能できる「ホステル」な...
無邪気な「発散力」が大事らしいです。
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
「宗像大社とかけて、“たいちゃ”なんて言われたり……」って言葉から出会った「玄海食堂 温や」の鯛茶漬けが神級のおいしさでした。どんぶりとして食べて、もう半...
演じる作品はどれも名作となり、輝かしい経歴を手にしたオードリー・ヘップバーン。しかし彼女がバレリーナという夢を挫折し、生活のために女優へと転身したことはあ...
紅葉もいいけれど、それ以外の「秋」の自然の楽しみ方として「のこのしまアイランドパーク」のコスモス畑を紹介する。ビビッドなコスモスと海のブルーが見事なコント...
きっかけは、オードリー・ヘプバーンに影響されたことから。彼女は、おばあちゃんのアクセサリーや古着などを使い、人気女優をはじめ歴史上の人物や作品に登場するキ...
絵本の中の女の子たちは、昔から王子様が迎えに来てくれるのを待つプリンセスばかり。「女の子が自分の手で夢を掴む絵本を作りたい」という思いから作られたのが「G...
福岡県・宗像で、海を見ながら刺身を食べる体験が最高でした。「鐘の岬活魚センター」では、いけすで元気に泳ぐ魚をその場で捌いてもらえます。見事な手さばきに感動...