このムービーが、間違いなく2017年最高の「福岡ガイド」

これまでたくさんのPR動画を見てきたけど、こんなにも“今すぐ行きたくなる”動画は見たことがない。

なんでだろう。舞台は遠い九州・福岡なはずなのに、まるで東京で行き慣れた街のような親しみやすさがある。次の休みに、行きつけカフェのお姉さんに会いに行きたくなるような。

しかもそのお姉さんに「この辺でいい感じのレストラン知らない?」と聞くと、最高にぴったりなレコメンドをしてくれる。そんなガイドが、この動画だ。

みんながリアルに
遊んでるのはドコ?

博多独特の手締「博多手一本」のリズムで展開していくチルな動画は、アメリカ人YouTuber・Benの視点で導かれていく。まぁ、まずは見てみて。

冒頭に登場する「manu coffee(@manucoffee)」は、2003年から10年以上ずっと福岡のコーヒーシーンを牽引しているローカルカフェ。カフェ好きなら、世界第2位のバリスタがいる「rec coffee(@rec_coffee)」や早朝からやってる立ち飲みカフェ「TAG STA(@tagsta01)」だって見逃せない。

Edce5839a6fa59bf0584db4ef58b3e21b0ab56b6B57fca73d0ef69fb3cc883b5979f0d735f285f07C7742affbbead36caa292452ad8bf6e335970472

大名カルチャーの兄貴、BINGO BONGOの宮野さん(@shujiro_miyano)が教えてくれたメガネやさん(@potetomegane)はめちゃくちゃオシャレだし・・・

C3a881a1f688235bf7fe8390b4dc22c8f77607939979b854d2777882bf2b6b56f727cf0efdeaa7c3

このカワイイお姉さん誰!?と思ったら、Instagramのフォロワーが7万人もいる、天神女子のファッションアイコンだった!真奈美さん(@manami717)のInstagramをチェックしておけば、博多のオシャレスポットは間違いなく抑えられそう。

B7663fcbdad66f3fc36fdb3da220b5b2dc587372

Benも10年以上通うというラーメンやさん(@hakata_ten)にも行ってみたいし・・・

807d6f5428cc78089c68d3c32e2c8c531fe1e924

福岡は海鮮だって美味しいことを忘れずに。

02ff9271ab436d716a0708e63f9a7b3018d5d4a4

レビューサイトでは見つからない
ディープな福岡も教えちゃう

9b0b8e02a4bd68d330c9f077b286d7414870b2225f017307d27fdfaacc610baf24bdb8e9b8c9157c

夜になれば、どこに行こうか迷ってしまうほどに美味しいものや楽しい酒場が溢れる博多!炉端スタイルのお店(@robata_hyakushiki)や、福岡のおいしい地酒にクラフトワイン(!)まで飲めるスタンド酒場(@todoroki_yakuin)は、Benもお気に入りのスポットなんだって。

47294ef251db762db1bf2f8146639a3e740855bb

「どこで飲んでいても、〆は必ずここに行く」というつどい(#tsudoi)は、有名なミュージシャンやアーティストも集うというかなりディープな麺屋さん。これは教えてもらわないと辿り着けない。レビューサイトでは見落としちゃう場所だ。

ここに来たら、「汁なしのアレ(580円)」をぜひ注文してみてほしいとのこと。

106dd9a51eb54aeec97b823449bfbf69bbd9801002a0dc5c866bdc6b700a35ce2713acfdac82d789

ありそうでなかった交流型ホステル・the LIFE(@the_life_hostel.bar.lounge)も、友達をつくるにはぴったりだ。「HAKATag CLAPSで見た◯◯に行きたいんだけど…」と声を掛ければ、「ようそげんとこまでしっとうね!?」なんて言って、あんなことやこんなことまで教えてくれるかも。それくらい福岡の人たちはみんな、フレンドリーでチャーミングだ。

6c3395eb73350cd81bdec04aa96000b430768f94

そうそう。ビールも焼酎も飲める本屋さんとして期間限定でOPENしていたRethink Books(@rethink_books)は、惜しまれつつも本日5月31日をもって1年間の活動に幕を下ろす。毎晩のようにいろんな趣向を凝らしたイベントが開催されていて、いろんなつながりが生まれた場所だ。ご縁あってTABI LABOの代表も何度となくイベントに登壇させてもらった。

その度に聞かされる福岡の土産バナシが、いつも「美味しいごはん」と「最高の友達がまた増えた」という話題で、羨ましいなぁと何度思ったことか!

街の本当の魅力は
やっぱり人が創っている

B241be84d8c80b7c90900ac5595dbffed86a77bf

本当に魅力的な場所や瞬間は、そこにいる人たちが醸す空気感で創られていると思う。福岡の魅力はきっと、このひと懐っこくチャーミングな人びとが創っているに違いない。2度福岡に行ったことがあるけど、そう確信できる。この感覚はガイドブックには書くことができないし、行ってみないと絶対に体験できないことだ。

勘の良い人は気づいたと思うけど、この動画にはたくさんの「タグ」が登場する。福岡でいま一番ホットなお店や人がタグ付けされているのだ。日々更新される彼らのInstagramは、間違いなくリアルで最新の「福岡ガイド」だ。全ての「タグ」はYouTubeからチェックできるようになっている。このニクい発想も、すごくイケてる!

ね、なんか福岡に、行きたくなってこない?

Licensed material used with permission by Team HAKATag CLAPS
新しいもの、おいしいものが好きな博多の人たちには、嬉しいニュースかもしれません。Bean to Barの火付け役のひとつとも言える「ダンデライオン・チョコ...
福岡のソウルフード「おきゅうと」は、エゴノリという海藻を煮固めたもので、小判形にした食材。それをクルクルと巻いて、細切りにして食べます。薬味や味付けはそれ...
「何にもない」。地方出身者なら、地元のことを一度はこんな風に思ったことがあるんじゃないでしょうか。かくいう私もその一人。だから、福岡県宗像市の大島にある「...
福岡の食は「安くてうまい」=「夜がとても楽しい」と、よく言われます。じゃあその醍醐味を100%味わうには? ということで、5,000円で楽しめる「はしご酒...
ナイトサファリやシンガポール動物園を運営するWildlife Reserves Singapore(WRS)が、「動物園で象に演技させるのはやめる」と発表...
色合いやレイアウトは美味しいミルクシェイクが楽しめそうなレストラン。映画で観たことがあるような“アメリカ”!
福岡県宗像市の観光ではずせないのが海鮮。なかでも、全国的に有名な佐賀の「呼子のイカ」と同じ玄界灘の漁場でとれたイカは、高い鮮度のまま水揚げされるので絶品で...
福岡県宗像市は、神様や伝説とゆかりがあるまち。ゆえに、俗に言う“パワースポット”のような場所がいっぱいあるんです。2017年7月に『「神宿る島」宗像・沖ノ...
気づけば鼻歌を歌っているときって、たぶん、かなりの確率で、いいことがあったときかリラックスしているときなんだと思います。今回紹介するのは「そんな状態」がコ...
トロントの企業「AHLOT」は、マリファナをたくさん吸ってきた経験のある人を募集中です。
福岡の都心部に存在するオアシス、大濠公園からほど近く。大手門に2017年6月にオープンしたゲストハウス「STAND BY ME」の入り口には、「生ビール ...
がんばって仕事をしている自分に、ご褒美の「お菓子」。オフィスならばよく見る光景です。でもそれで満足できないなら、心ゆくまでお菓子を堪能できる「ホステル」な...
福岡の中心部・天神エリアから地下鉄で約8分の中央区六本松にある「SEN&CO.HOSTEL」。住宅街にひっそりと建つここは、1階はカフェ兼フリースペース、...
「宗像大社とかけて、“たいちゃ”なんて言われたり……」って言葉から出会った「玄海食堂 温や」の鯛茶漬けが神級のおいしさでした。どんぶりとして食べて、もう半...
コーヒー、紅茶、緑茶を“ショットグラス”で楽しむ。 世界初のオーガニックカフェインチャージバーcaffeineholic〒103-0002 東京都中央区日...
福岡県宗像市でビーチ乗馬体験ができる「カナディアンキャンプ乗馬クラブ」。特別必要な持ち物はなし。動きやすい格好で、ということだったのでスカートをさけて現場...
醤油のラベルにでかでかと書かれた「パン」の文字。なんだこれは! 意外や意外、手がけるのは宗像神湊にある「ナカマル醤油醸造元」。創業は1850年(嘉永三年・...
パッケージで微笑む女の子がかわいい福岡の「お子さまめんたいこ」。出汁が効いた唐辛子抜きの明太子で、お子さまと言わず辛いものが苦手な人にもぴったり。おにぎり...
福岡県・宗像で、海を見ながら刺身を食べる体験が最高でした。「鐘の岬活魚センター」では、いけすで元気に泳ぐ魚をその場で捌いてもらえます。見事な手さばきに感動...
オーストラリアのビーチスポット、バイロンベイで暮らすジャックとマリーのアウトドアやカフェ、自然が中心のライフスタイルをイメージしたブランド「JACK & ...
海鮮のまち、福岡県・宗像市で「夜ご飯はちょっと違ったものも食べてみたい」という人に自信をもってオススメしたいのが、フレンチの技法で宗像の食材を活かす名店「...
福岡県・宗像市にある上陸できない世界遺産「沖ノ島」を最も実感できるものに出会いました。その名も「沖ノ島朱(おきのしまあか)」。沖ノ島朱は、偶然と偶然が重な...
東京駅から約80kmのところにある、栃木県小山市。「小山(おやま)ってどこにあるの?」という人のために、渡良瀬遊水地や城山公園などの定番スポットから、ナマ...