福岡の宗像に住みたい! とすら思った「ビーチ乗馬」体験

いつかやってみたいことリストのひとつに「ビーチ乗馬」を追加したのは、大学2年生の頃。友達とどこかで遊ぼうと思い調べていた時に、千葉の館山でビーチ乗馬ができることを知りました。けど、2万円近い体験料に手が届かず、泣く泣くあきらめ、なんとなく数年が経っていました。

だから、今回、宗像市で「ビーチ乗馬」ができると知ったとき、やるしかない!と本能的に思いました

……ということで、
ビーチ乗馬へ行ってきます!

6570809061539840

宗像市でビーチ乗馬体験ができるのは「カナディアンキャンプ乗馬クラブ」
特別必要な持ち物はなし。動きやすい格好で、ということだったのでスカートをさけて現場入りしました。

2階が受付になっていて、そこで10分くらい流れを聞いたところで、
「では、行きましょうか」って。「え、もうですか!?」って。

4755370006282240

で、ヘルメットを着用して外の練習場へ。

今回教えてくれたのは中山さん。
お世話になった馬はフィリーさん。
(元はジャンプなどの競技で活躍した馬、趣味は道草)
人の言葉もなんとなく理解している、ベテランのおじいちゃんだそうです。

見ていただけるとわかるように、馬の背中は、私の目線(157cmちょい)より高いです。ちなみに私はちょっとだけ高所恐怖症です。

5890333367861248

まずは様子見。
中山さんの動作を観察しながら、「右足で2回トントンと蹴ったら進む」とか「止まりたいときは手綱を手前に引く」とか、そういった類の基礎的な動作を教えてもらいます。

レクチャータイムもつかの間、「では乗ってみましょうか」と。
「え、もう!?」でしたが、ここで重要なことを学びます。

ビクビクしてはいけないんだそうです。
これは、フィリーさんがベテランがゆえ、というのもあるらしいのですが、素人感を感じとられてしまうと、馬が言うことを聞かないんだとか。

これ、乗った瞬間から見極めが始まるそうです(笑)。

45461191996211205277589979529216

とりあえず、身動き取れる状態ではなかったんですが、場内をぐるぐる。
習った基本動作を混ぜながら、ちょっとずつ独り立ち。

5788000403324928

ここから先は、もう。

乗馬を楽しむのみ!

相変わらずこわばってはいますが……。
いざ公道に出ます!

474277152502579260500272312483846476185965953024

ベテランのフィリーさんは、車の音も横断歩道もなんのその!
もちろん車や道ゆく人とすれ違うのですが、この辺りの方々は、なんだか馬が公道を歩く光景に慣れているようでした。
「こんにちは〜!」って、手を振ってくれたりして。

もちろん、私は手を振り返す余裕などなく、会釈で精一杯(笑)。

54568096702136325825171466223616

ひたすら海岸を目指します。

そして……

海!!玄界灘!!

6348177418485760

もう、最高に気持ちいいです!
玄海灘を眺めながら、のんびり海岸を散歩していたんですが、

「せっかくなので、走ってみましょうか?」と中山さん。

「え……。怖いですよね!?」

「駆け足なら大丈夫かもしれませんよ」ということで、せっかくなので頷きました。

5857416738504704

結果、パカッパカッパカッ。
「ムリムリー!」と、わずか3歩半で止まってもらいました(笑)。

思っていた以上に、縦に揺れます。
ある程度運動神経が良くないと、多分落ちます(笑)。

ということで、海岸乗馬を十分満喫しきったので、
ゆっくり帰路につくことにしました。

馬と宗像

4654958234304512

帰りには、ちょっと余裕が。
中山さんとおしゃべりをしながら帰りました。

全国でも海岸乗馬を体験できる場所は貴重。
千葉や沖縄や淡路島など、いくつかあるもののトータルでは一桁台ではないかということでした。そしてその土地はなんだかんだ馬と縁が深い場所なんじゃないかなって。

この辺りのおじいちゃんおばあちゃん世代は、昔、自分の家の敷地で馬を飼っていた人が多いんだそう。

「宗像の大島に、蹄の跡がついた『馬蹄岩(ばていいわ)』というのがあるんですが、宗像三女神の長女が「沖ノ島」から馬に乗って舞い降りてきた跡という伝説(馬で海を渡ったなど諸説あり)も引き継がれてきたりしていて」。

そんな伝説があることもあり、宗像は、昔から馬が大切にされてきた場所なんだそうです。

体験を終えて

海岸乗馬(ビーチ乗馬)は、スポーツ保険込みで1万3160円(税込)。想像していた金額より、かなり良心的でした。時間はトータルで90分くらい。小学1年生からOKです。

「乗馬は敷居が高い」ってよく聞くし、私自身そう思っていた節がありました。けど、全然そんなことありませんでした。とりあえず、行ける人はみんな行ったほうがいいよレベルによかったです!

5951380422393856

ちなみにトップのウユニ塩湖っぽい写真は、「ロングトレイル」という別の体験メニューのときに、お隣の福津市で撮られたもの。夕日のタイミングなど、いくつかの条件がそろえば、ビーチ乗馬の時も見られるそうです。

4940802534932480


帰り際、来た時には気づかなかったんですが、振り返ってこんな看板を見つけました。

心かよわせ馬を駈けると見えない世界が見えてくる

私は「駈ける」というところまではできなかったんですが、海岸乗馬後にこのスローガンを見たとき、妙に納得してしまいました。

647507491160064061718083445719045064431960588288
看板犬のマシュマロくん

「カナディアンキャンプ乗馬クラブ」
住所:福岡県宗像市神湊44-1
TEL:0940-62-1912
定休日:火曜日(祝日の場合は翌日が休み)
営業時間:9:00〜18:00(7〜8月はサマータイム営業のため時間が異なります)

■ビーチ乗馬スタート時間
10:30、13:30、15:30
※要予約

Top Photo by カナディアンキャンプ乗馬クラブ
Photo by JAPAN LOCAL
取材協力:宗像市
福岡県宗像市は、神様や伝説とゆかりがあるまち。ゆえに、俗に言う“パワースポット”のような場所がいっぱいあるんです。2017年7月に『「神宿る島」宗像・沖ノ...
福岡県宗像市の観光ではずせないのが海鮮。なかでも、全国的に有名な佐賀の「呼子のイカ」と同じ玄界灘の漁場でとれたイカは、高い鮮度のまま水揚げされるので絶品で...
「宗像大社とかけて、“たいちゃ”なんて言われたり……」って言葉から出会った「玄海食堂 温や」の鯛茶漬けが神級のおいしさでした。どんぶりとして食べて、もう半...
リコッタチーズを単純にはさむのではなく、「スクランブル」にしてタコスの具材にした一品。
富裕層が地区に流れることによる地価の上昇を一般にジェントリフィケーションと呼びます。この現象にベルリンにあるクロイツベルク地区では反対運動が行われています...
福岡県・宗像で、海を見ながら刺身を食べる体験が最高でした。「鐘の岬活魚センター」では、いけすで元気に泳ぐ魚をその場で捌いてもらえます。見事な手さばきに感動...
醤油のラベルにでかでかと書かれた「パン」の文字。なんだこれは! 意外や意外、手がけるのは宗像神湊にある「ナカマル醤油醸造元」。創業は1850年(嘉永三年・...
海鮮のまち、福岡県・宗像市で「夜ご飯はちょっと違ったものも食べてみたい」という人に自信をもってオススメしたいのが、フレンチの技法で宗像の食材を活かす名店「...
福岡県・宗像市にある上陸できない世界遺産「沖ノ島」を最も実感できるものに出会いました。その名も「沖ノ島朱(おきのしまあか)」。沖ノ島朱は、偶然と偶然が重な...
福岡の食は「安くてうまい」=「夜がとても楽しい」と、よく言われます。じゃあその醍醐味を100%味わうには? ということで、5,000円で楽しめる「はしご酒...
愛知県・瀬戸市にきたら、だいたい宿泊先は「瀬戸パークホテル」になる。そもそも街中に泊まれるホテルが少ないのも理由のひとつだが、深川神社の境内のなかにあると...
博多独特の手締「博多手一本」のリズムで展開していくチルな動画は、アメリカ人YouTuber・Benの視点で導かれていく。まぁ、まずは見てみて。
距離はそこまで離れてはいないけれど、なかなか足を運ぶキッカケがない。モンゴルには、どこか“近くて遠い”印象がありませんか?ここで紹介するのは、そんな同国の...
阿蘇の雄大な自然を満喫できるアクティビティを紹介します。パラグライダー、サイクリング、ボルダリング、熱気球、ホーストレッキング、そのほかロープウェーなど。...
福岡のソウルフード「おきゅうと」は、エゴノリという海藻を煮固めたもので、小判形にした食材。それをクルクルと巻いて、細切りにして食べます。薬味や味付けはそれ...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
福岡の都心部に存在するオアシス、大濠公園からほど近く。大手門に2017年6月にオープンしたゲストハウス「STAND BY ME」の入り口には、「生ビール ...
アイスでもなくプリンでもない、あくまで牛乳、な、謎のスイーツが口コミで話題です。「よくわからないけどおいしい!」「GWにお店の前に渋滞ができたらしいよ」と...
福岡の中心部・天神エリアから地下鉄で約8分の中央区六本松にある「SEN&CO.HOSTEL」。住宅街にひっそりと建つここは、1階はカフェ兼フリースペース、...
新しいもの、おいしいものが好きな博多の人たちには、嬉しいニュースかもしれません。Bean to Barの火付け役のひとつとも言える「ダンデライオン・チョコ...
宮崎市から220号線を南下。日南海岸線をドライブしていると見えてくるのが「旧 潮小学校」。2011年に廃校になり、120年の歴史に幕を閉じたそうです。宮崎...
がんばって仕事をしている自分に、ご褒美の「お菓子」。オフィスならばよく見る光景です。でもそれで満足できないなら、心ゆくまでお菓子を堪能できる「ホステル」な...
かつては、新婚旅行の人気エリアだった「宮崎」。1960年代から数十年間に渡り、多くのカップルたちが訪れていました。中でも新婚旅行ブームの人気を支えたのが、...
都市機能もあり、のどかなイメージの「ファームステイ」からは一見縁遠い街のように見える静岡・浜松市は、都市と田舎を行き交う体験ができる街であることを伝えるべ...