魚を食べることの本質を知れた、宗像の「漁港で刺身」体験

福岡で取材中、プライベートSNSに、とある場所からiPhoneでパシャっと撮った写真をあげたところ、複数の友人からLINEで質問や感想が届きました。

「え、めっちゃ羨ましいんだけど、どこ?」
「こんなことできる場所求めてた!」ってな感じ。

それが、今回のお話「漁港で刺身」です。

獲る→捌く→はい、刺身。

ことのはじまりは、福岡県宗像市の鐘崎漁港にある「鐘の岬活魚センター」。センター内のいけすの中では捕られたばかりの魚が、元気に泳いでいます。

※元気に泳ぐ獲れたてのとらふく

眺めているうちに
せっかくだから食べたいな、と思い立ち、「やず」をセレクト。
「やず」は、最終的には「ブリ」になる出世魚。
地域によって色々あるみたいですが、馴染みのあるところでいうと
順番的には「やず」→「ハマチ」→「ブリ」という感じです。


刺身でとお願いしたら……


こうなって、


こうなって、


こうなりました。


もう、本当に一瞬!
見事すぎる手捌きを追うのも束の間のこと。
あっという間に、やずが刺身になりました。



で、どこで食べる?って話。
(※鐘の岬活魚センターはあくまで販売店です)

 

鐘の岬活魚センターを出ると、すぐそこは海。
「せっかくなら食べて行きましょうか!」ってことで、
こうなったわけです。

ちょっとベンチを借りてきて、取材でお邪魔した5人で刺身を囲みました。

「いただきます」

このボリューム感、結構じゃありません!?
この時の「やず」は、1匹1300円。刺身料金 プラス300円(※料金は魚のサイズにより変動)で、刺身状に捌いてもらえ、わさびと醤油、お箸が付いてきます。

食べ始めてからは5人が5人とも「旨い」「最高」のオンパレード。そんな言葉しか出てこないくらいには「漁港で刺身」の魅力にどハマりしていました。

夢中で食べて、船着場から玄界灘を眺めて、
満足感で満たされたところで片付けをして撤収しました。


帰り際、鐘の岬活魚センターに戻り、
「おいしかったです」と伝えたところ

「生きものやけんね〜」

の、ひと言。

とても感慨深いものがありました。
正直いうと、魚を捌くところで目を背けたくなる場面が何度かありました。でも、普段から海の恵みを享受していること、そして、私自身、刺身が大好きであることに変わりはありません。


単純に海で刺身を食べられる(環境がある)ことは、とても貴重だと思いました。と同時に、鐘の岬活魚センターからの一連の流れがあっての「漁港で刺身」こそ、魚を食べることの本質に触れた“最高の体験”であることを噛み締めました。

ごちそうさまでした。

「鐘の岬活魚センター」
住所:福岡県宗像市鐘崎778-6
TEL:0940-62-1570
営業:8:00〜16:00
定休日:水曜日

▪️活魚は鐘崎漁港で水揚げされたものが日替わり。
三枚おろし 無料、刺身はプラス300円〜(魚のサイズによる)

Photo by JAPAN LOCAL
取材協力:宗像市
福岡県宗像市の観光ではずせないのが海鮮。なかでも、全国的に有名な佐賀の「呼子のイカ」と同じ玄界灘の漁場でとれたイカは、高い鮮度のまま水揚げされるので絶品で...
福岡県宗像市は、神様や伝説とゆかりがあるまち。ゆえに、俗に言う“パワースポット”のような場所がいっぱいあるんです。2017年7月に『「神宿る島」宗像・沖ノ...
福岡県宗像市でビーチ乗馬体験ができる「カナディアンキャンプ乗馬クラブ」。特別必要な持ち物はなし。動きやすい格好で、ということだったのでスカートをさけて現場...
「宗像大社とかけて、“たいちゃ”なんて言われたり……」って言葉から出会った「玄海食堂 温や」の鯛茶漬けが神級のおいしさでした。どんぶりとして食べて、もう半...
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
パリ発の総合美容薬局「L'OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)」のハンド&フットクリーム「Pomm...
「何にもない」。地方出身者なら、地元のことを一度はこんな風に思ったことがあるんじゃないでしょうか。かくいう私もその一人。だから、福岡県宗像市の大島にある「...
海鮮のまち、福岡県・宗像市で「夜ご飯はちょっと違ったものも食べてみたい」という人に自信をもってオススメしたいのが、フレンチの技法で宗像の食材を活かす名店「...
気づけば鼻歌を歌っているときって、たぶん、かなりの確率で、いいことがあったときかリラックスしているときなんだと思います。今回紹介するのは「そんな状態」がコ...
醤油のラベルにでかでかと書かれた「パン」の文字。なんだこれは! 意外や意外、手がけるのは宗像神湊にある「ナカマル醤油醸造元」。創業は1850年(嘉永三年・...
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
静岡・浜松市のグルメといえば、うなぎか餃子。どちらもメジャーですが、もうちょっとディープに楽しむなら「うなぎの刺身」なんていかが? 蒲焼きでも白焼きでもな...
福岡県・宗像市にある上陸できない世界遺産「沖ノ島」を最も実感できるものに出会いました。その名も「沖ノ島朱(おきのしまあか)」。沖ノ島朱は、偶然と偶然が重な...
一本釣りカツオ日本一の街でもある宮崎県日南市には、“おいしい魚” を食べさせるお店がたくさんあります。居酒屋もあれば、コース料理で楽しませてくれるところも...
茨城県つくば市にある「小菊」は、つくば駅から15分ほど歩いたところにあり、地元民から出張のお父さん方まで幅広く人気の刺身居酒屋。この街は海に面していないけ...
「Apollo Peak」のCat Wine(キャットワイン)は、アルコールフリーの猫用ワイン!一人でお酒を嗜むのもいいけれど、愛猫と一緒ならもっと充実し...
愛媛県にある、西日本でも有数の港町「八幡浜」。地元の人も通う、おいしくてコスパのいいお店に繰り出してみました。一軒めは、笑っちゃうほど絶品なお刺身が食べら...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
四国・愛媛県の西端。佐田岬の付け根にある「八幡浜市(やわたはまし)」は、なんと言ってもみかんと魚の街。道の駅「みなっと」にある、どーや市場という魚市場や、...
調味料をちょい足ししたり、ほんの少しのひと手間で、驚くほどおいしく味わえるこんな方法を知っておくと、何かと役に立つはずです。
トロール漁業は、沖合で行なう「底曳網漁業」のことで、2隻で1つの網を曳いて水深100〜200mの魚を獲る、八幡浜の伝統的な漁のスタイル。新鮮な魚介やトロー...
四国の西端、愛媛県にある八幡浜市(やわたはまし)。立地と気候に恵まれるこの街は、愛媛県のなかでも有数の「みかん」の生産量。山には段々畑が広がっていますが、...
大分県では昔から、お刺身などを食べたときに残った “切り身の端っこ”をタレに漬け込んで保存する食文化がありました。ちょっと不思議な名前の料理「りゅうきゅう...