浜松で出会った新名物。浜名湖産「うなぎの刺身」がうますぎた

静岡県浜松市のグルメといえば、「うなぎ」か「餃子」。どちらもメジャーな存在ですが、もうちょっとディープに楽しむなら、「うなぎの刺身」なんていかがでしょう?

蒲焼きでも白焼きでもない、浜名湖産の新名物として注目を集めていますが、これまで表舞台に立つことがなかったのには、じつはワケがあったのです。

さっそくいただきます
「うなぎの刺身」

4814934592454656
©2018 TABI LABO

薄造りにされ、見た目はフグやヒラメに近い。けれど、ひとくち噛むと「ジュワッ」と甘い脂が口のなかに広がる。その味を例えると……う~ん、すみません。どの魚にも似ていない。だけど脂の奥にうなぎ本来の旨味がにじみ出てきておいしい!

食感だって独特です。うなぎといえばふわっとした柔らかい身を思い浮かべるかと思いますが、この「うなぎの刺身」ではしっかりした歯ごたえを楽しめます。

じつはこれが薄造りになっている理由。普通の刺身のように厚く切ると、とてもじゃないけど噛みきれない。この薄さが、絶妙な舌触りと歯ごたえを生み出すのだそうです。

「お取り寄せ」もできる
浜松の新しい食文化に

6033636394532864
©2018 TABI LABO

では、どうしてこんなに美味しいものが市場に出まわらなかったのか。それは、うなぎの血に毒があるから。 “うなぎは生で食べるものではない”。これが浜松の常識だったんです。

だけど、そんな「常識」に異を唱えたのが、魚魚一(とといち)の代表、仲村健太郎さん。

「よく調べてみると、うなぎの血に毒があるといっても、その毒性はアサリより低い。もちろん、だから良いというわけでないですが、それなら血を確実に取り除くなど調理方法をしっかりと確立すれば、料理として提供できるんじゃないかと思ったのです」

はじめはスタッフの反対もあったそうですが、それを押し切って調理方法を開発。1年をかけて商品化にこぎつけたそうです。それが4年ほど前のこと。 はじめは怖がっていた常連さんも一度食べ始めると「美味しい!」。さらに有名ブログでの紹介や、「ふじのくに新商品セレクション2015」での金賞など、発売1年ほどしたあとに、一気に人気に火がついたのです。

いまでは、真空パックで密閉したうなぎの刺身のお取り寄せも、贈答用や自宅用として全国から注文が殺到しているそうです。

うなぎ屋じゃないからこそ
「常識」を壊せた

4819777436516352
©2018 TABI LABO

「『うなぎの刺身』は浜松の新しい名物、そして新たな食文化として広まるものを……という考えで開発しました。だから『やってみたい』というお店があったら、隠すことなくつくり方を教えています」

だけど、「うなぎの刺身」が誕生して約4年が経ちますが、取り扱う店舗は決して多いとはいえません。じつは「その作り方が大変なんです」と仲村さん。

「まず血を完全に抜くのに1時間はかかります。骨が非常に細かいので抜くのは不可能。そのために骨切りをして、さらに薄造りにするための技術が必要です。そして何より、安心・安全に食べてもらうためのノウハウが重要。この3つが揃わないと、提供が難しいのです」

5989066176724992
©2018 TABI LABO

刺身と焼きでは、同じうなぎ料理でもまったくの別物。勝手があまりにも違いすぎるため、せっかくはじめても、数ヶ月でやめてしまうお店がほとんどだそうです。

一方で魚魚一さんはうなぎ専門ではなく「魚料理専門店」。さらに仲村さん自身が香港の料理店で働いていたことも大きな刺激になったとか。

「そこであらゆる料理の固定観念が覆されました。みんな発想が自由なんですよね(笑)」

食べられるかどうかは運次第
「どうまん蟹」「もちがつお」

5940834499297280
©2018 TABI LABO

浜名湖や遠州灘は国内でも屈指の漁場ですが、浜松はうなぎや餃子のイメージが強すぎて、意外と知られていない名産がたくさんあります。

たとえば「ふぐ」。下関を連想したかもしれませんが、遠州灘から下関に送られているものも少なくありません。また、気候の良さからはじまったというスッポンの養殖も浜松が発祥ですし、その歴史はうなぎよりも古いそうです。

なかでも幻の蟹と呼ばれるワタリ蟹「どうまん蟹」は、浜名湖が日本最北端の漁場。とにかく身のしまりと甘みがすごいので、お酢のタレにはつけないほうがいいくらい。ただし、いつでもお店にあるわけではなく、食べられるかどうかはその日の天候や漁次第。まさに幻です。

6524943072231424
©2018 TABI LABO

そして「うなぎの刺身」と同じくらい驚いたのが、「もちがつお」。

死後硬直がはじまる前の弾力たっぷりの「かつおの刺身」は、鰹の漁場から数時間圏内で戻れる漁港を持つ浜松ならではの食べ方で、その名のとおり、もっちもち。

ヤマハやスズキなど、浜松には世界に名だたるメーカーがいくつもあるので、つい工業産業都市というイメージで見てましたけど、こんなに豊富な食文化を “隠し持って” いたんですね。

4824271046049792
©2018 TABI LABO

「魚魚一(とといち)」

住所:静岡県浜松市中区肴町318-28 ペッシェビル2F
TEL:053-458-6343
営業時間:17:00~23:00(ラストオーダー22:00)
定休日:年中無休
公式HP:http://totoichi.com/
公式SNS:Facebook

Top image: © TABI LABO
取材協力:浜松市
365日フルコース、浜松
沖縄とかハワイでやるものだとばかり思っていた「パラセーリング」が、静岡県浜松市の浜名湖でも体験できるらしいんです。パラシュートに体を固定してボートで引っ張...
湖北五山(こほくござん)。これは、静岡県浜松市の浜名湖から少し山側に入った「奥浜名湖エリア」にある5つの寺院の総称のことで、それぞれが国指定重要文化財を有...
「うなぎの聖地」と言われる浜松には、関東風と関西風のお店がちょうど半分ずつあるそうです。なかでも明治25年(1892年)に浜名湖産うなぎの行商から始まった...
浜松の名店「じねん」の秋元健一さんは、食を通して街の魅力を伝える、いわば大使のような料理人。浜松には、海もあれば湖もあり、川もあれば山もある。日照時間が長...
こんなに知られるとわかってたら、もうちょっと違う名前にしてたと思う(笑)。
ジョッキに麺が入っています。衝撃!
日本で2番目に大きな市、静岡県「浜松市」。南北に長いこの街は、北には自然豊かな山々、南には遠州灘があり、山・海・川・湖に囲まれています。そんな浜松への旅は...
静岡の浜松市が「マリンスポーツの聖地」と言われるのは、海、湖、川の3つがひとつの街に揃っている、日本でも(世界でも?)有数の恵まれた場所だから。そんな浜松...
「浜松の大自然」と聞いても、あまりピンとこない人が多いと思います。でも実は市の面積が全国2位で、海も川も湖もあればさらには山もあり、いろいろなバリエーショ...
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...
2018年の「世界空港ランキング」で2位に選ばれた韓国・仁川国際空港。ここでオススメしたいのが、夕方には売り切れ必至な『1964 百味堂(ペンミダン)』の...
「地元・浜松の人にも知ってもらいたい」。オーナーの山﨑浩さんがそう語るのは、浜松の春野町を中心に獲れる鹿や猪のお肉を使った「ジビエ料理」のこと。わざわざ足...
「KAGIYAビル」は、静岡のJR浜松駅から徒歩10分のところのある注目のスポット。築50年以上で空き室だらけだったこのビルは、2012年10月に "ショ...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
「KAGIYAビル」は、静岡のJR浜松駅から徒歩10分のところのある注目のスポット。築50年以上で空き室だらけだったこのビルは、2012年10月に "ショ...
高級和牛の代表格、三重県の松阪牛(まつさかうし)。ビールを飲ませるという贅沢な育て方でご存知の方も多いはず。ここで紹介している「松阪牛 しぐれ煮」は、甘辛...
都市機能もあり、のどかなイメージの「ファームステイ」からは一見縁遠い街のように見える静岡・浜松市は、都市と田舎を行き交う体験ができる街であることを伝えるべ...
福岡県・宗像で、海を見ながら刺身を食べる体験が最高でした。「鐘の岬活魚センター」では、いけすで元気に泳ぐ魚をその場で捌いてもらえます。見事な手さばきに感動...
浜松駅から徒歩10分ほどにある「肴町(さかなまち)」は、ディープに楽しめる飲食店が軒を連ねる人気のエリア。そこからさらに1本細い路地裏に入って行くと見えて...
ここ最近「スポーツクライミング」の話題が増えましたが、同じくらい気になるのが静岡・浜松市の天竜川流域で楽しめるアウトドア「シャワークライミング」。関東と関...