小さな店でナチュールをリトル。浜松のシェア屋台「肴町Little」がちょうどいい

浜松駅から徒歩10分ほどにある「肴町(さかなまち)」は、ディープに楽しめる飲食店が軒を連ねる人気のエリア。そこからさらに1本細い路地へと入ってみたのが、今回のお話です。

路地裏を照らす小さなネオンの看板。そこには「肴町Little」の文字。

泊まりの浜松出張で軽く飲みたいときや、新幹線に乗るまでの空き時間の調整に最高のお店を発見しました。

小さいお金で小さく始める
「シェア屋台」

4904767054675968
©2018 TABI LABO

開店時間になると、もともとある鉄骨屋根を活かしてリノベーションしたという、ガレージのような空間にテーブルと椅子が並びます。小さな黒板にチョークで書かれた「本日のメニュー」も温かみがあっていい感じ。肴町Littleは、何かをやりたい人が「少ないお金で小さく始める」ためのスペースです。

仕掛けているのは、浜松のKAGIYAビルなども手がける丸八不動産。「シェア屋台」というコンセプトのもと、契約を結ぶと希望のスケジュールに合わせて出店できるそうです。

点心とナチュラルワインを楽しむ
「しょぼくれ夕日飯店」

5277823484821504
©2018 TABI LABO

今年の2月からディナー(不定期で18:00頃開店)で営業しているのは、「しょぼくれ夕日飯店」というお店。初めは「点心とナチュラルワイン?」と思ったんですけど、帰る頃には「合う〜」を連発していました。注文に悩んでいると、キッチンからおもむろに聞こえてきた “カーン” というグラスの音。

「僕らも、いつも乾杯してからオープンしているんです(笑)」

ニヤリと笑うのは、料理担当の岡田さんとワイン担当のカーソンさん。彼らのモットーは「好きだからやる」。遊びの延長のようなゆるっとしたスタイルも、シェア屋台ならではのいいところ。

ただ、点心もワインも、その味は超がつくほど本格的。

全国の酒屋を歩き回って選んだというナチュラルワインは、フランス・イタリア・スペイン産のものが多く、1杯600円から。シュウマイや餃子とワインがこんなにマッチするなんて……。ラムチョップも合う〜。

ちなみに肴町Littleでは、ラーメン屋の「sonogo no kakeru」や紅茶専門店「Southern Cross Jr.」もシェア屋台中。

浜松に行くたび
一緒に成長していけるような場所

5403222705438720
©2018 丸八不動産

ここは、2018年2月にオープンしたばかり。5月の取材時は店内の壁は殺風景だったんですが、先日イラストレーターのfaceさんによってアップデート。肴町Littleらしい、ポップで賑やかな雰囲気になったそうです。

「この浜松という街は新しいことにウェルカムですから」。そう話すのは、案内してくれた丸八不動産の髙林さん。

「肴町Littleらしい小さな感動の積み重ねが、この取り組みを知ってもらうきっかけになるんだと思います」

そういえば、現在も引き続き出店者を募集中とのこと。リトルに自分の好きな屋台を始めたい方はこちらまでご連絡を。

5434388061880320
©2018 TABI LABO
シュウマイ(160円/4個)は食べすぎに注意
4655835850473472
©2018 TABI LABO
何よりスタッフさんが楽しそうな「しょぼくれ夕日飯店」
6578211135684608
©2018 TABI LABO
きっとこのネオンに誘われる

「肴町Little」

住所:静岡県浜松市中区神明町314-6
TEL:053-455-0808
営業時間/定休日:スケジュールはこちら
公式HP:http://sakanamachi-little.com/

Top image: © TABI LABO
取材協力:浜松市
日本で2番目に大きな市、静岡県「浜松市」。南北に長いこの街は、北には自然豊かな山々、南には遠州灘があり、山・海・川・湖に囲まれています。そんな浜松への旅は...
「地元・浜松の人にも知ってもらいたい」。オーナーの山﨑浩さんがそう語るのは、浜松の春野町を中心に獲れる鹿や猪のお肉を使った「ジビエ料理」のこと。わざわざ足...
浜松の名店「じねん」の秋元健一さんは、食を通して街の魅力を伝える、いわば大使のような料理人。浜松には、海もあれば湖もあり、川もあれば山もある。日照時間が長...
クンクン嗅いでるところ、彼には絶対見られたくないけど。
煙突のようなこの「かぶりもの」いったいナンダ?
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
「KAGIYAビル」は、静岡のJR浜松駅から徒歩10分のところのある注目のスポット。築50年以上で空き室だらけだったこのビルは、2012年10月に "ショ...
静岡・浜松市のグルメといえば、うなぎか餃子。どちらもメジャーですが、もうちょっとディープに楽しむなら「うなぎの刺身」なんていかが? 蒲焼きでも白焼きでもな...
「KAGIYAビル」は、静岡のJR浜松駅から徒歩10分のところのある注目のスポット。築50年以上で空き室だらけだったこのビルは、2012年10月に "ショ...
沖縄とかハワイでやるものだとばかり思っていた「パラセーリング」が、静岡県浜松市の浜名湖でも体験できるらしいんです。パラシュートに体を固定してボートで引っ張...
書いて削って、短くなったら終わり、がこれまでの鉛筆。けどSproutには続きがありました。
「うなぎの聖地」と言われる浜松には、関東風と関西風のお店がちょうど半分ずつあるそうです。なかでも明治25年(1892年)に浜名湖産うなぎの行商から始まった...
「浜松の大自然」と聞いても、あまりピンとこない人が多いと思います。でも実は市の面積が全国2位で、海も川も湖もあればさらには山もあり、いろいろなバリエーショ...
都市機能もあり、のどかなイメージの「ファームステイ」からは一見縁遠い街のように見える静岡・浜松市は、都市と田舎を行き交う体験ができる街であることを伝えるべ...
静岡の浜松市が「マリンスポーツの聖地」と言われるのは、海、湖、川の3つがひとつの街に揃っている、日本でも(世界でも?)有数の恵まれた場所だから。そんな浜松...
ここ最近「スポーツクライミング」の話題が増えましたが、同じくらい気になるのが静岡・浜松市の天竜川流域で楽しめるアウトドア「シャワークライミング」。関東と関...
湖北五山(こほくござん)。これは、静岡県浜松市の浜名湖から少し山側に入った「奥浜名湖エリア」にある5つの寺院の総称のことで、それぞれが国指定重要文化財を有...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
春夏秋冬に土用を加えた「五季」。この5つの季節を発酵調味料(酒、塩糀、酢、醤油、味噌)で表現した、お菓子を紹介します。日本料理の基本となる調味料「さしすせ...
東急大井町線、荏原町駅。駅を出るとすぐ「荏原町商店街」があり、少しだけ昭和にタイムスリップした気分になります。そんな荏原町商店街から1本入った住宅街にある...
大泉町出身の友人が言っていた群馬のリトルブラジル。「レストランブラジル」「アソーゲタカラ」「西小泉駅」、どこへ行っても聞いていた以上のブラジル感。日本にい...
愛媛県にある、西日本でも有数の港町「八幡浜」。地元の人も通う、おいしくてコスパのいいお店に繰り出してみました。一軒めは、笑っちゃうほど絶品なお刺身が食べら...
福岡県宗像市の観光ではずせないのが海鮮。なかでも、全国的に有名な佐賀の「呼子のイカ」と同じ玄界灘の漁場でとれたイカは、高い鮮度のまま水揚げされるので絶品で...
日南・飫肥で、地域再生や古民家再生プロジェクトなどに関わる人たちが、誰が呼びかけるわけでもなく自然と集まってくるBarがあります。雰囲気は、アメリカの田舎...