静岡・島田の老舗茶屋がつくった「お茶バーガー」は、ビックリするほど本格派!

静岡県の島田市には、「島田市緑茶化計画」なんてものが立ち上がってしまうほど、お茶にまつわるお菓子や料理がたくさんあります。なかでも、思わず「ん!?」と聞き返してしまったのが、老舗のお茶屋さん「朝日園」が運営する「茶房 遊(ゆう)」の、お茶バーガー。

よくある、勢いで作っちゃった系ですか~? なんて食べてみたら、思わぬ本格派。お茶の底力を知ることになりました。

イベントをきっかけに火がついた
「お茶バーガー」

4767566136344576
© 2018 TABI LABO
ドリンクとお茶ポテトチップスがついた「お茶バーガーセット」(1000円)、チョコ抹茶オレ(単品450円)

さっそくお茶バーガー、いただきます。

ハンバーガーとお茶……未知の組み合わせにドキドキでしたが、まず噛んだ瞬間にパティの肉汁がジュワッと口いっぱいに広がります。

そして、ひとしきり肉の風味を楽しんだ最後に、お茶の香りがスーッと口から鼻へ抜ける! おぉ、スパイシーな肉の旨味とお茶の風味が絶妙。

5988919141203968
© 2018 TABI LABO
単品の「お茶バーガー」は、680円。週末限定販売です

「2017年の12月に、『茶ービスエリア』というイベントで限定メニューとして出したのがきっかけです。当日から好評ですぐに売り切れてしまったので、口コミでも『食べたかった~』という声をいただき、2018年1月から新メニューとして加わえました」

話してくれたのは「茶房 遊」の店長・朝比奈美紀さん。お茶バーガーに限らず、同店のメニューの多くは朝比奈さんが開発しているとのこと。

ちなみにお茶バーガーは、国産肉をベースにレンコンとたまねぎ、そしてお茶を練りこんだ特製パティに、抹茶や煎茶をブレンドしたクリームソースが決め手。

ちゃんと食べごたえもあるし、大満足です。

川根金時で
ひとときの涼を

4887638523772928
© 2018 TABI LABO
川根金時氷(450円 ソフトのせは+100円)

「茶房 遊」は、島田市中心街から日本三大銘茶のひとつ「川根茶」の産地・島田市川根町へ向かう道すがら、まさに川根地域の入り口にあります。

地元の人はもちろん、藤枝市や焼津市からドライブがてら寄る人や、なかには千葉県から来る常連さんもいるんだとか。お店の横にはテラスや芝生スペースもあるので、ペット連れでも安心です。

「三世代で来られるお客さんも多いですよ。おじいちゃんやおばあちゃんは甘いもので、お父さんとお母さんはお茶、お子さんはかき氷を楽しんでもらっています」

この季節のオススメは、宇治金時ならぬ「川根金時」。

お茶の渋みとつぶあんの甘み、そして冷たい氷。最高の組み合わせです。

「お茶のある生活」は
島田では当たり前

5928705494876160
© 2018 TABI LABO

「川根町は昔からのお茶どころで、お茶を売っているところはたくさんあるんですけど、当時はゆっくりと飲めるところがありませんでした。そこで18年前、『お茶と遊ぶ、時間と遊ぶ』をテーマにした喫茶店として、この『茶房 遊』をオープンしたんです」

島田の人にとって、お茶は身近すぎる存在。だからこそ、わざわざお店で飲むものという意識が薄かったようです。

「朝から、お茶と食事は一緒に食卓に並びますし、朝と昼と夜では淹れ方も違う。それに、小学校ではお茶の淹れ方教室が開かれるんですよ」

4911470357774336
© 2018 TABI LABO

しかし最近では、雑誌の特集などで取り上げられることも多く、お茶にハマる若い人たちが増えてきていると感じるそうです。しかもこの世代は、1杯500円以上するようなコーヒーにも飲み慣れているので、お茶を選ぶ際も本物志向で、とくに高級なお茶が人気なんだとか。

そして彼らは口を揃えて「お茶って面白いですね」と言ってくれるそうです。

そう、お茶ってまだまだ僕たちの知らない魅力があるし、お茶バーガーのように意外なほど何にでも合うので、本当に面白いんですよね。その奥深さを、あらためて「茶房 遊」で再確認できました。

6595269873369088
© 2018 TABI LABO

「朝日園 茶房 遊」

住所:静岡県島田市川根町身成4693
TEL:0547-53-4488
営業時間:10:00~18:00
定休日:9~4月 月~木(祝日を除く)、5~8月 不定休
公式HP:http://tea-asahien.com/

Top image: © TABI LABO
取材協力:島田市

そこにある、それがいい。TABI LABOの国内トピック『JAPAN LOCAL』をまとめて見るならコチラ

静岡県島田市にはお茶にまつわるグルメがたくさんありますが、気になったのが「あんかけ お茶ーはん」。「通りゃんせ」という中華料理屋さんにあるチャーハンです。...
ひとときのコーヒーブームもひと段落した感があり、さて、次は緑茶だ、紅茶だ、なんて話題になるけれど、じゃあ実際「紅茶ってなんだ?」って聞かれたら、僕自身よく...
湖北五山(こほくござん)。これは、静岡県浜松市の浜名湖から少し山側に入った「奥浜名湖エリア」にある5つの寺院の総称のことで、それぞれが国指定重要文化財を有...
日本で2番目に大きな市、静岡県「浜松市」。南北に長いこの街は、北には自然豊かな山々、南には遠州灘があり、山・海・川・湖に囲まれています。そんな浜松への旅は...
カナダのYouTuberであるDaniel Tillotsonさんが、「これまでにやった1番バカなこと」と言いながらシェアをしていた動画の紹介です。
iPhoneひとつあれば、旅の記録と記憶は美しく残せる。世界のiPhone Photographersの貴重な瞬間を捉えた写真の数々を観ると、旅にあらため...
「KAGIYAビル」は、静岡のJR浜松駅から徒歩10分のところのある注目のスポット。築50年以上で空き室だらけだったこのビルは、2012年10月に "ショ...
静岡・浜松市のグルメといえば、うなぎか餃子。どちらもメジャーですが、もうちょっとディープに楽しむなら「うなぎの刺身」なんていかが? 蒲焼きでも白焼きでもな...
浜松の名店「じねん」の秋元健一さんは、食を通して街の魅力を伝える、いわば大使のような料理人。浜松には、海もあれば湖もあり、川もあれば山もある。日照時間が長...
「うなぎの聖地」と言われる浜松には、関東風と関西風のお店がちょうど半分ずつあるそうです。なかでも明治25年(1892年)に浜名湖産うなぎの行商から始まった...
養蜂家でありDJでもあるBioni Sampは、シンセサイザーを駆使しながらユニークな音楽制作を行っています。
春夏秋冬に土用を加えた「五季」。この5つの季節を発酵調味料(酒、塩糀、酢、醤油、味噌)で表現した、お菓子を紹介します。日本料理の基本となる調味料「さしすせ...
「KAGIYAビル」は、静岡のJR浜松駅から徒歩10分のところのある注目のスポット。築50年以上で空き室だらけだったこのビルは、2012年10月に "ショ...
昨年の夏、蔦屋書店がカネジュウ農園とタッグを組んで開発・発売したお茶、その名も『本を読むときのお茶』。試飲会に参加すると、そこにはカネジュウ農園のTEA ...
沖縄とかハワイでやるものだとばかり思っていた「パラセーリング」が、静岡県浜松市の浜名湖でも体験できるらしいんです。パラシュートに体を固定してボートで引っ張...
都市機能もあり、のどかなイメージの「ファームステイ」からは一見縁遠い街のように見える静岡・浜松市は、都市と田舎を行き交う体験ができる街であることを伝えるべ...
静岡県にある、知る人ぞ知る“秘境駅”が大きな話題になっています。なるほど、確かに写真を見ればそれも納得。この幻想的な光景、なんだか『世界の車窓から』に出て...
あまりのインパクトに一目見たら忘れられなくなるかも。でも、味だってなかなかいい感じです。
ここ最近「スポーツクライミング」の話題が増えましたが、同じくらい気になるのが静岡・浜松市の天竜川流域で楽しめるアウトドア「シャワークライミング」。関東と関...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
静岡に「木村飲料」という飲料メーカーがある。静岡の特産品を使った「うなぎコーラ」「桜えびサイダー」「しずおかコーラ」、そして衝撃の「たくあんコーラ」「うめ...
無肥料・無農薬のお茶づくりを営む健一自然農園。代表の伊川健一さんは、16歳のときに人生の道を決めたといいます。茶畑を受け継ぎ、地域の人々と栽培・加工に励み...
「とろろ」は手頃な値段でおいしく食べられる庶民の味として広く親しまれていますが、ここで紹介する「とろろ汁」に使われているのは、静岡県産の自然薯(じねんじょ...
静岡の浜松市が「マリンスポーツの聖地」と言われるのは、海、湖、川の3つがひとつの街に揃っている、日本でも(世界でも?)有数の恵まれた場所だから。そんな浜松...