旅行の前にチェックしておきたい愛媛県「八幡浜」5つの魅力

愛媛県にある八幡浜市を知ってますか? 「やわたはまし」と読みます。

立地と気候に恵まれるこの街は、愛媛県のなかでも有数の「みかんの生産量」を支える地域。山には段々畑が広がっていますが、実は魅力は陸だけにとどまらず、たくさんの魚類が水揚げされることでも有名です。ちなみに、海鮮が豊富な地域ならではの「ちゃんぽん」も独自のソウルフード文化として発展していて、「八幡浜ちゃんぽん」を取り扱うお店は40店舗以上もあるんだとか。人口3万5000人の街としては驚きの数。

そんな八幡浜の街を観光する前に、チェックしておいてほしい魅力を5つに絞って紹介します。

01.
みかん市場の
「プライスリーダー」

4979718696730624

愛媛県は、全国でもトップクラスのみかんの産地。その中でも、県内のみかん生産額の約52%を担う八幡浜市は、量ではなく「みかんの質」で勝負。

海に囲まれているので、八幡浜のみかんは、空からの太陽、海から反射する太陽、段々畑から反射する太陽をいっぱいに浴びて育ちます。その3つの太陽に育てられたみかんは、2017年に過去最高価格を記録。

八幡浜の3大ブランド「日の丸みかん」「真穴みかん」「川上みかん」はその質の高さから、東京・大田市場の価格相場を決めるプライスリーダーでもあるんです。

02.
日本のライト兄弟
「二宮忠八」

5331562417618944

八幡浜で生まれ育った二宮忠八は、1891年に日本で初めてゴム動力の「烏型模型飛行器」の飛翔実験に成功したんですが、実はそれ、ライト兄弟が有人飛行を成功させる12年も前のことなんです。21歳のとき、カラスが空を飛んでいる姿を見て「これだ!」と飛行原理を思いついた、と言われています。

有人飛行の成功はライト兄弟に先を越されてしまいましたが、自前の資金で研究を続けたことから、今では「日本の航空機の父」と呼ばれるほど。

03.
市民のソウルフード
「八幡浜ちゃんぽん」

5941482133389312

八幡浜のソウルフード、ちゃんぽん。そう聞いて「ちゃんぽんといえば長崎じゃないの?」なんて思っていたんですが、八幡浜は本気でした。

「八幡浜ちゃんぽんプロジェクト」や「八幡浜ちゃんぽん振興条例」「八幡浜ちゃんぽん憲章」など、市民のソウルフードを全国へ羽ばたかせようとするプロジェクトがいくつも動いているんです。

特徴としては、鶏ガラやカツオ、昆布などでだしをとった黄金色のスープであっさり風味なこと。ひとくち食べれば、八幡浜市民のソウルを知れるかも。

→八幡浜ちゃんぽんの「御三家」を紹介している記事はコチラ

04.
日本を代表する
「マウンテンバイクの聖地」

6180393178890240

八幡浜市民スポーツパークMTB(マウンテンバイク)コースは、日本でも有数のMTBフィールド。JCF(日本自転車競技連盟)の公式認定コースで、これまで何度もオリンピック選手を選考する決戦レースが行われてきたため、MTBの聖地と呼ばれています。

コースは、初心者向けから上級者向けまでの3つ。レンタルできるバイクやヘルメット、洗車場、シャワーなどの設備も整っています。年中無休で、走行料や駐車料金が無料なところは嬉しいポイント。

05.
年間200種以上
「豊富な魚種の水揚げ量」

6499313123328000

瀬戸内海と太平洋につながる「宇和海」に面している八幡浜。「みかんと漁業の町」といわれるほどに、漁業も盛んです。海底の魚を獲る底引き網漁(トロール)も活発で、八幡浜港に水揚げされる魚種は、年間200種類以上とも言われています。タイの養殖も盛んで、生産量日本一の愛媛県を支えています。

水揚げする魚種が多いということは、市場に流通させにくい「雑魚」も多いということ。雑魚48種を集めて「ZAKO48」と名付け、質は良いのに評価の低い雑魚をPRするプロジェクトも話題になりました。

5224490057334784

八幡浜の魅力、いかがでしたか?

「みかんと魚」が中心ではありますが、そこから派生した食文化や、自然を生かしたアクティビティも盛んなんですよ。

だんだんクセになる、八幡浜
白くない「ちゃんぽん」があると聞き、愛媛県の八幡浜市へ。いわゆる長崎ちゃんぽんのような白濁の豚骨ベースではなく、鶏ガラや、かつおだし・昆布だしをベースにし...
四国・愛媛県の西端。佐田岬の付け根にある「八幡浜市(やわたはまし)」は、なんと言ってもみかんと魚の街。道の駅「みなっと」にある、どーや市場という魚市場や、...
愛媛県も八幡浜市は日本でも有数のみかんの街ですが、加工品の「みかんジュース」もまた、たくさんの種類があります。糖度13度のもの、愛媛県の「まどんな」を使っ...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
煙突のようなこの「かぶりもの」いったいナンダ?
地元に活気を! と愛媛県の八幡浜で企画されたのは、中心街の新町商店街を「黒ずくめ」にすること。おもしろがってくれる街の人たちも徐々に増え、今では55店舗が...
国内有数のみかんの産地、愛媛県「八幡浜(やわたはま)」。とくに「日の丸」「真穴」「川上」という3ブランドは、東京大田市場の価格相場を決めるプライスリーダー...
極上のみかんリキュール「媛麗(ひめうらら)」を製造販売しているのは、愛媛県・八幡浜市にある創業102年の酒造「梅美人酒造」。日本でも有数のみかんの街、八幡...
ここ最近では定番商品にラインナップするお店も増えてきている「塩パン」ですが、その発祥のお店は愛媛県の八幡浜市(やわたはまし)にありました。多いときには、1...
愛媛県・八幡浜港のすぐ脇にある「コダテル」という不思議なスペース。宿泊もできるし、コワーキングスペースにもなる。現代版の公民館みたいでもあるし、ゲストハウ...
「Fliteboard」は電動モーターが搭載されているサーフボード。リモコンでスピードをコントロールして、最高で時速40kmも出るそうですよ。
じゃこ天は、愛媛県の八幡浜市や宇和島市などがある南予地方で作られる、魚の練り物を油で揚げたもの。「昔は、くずしって呼んでました。たくさんの雑魚(ざこ=じゃ...
愛媛県にある、西日本でも有数の港町「八幡浜」。地元の人も通う、おいしくてコスパのいいお店に繰り出してみました。一軒めは、笑っちゃうほど絶品なお刺身が食べら...
愛媛県の八幡浜にある「風の樹」は、ご主人の林茂さんがひとりで切り盛りする1日1組限定の宿。海岸沿いの高台にある一軒家で、そこから眺める夕陽はとにかく絶景な...
トロール漁業は、沖合で行なう「底曳網漁業」のことで、2隻で1つの網を曳いて水深100〜200mの魚を獲る、八幡浜の伝統的な漁のスタイル。新鮮な魚介やトロー...
ここでは、宮崎県・日南市の「旅行の前にチェックしておきたい5つの魅力」を紹介します。大型クルーズがやってきたり、広島東洋カープのキャンプ地であること、さら...
愛媛県は、2017年3月に「四国一周1,000キロルート」を発表した。これは、四国を周遊するサイクリングロード。台湾が取り組んでいる、台湾島を一周する環島...
「Culture Captcha」は、国民全員に自国の観光に関する知識をつけてもらおう!という狙い。
福岡県・宗像で、海を見ながら刺身を食べる体験が最高でした。「鐘の岬活魚センター」では、いけすで元気に泳ぐ魚をその場で捌いてもらえます。見事な手さばきに感動...
愛媛県松山市に誕生した、「MINIMAL LUXURY」をコンセプトに据える「瀬戸内リトリート 青凪」。以前は美術館としてその一部だけが公開されていたが、...
日本三大カルストの中で、最も標高が高い「四国カルスト」内で見ることができる風景を紹介する。「四国カルスト」は天空の道とも例えられ、ドライブやツーリングで人...
かつては、新婚旅行の人気エリアだった「宮崎」。1960年代から数十年間に渡り、多くのカップルたちが訪れていました。中でも新婚旅行ブームの人気を支えたのが、...
瀬戸内海に浮かぶ島々を舞台に開催される「瀬戸内国際芸術祭」。そのイメージもあってか、四国にはどちらかというと「海」のイメージがありませんか?いえいえ、張り...
子供が生まれたことををきっかけに、家族とともに東京から大三島に移住した小松洋一さんは、島の名産であるみかんを使った「みかん酵母パン」作りに励んでいる。大三...