愛媛・八幡浜の老舗酒蔵が本気で作った極上の「みかんリキュール」

そのみかんリキュールを初めて飲んだのは、夏の夜のBBQのときでした。愛媛・八幡浜の宿泊施設「マンダリン」の校庭を借りて、名産の「日野出豚」をたらふく食べていたんです。

ビールにも飽きてきたし、そろそろ変化でもつけようかなって思ったタイミングで目に飛び込んできたのが、100%みかんリキュール「媛麗(ひめうらら)」。八幡浜に来たんだから試さないワケにはいかないでしょー! と飲みはじめてからはあっという間。

あまりの爽やかさと、香りの良さで、すっかり飲みすぎてしまったんです。

伝統の酒造×八幡浜みかん

5903928281530368

「媛麗(ひめうらら)」を製造販売しているのは、創業102年の酒造「梅美人酒造」。港町として栄えた八幡浜にとっては、梅美人酒造の大きな煙突がランドマークのような存在だったそうです。

本来なら純米酒の話を深掘りしたほうがいいのかもしれませんが、やっぱりそこは「みかんのまち」。5代目の上田英樹さんに、みかんリキュールについて詳しく聞いてみました。

「家内の実家が、みかん農家なんですよ。質も味も、自分が信頼できる仕入れ先が身近にあったことがとても幸運だったと思います。ただ、味を決めるのはとても難しかったんです。みかんの旨味と香りを生かすために、色々なお酒で試作にチャレンジしました」

確かに、キンキンに冷やしたやつをストレートで飲んだんですが、みかんの風味がすごかったんです。

純米大吟醸「梅美人」の
生酒もちびちび

6250797088112640

この日は、無ろ過で色味がほどよく残っている、純米大吟醸の生酒もいただきました。酒米には、愛媛県産の「しずく媛」を48%磨き込んで使用、仕込水も創業当時から変わらず、敷地内の「井戸水」から引き上げていることもこだわりのポイントだそうです。

「大量生産していた時代の名残りで、日本酒にあまりいいイメージを持ってない人も多いと思います。二日酔いするとか(笑)。でもここ数年、本物志向のお客様も増えてきていて、材料や手間にこだわっている地方蔵は徐々に復活してきています。利益だけを追求すると、うまくいかないですね」

4542138301808640

「梅美人」を生んだ
大正蔵の見学も面白い

5392576723025920

飲んで楽しいのはもちろん、登録有形文化財にもなっている梅美人酒造は、見学しても楽しめます。

冷蔵庫やクーラーがなかった時代の酒造りの話や、現役で稼働している最新タンクの話まで、今昔を聞き比べながら蔵めぐりができます(事前予約制)。

そして、とにかく蔵のなかは日本酒好きにはたまらないほど、いい匂い!甘くてまろやかで、ちょっと酔ってしまいそうな香りが包み込んでくれます。

64069100225167366360361267625984

こちらは、創業当時の接待に使われていたという和室。杜氏さんたちがおいしいお酒造りに励むかたわら、創業者の梅一さんは、今でいう営業的なお仕事を勢力的にこなしていたそうです。

今でもじっくり見学できるくらい、きれいに保存されているんです。

48999973928304644999535138963456

お酒好きも文化財好きも楽しめる、梅美人。ちなみに「嫁も美人」と評判です。

梅美人酒造本店

住所:愛媛県八幡浜市1557-2
TEL:0894-22-0312
営業時間:9:00〜17:00
定休日:日祝祭日

Photo by JAPAN LOCAL
取材協力:八幡浜市
だんだんクセになる、八幡浜
愛媛県も八幡浜市は日本でも有数のみかんの街ですが、加工品の「みかんジュース」もまた、たくさんの種類があります。糖度13度のもの、愛媛県の「まどんな」を使っ...
国内有数のみかんの産地、愛媛県「八幡浜(やわたはま)」。とくに「日の丸」「真穴」「川上」という3ブランドは、東京大田市場の価格相場を決めるプライスリーダー...
四国の西端、愛媛県にある八幡浜市(やわたはまし)。立地と気候に恵まれるこの街は、愛媛県のなかでも有数の「みかん」の生産量。山には段々畑が広がっていますが、...
5万4千枚もの写真をつなげて作られたこの作品の臨場感は4Kならではのもの。葉の上で光る水滴、まっすぐに空へとのびる木々。朝日を受けて輝く湖面。3分40秒間...
書いて削って、短くなったら終わり、がこれまでの鉛筆。けどSproutには続きがありました。
四国・愛媛県の西端。佐田岬の付け根にある「八幡浜市(やわたはまし)」は、なんと言ってもみかんと魚の街。道の駅「みなっと」にある、どーや市場という魚市場や、...
地元に活気を! と愛媛県の八幡浜で企画されたのは、中心街の新町商店街を「黒ずくめ」にすること。おもしろがってくれる街の人たちも徐々に増え、今では55店舗が...
愛媛県の八幡浜にある「風の樹」は、ご主人の林茂さんがひとりで切り盛りする1日1組限定の宿。海岸沿いの高台にある一軒家で、そこから眺める夕陽はとにかく絶景な...
白くない「ちゃんぽん」があると聞き、愛媛県の八幡浜市へ。いわゆる長崎ちゃんぽんのような白濁の豚骨ベースではなく、鶏ガラや、かつおだし・昆布だしをベースにし...
ここ最近では定番商品にラインナップするお店も増えてきている「塩パン」ですが、その発祥のお店は愛媛県の八幡浜市(やわたはまし)にありました。多いときには、1...
今、健康志向の欧米人のあいだで人気爆発の生ゴマペースト「タヒニ」をドレッシングにアレンジしました。
愛媛県・八幡浜港のすぐ脇にある「コダテル」という不思議なスペース。宿泊もできるし、コワーキングスペースにもなる。現代版の公民館みたいでもあるし、ゲストハウ...
愛媛県にある、西日本でも有数の港町「八幡浜」。地元の人も通う、おいしくてコスパのいいお店に繰り出してみました。一軒めは、笑っちゃうほど絶品なお刺身が食べら...
じゃこ天は、愛媛県の八幡浜市や宇和島市などがある南予地方で作られる、魚の練り物を油で揚げたもの。「昔は、くずしって呼んでました。たくさんの雑魚(ざこ=じゃ...
トロール漁業は、沖合で行なう「底曳網漁業」のことで、2隻で1つの網を曳いて水深100〜200mの魚を獲る、八幡浜の伝統的な漁のスタイル。新鮮な魚介やトロー...
愛媛県は、2017年3月に「四国一周1,000キロルート」を発表した。これは、四国を周遊するサイクリングロード。台湾が取り組んでいる、台湾島を一周する環島...
子供が生まれたことををきっかけに、家族とともに東京から大三島に移住した小松洋一さんは、島の名産であるみかんを使った「みかん酵母パン」作りに励んでいる。大三...
「人間を超越した美しさ」と賞賛されるロシア人ドールアーティストによる作品です。
福井県吉田郡永平寺町にある日本酒蔵「吉田酒造有限会社」。その酒造りを今年から取り仕切る杜氏が吉田真子さん。弱冠24歳の、日本最年少女性杜氏です。彼女がつく...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
「酒造りの神様」の異名を持ち、日本最高峰の醸造家である農口尚彦さん。酒造りの最高責任者である杜氏(とうじ)として、1970年代以降低迷が続いていた日本酒市...
北海道のまんなかにある、大雪山。かつてアイヌの人たちはこの山をカムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)と呼び、聖地として大切にしてきました。そんな大雪山と石狩川に挟...
“飛び地”をご存知でしょうか?行政はどこかの県に所属していながら、地理的には他のどの地域にも接していなく、独立している土地。日本唯一の飛び地の村・北山村は...
愛知県・瀬戸市に窯を構える陶芸作家、「美山陶房」五代目の寺田鉄平氏が開講している陶芸教室では、初歩から高等技術まで教えてもらえる。80歳を超える老人も通う...