夕陽にカンパイしながらのエロ話が楽しい、愛媛・八幡浜の宿

愛媛県の八幡浜にある「風の樹」は、ご主人の林茂さんがひとりで切り盛りする1日1組限定の宿。

宇和海に沈んでいくオレンジの夕陽を眺めながら、ご主人も一緒にちょっと早めのカンパイ。

 

—— とても素敵な景色ですね。ご主人は普段、お客さんとどんなお話を?

「だいたい、エロ話やな」

……えぇ!?

オーナーの林さんと、趣があるリビングでカンパイ。
急斜面を上った先の高台にある「風の樹」

「風の樹」は
ゆるさが絶妙だった

海岸沿いの高台にある一軒家「風の樹」からの眺めは、とくに夕方が絶景。

リビングも部屋も窓が大きく海を向いているので、ついボーッと眺めてしまいます。なので、チェックインは日が沈む前がオススメ。運が良ければ、冬には「だるま夕陽」が見えることもあるそうです。

裏山はミカンの段々畑になっていて、まさに昔ながらの八幡浜の暮らしを感じられる宿。

せかせかするような旅には不向きです。

置いてあるお酒は
飲みホーダイ

なんとなく流れでご主人も飲み始めちゃうんですが(笑)、置いてあるお酒は基本的に飲み放題というのも嬉しいサービス。ビールや焼酎がメインですが、ウイスキーやリキュール系もあります。大きいテレビもあって、田舎のおじいちゃんちに遊びに来たような感じです。

料理も、ご主人曰く「六十の手習い」とのことですが、八幡浜出身で長年フェリー関係の仕事をされてきたということもあり、魚の扱いは手慣れたもの。宇和海の幸を中心に、お刺身や煮魚などがたくさん振る舞われます。

ベッドもある「和洋室」。夕陽が差し込んできます。

リビングや部屋の飾り付けもさりげなくこだわってあって、ゆるさとセンスにやられてしまうんです。

窓から西日が差し込んできて、気持ちいい!対岸には自然休養林や諏訪崎半島が見えますし、佐田岬半島の山並みには発電風車がキラキラ光って見えるそう。

ところでご主人、
エロ話って?

「夫婦の人とか、外国人カップルが多いんやけどな。どこから来たのかとか、どんな仕事してるのかとか。あとはする話と言ったらエロ話くらいやろ」

余韻を残しながら、そのまま焼酎をグイ。窓から差し込む夕陽がキレイで、ちょっと名言っぽく聞こえたから不思議です。

「けっこうみんな、喜んで話に乗ってきてくれるけどな」

 

1泊2食つきで、13000円(最大5人までの1日1組限定、同行2人目以降は2000円引き)。

宇和海を眺めながら入れる浴室も、ご主人の自慢。

千鳥の荘 風の樹

住所:愛媛県八幡浜市合田1933-1
部屋数:2室(和室1、和洋室1)
事前予約制(3日前まで)
1日1組限定、無線LAN、展望桧風呂あり
http://www.tidori.jp/

Photo by JAPAN LOCAL
取材協力:八幡浜市
【特集】だんだんクセになる「八幡浜」

関連する記事

地元に活気を! と愛媛県の八幡浜で企画されたのは、中心街の新町商店街を「黒ずくめ」にすること。おもしろがってくれる街の人たちも徐々に増え、今では55店舗が...
四国・愛媛県の西端。佐田岬の付け根にある「八幡浜市(やわたはまし)」は、なんと言ってもみかんと魚の街。道の駅「みなっと」にある、どーや市場という魚市場や、...
四国の西端、愛媛県にある八幡浜市(やわたはまし)。立地と気候に恵まれるこの街は、愛媛県のなかでも有数の「みかん」の生産量。山には段々畑が広がっていますが、...
白くない「ちゃんぽん」があると聞き、愛媛県の八幡浜市へ。いわゆる長崎ちゃんぽんのような白濁の豚骨ベースではなく、鶏ガラや、かつおだし・昆布だしをベースにし...
時代を超えて愛される駄菓子は、子どもだけの楽しみにあらず。真面目に駄菓子とスパークリングワインのペアリングを検証してみました。
愛媛県・八幡浜港のすぐ脇にある「コダテル」という不思議なスペース。宿泊もできるし、コワーキングスペースにもなる。現代版の公民館みたいでもあるし、ゲストハウ...
極上のみかんリキュール「媛麗(ひめうらら)」を製造販売しているのは、愛媛県・八幡浜市にある創業102年の酒造「梅美人酒造」。日本でも有数のみかんの街、八幡...
ここ最近では定番商品にラインナップするお店も増えてきている「塩パン」ですが、その発祥のお店は愛媛県の八幡浜市(やわたはまし)にありました。多いときには、1...
愛媛県も八幡浜市は日本でも有数のみかんの街ですが、加工品の「みかんジュース」もまた、たくさんの種類があります。糖度13度のもの、愛媛県の「まどんな」を使っ...
伊豆大島、奄美大島など、日本には50以上もの “大島” があるそうですが、ここで紹介したいのは、愛媛県にある癒しの楽園「八幡浜大島(やわたはまおおしま)」...
興味はあるけど、何からやればいいのかわからない。それならまずは身近な人の体験談を聞いて、次のアクションの参考にしてみようというサステイナブル迷子のためのゆ...
じゃこ天は、愛媛県の八幡浜市や宇和島市などがある南予地方で作られる、魚の練り物を油で揚げたもの。「昔は、くずしって呼んでました。たくさんの雑魚(ざこ=じゃ...
トロール漁業は、沖合で行なう「底曳網漁業」のことで、2隻で1つの網を曳いて水深100〜200mの魚を獲る、八幡浜の伝統的な漁のスタイル。新鮮な魚介やトロー...
国内有数のみかんの産地、愛媛県「八幡浜(やわたはま)」。とくに「日の丸」「真穴」「川上」という3ブランドは、東京大田市場の価格相場を決めるプライスリーダー...
愛媛県は、2017年3月に「四国一周1,000キロルート」を発表した。これは、四国を周遊するサイクリングロード。台湾が取り組んでいる、台湾島を一周する環島...
厳島神社、鳥取砂丘、出雲大社など、人生で一度は訪れてみたい観光スポットが「国立公園」の区域内に位置している中国地方、四国地方。日本を代表するような魅力的な...
愛媛県松山市に誕生した、「MINIMAL LUXURY」をコンセプトに据える「瀬戸内リトリート 青凪」。以前は美術館としてその一部だけが公開されていたが、...
ゆずには多様な使い道がありますが、もうひとつの愛媛県の特産品しいたけと合わせてお味噌で和えることで、ゆずの香りが食欲をそそる、白いご飯にぴったりのおかず味...
日本三大カルストの中で、最も標高が高い「四国カルスト」内で見ることができる風景を紹介する。「四国カルスト」は天空の道とも例えられ、ドライブやツーリングで人...
3つの「絶景」スポットが、香川県西部に集まっています。香川には直島や小豆島をはじめとする瀬戸内の島々もあるし、高松、丸亀、琴平なども当然有名です。本当に観...

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
電気、ガス、IH。炊飯器が進化しても求められるごはんといえば、「かまど」で炊いた“ふっくら”した炊きあがり。ならばいっそ、かまどでごはんを炊いてみてはいか...
お店の名前でもある「ONIBUS」は、コーヒー大国ブラジルの公用語ポルトガル語で「公共バス」「万人の為に」という意味なんだそうです。今回、インタビューした...
「アーティストが住みついたビル」というコンセプトの新しいスポットが、2017年9月16日にオープンした。場所は、日本橋。一棟ビル丸ごと使ってアート・音楽・...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
街中の工事現場などで見かける、通行人や一般車両の侵入を防ぐガード。数年前から、ゾウやサルなど、動物型のものを見かけることが増えていませんか?工事現場と「カ...
決して、とんでもない“ダメージ”をくらうわけではありません。が、地味にテンションが下がる「液だれ」。テーブルは汚れるし、なんだか次に使う人に対しても申し訳...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...