農家民宿と酵素風呂がある。「兵庫の丹波」に行く理由はそれだけで十分

新神戸駅から車で1時間半。向かうは兵庫県の丹波市(たんばし)。聞いたことはあるけれど、京都府にあるものだと勘違いしていました……(すいません)。

決してアクセスがいいとは言えないこの街へ何を目当てに向かったかというと、ズバリ「農家民宿」です。道中のラジオでもリスナーからの手紙でこんなエピソード。

「今週末は子どもを預けて、主人とふたりで丹波の山奥の古民家に行ってきまーす」

なるほど、これから向かう先は “山奥” なんですね!

宿泊するのは、1日1組限定の「農家民宿 花乃家」。無農薬・無化学肥料栽培で野菜の生産をしている「竹岡農園」という会社が運営しているお宿です。竹岡農園は、さらに「糠天国」という酵素風呂も経営していて、さらには里山保全を中心にした「NPO 丹のたね」も運営しているということで、色々なお話が聞けそうでワクワクしてきました。

農家体験 × 酵素風呂
夏の旅先にピッタリでした

5974343548928000
©2018 TABI LABO
竹岡さんご夫妻と、スタッフの里佳子ちゃん

道中「この道で合ってる?」と思いながらもさらに山道を登っていくと(途中、アライグマを発見)、控えめな看板を見つけてひと安心。

到着するとすぐに、オーナーの竹岡さんご夫妻が出迎えてくれました。初めて来たのに地元に帰って来たような、いい意味でかしこまりすぎていないおもてなしに、ホッとします。

まずは竹岡農園で
人参とごぼうの収穫体験

5456115831668736
© 2018 TABI LABO

ひと通り宿の説明などをしてもらったら、さっそく長靴を履いて畑へGO。収穫体験は竹岡さんの農園、つまり「竹岡農園」で。

この日、女性スタッフの舞ちゃんと里佳子ちゃんが案内してくれたのは、にんじんとごぼうのエリア。「にんじんは垂直に引っ張るのがコツですよ」。葉っぱを掴んで引いてみると、思ったよりスムーズに抜けました!

こんなふうに、汚れるのも爪に土が入るのも気にせず野菜を収穫するなんて、いつぶりだろう。

5960065550909440
© 2018 TABI LABO

次は、ごぼう。土の中のごぼうを折らないように気をつけながら、スコップで周りを掘ってまっすぐ抜くのが、思った以上に難しい。

スーパーで売られているものとは少し見た目が違うけれど、味は負けないに決まってる。晩ごはんが楽しみ!

人生初の「酵素風呂」
糠天国で、汗だっくだく

4887232515145728
© 2018 糠天国

同じ敷地内にある「糠天国(ぬかてんごく)」で酵素風呂が体験できるのも、花乃家さんの特徴のひとつです。

微生物が発酵する課程で生成される「酵素」。空気をたくさん含んでいる酵素のなかに入るので、皮膚呼吸が止まることなく汗をかき続けられるのが他の大衆浴場(砂風呂など)との違いだそう。

人為的に機械などで温めているのではなく、自然発酵の熱だけで60℃前後まで熱くなるそうです。…えっ、そんなに!?

4794509741260800
© 2018 TABI LABO

「頑張って15分くらいは首だけを出している状態をキープして、15分経ったら両手足を外に出してくださいね」

と爽やかな笑顔で言われたけれど、もともと熱いのが苦手は私は開始3分でムリだと思いました(笑)。でも、10分経った頃には不思議とじんわり気持ち良くなってきて、ウトウト。個人差はあるけれど、私のようにすごく熱く感じた人は、疲れが溜まっていたり、体の状態が良くないそうです。……気をつけよう。

砂風呂よりも粒子が細かいので、肌にピタッとくっついてくる粘土に包まれているような感覚。新陳代謝が悪い私でも、15分が過ぎた頃には笑ってしまうほど汗だくに。これすごい!

シャワーを浴びて、外気浴したときの気持ち良さといったらもう。

みんなで収穫した野菜が
おいしくておいしくて

4921486221508608
© 2018 TABI LABO

民宿のまわりを案内してもらったり、お話を聞いている間に距離が縮まって、晩ごはんは竹岡農園のみなさんと一緒にいただきました。

「ご希望があれば、一緒に食事させていただいたり、お酒飲んだりもね…しますよ(グビっ)」

と竹岡さん。誰よりも早くレモンサワーを飲み始めていました(笑)。

それぞれの体験も楽しかったけれど、結局一番心に残るのは、旅先で出会った人と過ごした時間だったりするんですよね。

5359431889977344
© 2018 TABI LABO

採れたてのごぼうは、かつお節を使ってしぐれ煮に。思った以上に野菜そのものの味が濃くておどろきです。にんじんしりしりも甘みがあって箸がとまらない。

玉ねぎスライスもきゅうりの冷や汁も肉じゃがも、たくさん汗をかいたカラダにじわ〜っと沁みわたります。

4839019292655616
©2018 TABI LABO

夕食のあとは、近くにある慧日寺というお寺でヒメボタルが見れることを教えてもらって、みんなで向かうことに。

川の音だけが聞こえる暗闇のなかで、チカチカと光るホタルを見つけて一緒に喜ぶなんて、昔おばあちゃん家で過ごした夏休みを思い出しました。

川遊び、BBQ、五右衛門風呂
里山のポテンシャルすごい

5927303540375552
© 2018 竹岡農園

民宿から少し歩いたら、子どもでも遊びやすい浅瀬の川があります。レベル別にスポットを教えてくれるので、家族旅行でも安心です。

採れたスイカをここで冷やして、遊び疲れたらみんなで食べてひと休み。そんな時間、幸せに決まっています。

4842697512714240
© 2018 竹岡農園

これは、民宿から少し上った場所から見える景色。はぁぁぁぁ、と声が漏れてしまうほどの開放感。ブランコやシーソーがある裏庭は、子どもが走ったり遊ぶのには充分すぎる広さでした。

この景色を見ながら五右衛門風呂に入ったり、ジャズライブをするお客さんもいるそう。花火をしても、楽器を弾いても、木を切って遊んでも、怒る人なんて誰もいません。

6485331796819968
© 2018 竹岡農園

神戸からの道のりは長かったし、auの電波はまったく入らなかったけれど(もうすぐ入るようになるらしい)、テレビやスマホなんていらないくらい充実していました。

ずっとここで暮らすとなったら大変な面も多いだろうけれど、ごはんはおいしいし、空気はきれいだし、疲れたときに羽根を伸ばしにくるのには最高の環境でした。

今度は『お母さん、いつもお疲れさま旅行』として、母と一緒に来るのもいいなぁ。

「農家民宿 花乃家」
住所:兵庫県丹波市山南町谷川2787-1
TEL:080-1518-5904
定休日:不定休
公式HP:http://www.takeokafarm.com/

Top image: © 糠天国
取材協力:丹波市
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
恐竜好きの私にとって、2006年8月7日に兵庫県丹波市で発見された「丹波竜」は衝撃的でした。だって、大好きなカマラサウルスとすごく似てるから! この丹波竜...
「最高峰の小豆(あずき)・幻の品種」をいただけると聞き、兵庫県の丹波市へ。どうやら小豆界におけるトップオブトップは「丹波黒さや大納言小豆」らしいのです。さ...
兵庫県丹波市で、2018年4月に誕生したばかりの「丹波プルドポークバーガー」を食べてきました。いただけるのは「丹波悠遊の森」のなかにあるレストラン「BBQ...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
すべて「生」の野菜からできたアクセサリー。
日本一若いいちご農家こと、たいぴー夫妻。宮崎県の日南市へ移住して「くらうんふぁーむ」という農園を経営しているんですが、約2年前から、農家1年目にも関わらず...
ここは兵庫県篠山市。約400年の歴史を持ち、国の史跡に指定されている篠山城の城下町であるこの場所に、ぜひ訪れてみたい独創的なコンセプトのホテルがあります。
静岡県で農家を営む小池誠さんは、Googleがオープンソースとして公開した機械学習ライブラリ「TensorFlow」 をつかって、きゅうりの仕分け機を開発...
Uber EATSをはじめとするオンラインの宅配サービスや、Amazon Goのような店舗運営を自動化する動きが、世界で急速に加速している。一方で、そんな...
「麦茶」と「ベーコン」という、意外な組み合わせに驚くでしょうが、その味も驚きです。
沖縄の南城市にある「斎場御嶽(せーふぁうたき)」は、世界遺産(文化遺産)であるにもかかわらず正しく読むことすらできず……。さいじょうおんたけ? 琉球王国に...
愛知県名古屋市で教員生活をしていた山田忠男さん。定年退職を機に、北海道の厚真町で羊農家に挑戦しました。厚真町唯一の羊農家となり、羊肉を出荷しています。羊の...
山梨県北杜市にて、オーガニックな自然栽培を行なっている農業の団体「宇宙農民」。そこでは現在、無農薬のホップを栽培し、それを使ったクラフトビールづくりに取り...
福岡県宗像市の観光ではずせないのが海鮮。なかでも、全国的に有名な佐賀の「呼子のイカ」と同じ玄界灘の漁場でとれたイカは、高い鮮度のまま水揚げされるので絶品で...
愛媛県・八幡浜港のすぐ脇にある「コダテル」という不思議なスペース。宿泊もできるし、コワーキングスペースにもなる。現代版の公民館みたいでもあるし、ゲストハウ...
愛知県・瀬戸市にきたら、だいたい宿泊先は「瀬戸パークホテル」になる。そもそも街中に泊まれるホテルが少ないのも理由のひとつだが、深川神社の境内のなかにあると...
自分に似た人を探してくれるアプリ「Twin Strangers」。顔写真をアップロードすると、400万人以上が登録されているデータベースの中から似ている人...
かつては、新婚旅行の人気エリアだった「宮崎」。1960年代から数十年間に渡り、多くのカップルたちが訪れていました。中でも新婚旅行ブームの人気を支えたのが、...
日本で2番目に大きな市、静岡県「浜松市」。南北に長いこの街は、北には自然豊かな山々、南には遠州灘があり、山・海・川・湖に囲まれています。そんな浜松への旅は...
昔ながらの沖縄の風景が残る南部で、暮らすように1週間くらい泊まりたい宿をエアビーで見つけました。場所は、斎場御嶽などの聖地が有名な南城市にある奥武島のつけ...
油津商店街の復活。飫肥城下町の再生。IT企業誘致や海外クルーズの積極的な誘致など、様々な方法でまちづくりや地方創生に取り組む、宮崎県日南市。人口は約5万人...
ヘルシーもウェルネスも、訳すとどちらも「健康」という意味なんですが、ヘルシーが身体的な健康に対して、ウェルネスはもう少し意味が広く、クオリティオブライフだ...
ここは千葉県鴨川市の「大山千枚田」。楽しめるのは、地元農家が代々守ってきた“昔ながらの棚田風景”です。ただし、普段の景色もさることながら、先日まで開催され...