兵庫・丹波の旨味をぎゅぎゅ!「プルドポーク推し」のご当地バーガーがグランプリ級の旨さ

兵庫県丹波市で、おいしいプルドポークバーガーを食べてきました。これまで、あまり「プルドポーク」を意識したことがなかったんですけど、取材先の花田匡平さんがこんな話を教えてくれました。

「アメリカのBBQレストランでは、プルドポークがおいしくないとそのお店は流行らないって言われることもあるそうです。伝統的なメニューだけど手間がかかるので、お客さんの目も鋭く光るのかもしれませんね」

さらに、開発にも関わっているハンバーガー界の重鎮「市島製パン研究所」の三澤孝夫さんの言葉にもグッときました。

「プルドポークバーガーは昔限定メニューで出してたけど一番人気やったし、これから波が来るかもしれんし、いいんじゃないかな?」

そんな三澤さんのアドバイスもあり、2018年4月に誕生したのが「丹波プルドポークバーガー」。なんだか急にプルドポークが気になってきました!

丹波の旨味を
贅沢にサンド

© 2018 TABI LABO

このハンバーガーが食べられるのは、宿泊施設「丹波悠遊の森」のなかにあるレストラン「BBQ&Burger BP(ベル・ピーマン)」。

冒頭の花田さんは、ここの副施設長。丹波プルドポークバーガーの特徴を詳しく教えてくれました。

© 2018 TABI LABO
丹波プルドポークバーガー(1080円)

ポイント1
「丹波栗きん豚」のプルドポーク

「イベリコ豚がどんぐりを食べて育つように、この豚は、B級品の丹波栗を混ぜ込んだ餌を食べて育てられました。だから『丹波栗きん豚(くりきんとん)』。栗を食べさせると甘みが出るし、柔らかくなるんですよね」

覚えやすいネーミング(笑)。

栗きん豚の塊肉を、燻製しながら低温で8時間じっくり焼く。そうすると触って崩れるほどホロホロに柔らかくなるそうです。「プルドポーク」は、バンズからこぼれ落ちそうになっている、ほぐれたお肉のことを指していたんですね(Pullは、引き裂くとかむしる、っていう意味)。

その下には、かなり粗挽きのビーフ100%パティ。肉 on 肉!

しっかり肉感があって食べ応えあります。かぶりつく角度によって、ビーフとポークとソースの割合が変わって、飽きずにイケます。

ポイント2
「黒豆きな粉」のバンズ

© 2018 TABI LABO

「丹波黒豆」は、きな粉になってバンズに練りこまれていました。

バンズもすべて店内で焼いていて、香ばしさとサクサク感が最高。プロデューサーである三澤さんからレシピを教わり、店長が生地からこねて仕込みをしているこだわりよう。ちょっと厚めに感じたけど、これがまた肉汁とソースが染み込むことでちょうどいい具合。

計算し尽くされてる!

ポイント3
味噌やトマトソースと合わせた
特製「あずきソース」

© 2018 TABI LABO

こんがり焼いたバンズに、たっぷりと特製の「丹波大納言小豆ソース」。あんこみたいに甘めなのかな?と思いきや、あずきの新たな一面ここにあり。

水煮したあずきに、味噌とトマトソースを合わせた和風の味付けは、子どもから大人まで唸る味!

この「丹波プルドポークバーガー」に、自家製のスモークベーコンをトッピングした「BP BURGER(1512円)」も人気でかなりボリューミーだけど、このソースのおかげで最後までもたれないんですよね。

レシピはどんどん公開して
地域みんなで共有していく

© 2018 TABI LABO

2018年の3月1日に、それまでの洋食レストランのスタイルから、バーベキューとハンバーガーをメインにした、アメリカスタイルにリニューアルオープンしたばかりの「BBQ&Burger BP(ベル・ピーマン)」。バーカウンターでは、常時2〜3種類のクラフトビールの生樽も用意されています。

天気が良ければ、外のハンモックに揺られながら食べてもOK。

10月7日〜8日には、全国のご当地バーガー日本一を決める「とっとりバーガーフェスタ2018」にも出場するそうです。

「丹波プルドポークバーガー」が目指しているのは、地元の食材をふんだんに使うことで、1つのお店だけが作れるバーガーではなく、生産者もショップも丹波に住んでいる地元の人も、みんなを巻き込んで愛されるようなご当地バーガー。

丹波のみんなが盛り上がれる、いいきっかけになりそうですね。

©2018 BBQ&Burger BP
夏にはキャンプのお客さんが多く訪れる「丹波悠遊の森」の中にある

「BBQ&Burger BP(ベル・ピーマン)」

住所:兵庫県丹波市柏原町大新屋1153-2
TEL:0795-86-8239
営業時間:
11:30~15:00(14:30 L.O)
17:30~21:30(21:00 L.O)
(土日祝のみ、14:00〜17:00も営業)
定休日:火曜日・年末年始
公式HP:http://tamba-yuyu.com/restaurant/
公式SNS:Facebook/Instagram

Top image: © TABI LABO
取材協力:丹波市
水や土壌、気候に恵まれていることから、コシヒカリや山の芋など食材の生産地として有名な兵庫県丹波市。ここは全国的に知られている丹波黒大豆、丹波栗など、美味し...
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
恐竜好きの私にとって、2006年8月7日に兵庫県丹波市で発見された「丹波竜」は衝撃的でした。だって、大好きなカマラサウルスとすごく似てるから! この丹波竜...
「最高峰の小豆(あずき)・幻の品種」をいただけると聞き、兵庫県の丹波市へ。どうやら小豆界におけるトップオブトップは「丹波黒さや大納言小豆」らしいのです。さ...
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
Samira Kazanさんは、栄養のバランスをしっかり考慮しつつ、遊び心を交えたレシピの研究をしています。
新神戸駅から車で1時間半。向かうは兵庫・丹波市(たんばし)。決してアクセスがいいとは言えないこの街へ向かった目的は、ズバリ「農家民宿」です。宿泊するのは、...
山梨県のお蕎麦屋さんで食べるべき一品、それが「鳥もつ煮」。砂肝やハツ、レバーにキンカンと、鳥肉の様々な部位を甘辛く照り煮にしていて、お酒との相性も◎。もと...
神戸風お好み焼きの特徴は、牛すじをこんにゃくと一緒に甘辛く炊き上げた「ぼっかけ」を使っていること。もともと神戸牛や但馬牛などの畜産が盛んだった近畿地方で、...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
平成元年に醸造された熟成酒が平成最後の年に満を持して登場!
TasteAtlasでは“旅先で何を食べるべきか”を調べられます。さらに、似たような食材を使った料理や、それが食べられる他の国や地域まで教えてくれるんです。
厳島神社、鳥取砂丘、出雲大社など、人生で一度は訪れてみたい観光スポットが「国立公園」の区域内に位置している中国地方、四国地方。日本を代表するような魅力的な...
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
B級グルメの代表格「ご当地焼きそば」は、愛知県の瀬戸市にもあった。一見するとなんの変哲もない茶色い普通の焼きそばだけど、食べてみると甘みがある。立ち寄った...
餃子×オニオングラタン×ワイン フランス流!表参道で味わう新感覚の餃子専門店GYOZA BAR Comme a Paris〒150-0002 東京都渋谷区...
一本釣りカツオ日本一の街でもある宮崎県日南市には、“おいしい魚” を食べさせるお店がたくさんあります。居酒屋もあれば、コース料理で楽しませてくれるところも...
クリスマスシーズンには4万本以上売れるという、兵庫県・神戸市にある「フロインドリーブ」の絶品シトーレン。教会のパン屋さんが作るシュトレンはたっぷりバターを...
静岡県の島田市には、「島田市緑茶化計画」なんてものが立ち上がってしまうほど、お茶にまつわるお菓子や料理がたくさんあります。なかでも、思わず「ん!?」と聞き...
東京駅から約80kmのところにある、栃木県小山市。「小山(おやま)ってどこにあるの?」という人のために、渡良瀬遊水地や城山公園などの定番スポットから、ナマ...
「The BEACH BURGER HOUSE」があるのは、2017年に大きくリニューアルしたばかりの「フェニックス・シーガイア・リゾート」から、車で5分...
ここは兵庫県篠山市。約400年の歴史を持ち、国の史跡に指定されている篠山城の城下町であるこの場所に、ぜひ訪れてみたい独創的なコンセプトのホテルがあります。
『The BEACH BURGER HOUSE』で食べたハンバーガーは、これまで自分が食べた中で一番美味しいと思った。ビールを飲みながら3つも食べた。世界...