愛知・瀬戸のソウルフード「瀬戸焼そば」は醤油味がクセになる

B級グルメの代表格「ご当地焼きそば」は、愛知県の瀬戸市にもあった。

一見するとなんの変哲もない茶色い普通の焼きそばだけど、食べてみると甘みがある。普通のソース焼きそばのほうが好みかなぁと思いながらも、2〜3口めでだんだんクセになり、気が付けば、他の店の瀬戸焼そばも味わってみたいななどと考え始めていた。

立ち寄ったのは、地元の人からまずはここへと勧められた「一笑」。瀬戸焼そば発祥の店と言われる「福助」の味を継いでいる唯一の店だという。

「瀬戸焼そば」には
豚肉を煮込んだ醤油ダレ

5477366457434112
©2018 inagaki masanori
「一笑」の瀬戸焼そば。並盛450円、大盛600円、肉増しプラス100円

瀬戸焼そばは、ソースを使っていない。

豚肉を醤油ダレで煮込み、豚の旨味が十分に抽出されたタレで炒める。普通のソース焼きそばの場合は味がしっかりしているので数分で炒め終わるけれど、瀬戸焼そばの場合は、タレの旨味をしみこませるために20分以上炒める。

「少しお待ちいただきますが、大丈夫ですか?」

事前に確認してくれたけど、正直その炒め時間には驚いた。いつもの焼きそばとはなんか違う! 麺も通常のものではなく、瀬戸焼そば専用のものを使っているのだとか。

3代目が一心にヘラを振るう横で、先代が教えてくれた。

ソースを使うか使わないか
意外と悩む

6604828658630656
©2018 inagaki masanori

「それでもソースが好き、という人もいるから」と、一笑のパックにはソースがついてくる。これを振りかけると慣れ親しんだいつものソース焼きそばに近づいてくるけど、ここでは甘みのある醤油味のまま行っても良かったかな、と少し後悔した。

瀬戸では
テイクアウトが基本

5902024805711872
©2018 inagaki masanori

ショッピングセンターのすぐ裏手にあり、名鉄瀬戸線の尾張瀬戸駅からも徒歩5分ほど。

「一笑」にはイートイン代わりとして会議机がひとつ置いてあるけれど、基本はテイクアウト。値段も手頃だし、中高生が部活帰りに瀬戸焼そばを食べている姿が目に浮かぶ。

この日も、おそらく育ち盛りのお子さんがいるんだろうなぁというお母さんが、大盛りを4個テイクアウトしていった。

「一笑 尾張瀬戸店」

住所:愛知県瀬戸市幸町53-1
TEL:080-6908-1400
営業時間:11:00〜19:00(売り切れ次第終了)
定休日:木曜日、第4水曜日

Top image: © 2018 inagaki masanori
取材協力:瀬戸市

そこにある、それがいい。TABI LABOの国内トピック『JAPAN LOCAL』をまとめて見るならコチラ

瀬戸焼をめぐる観光をしたいなら、愛知県の瀬戸市にある「瀬戸本業窯(せとほんぎょうがま)」は外せない。古い登り窯が残っていることや、きちんとしたギャラリーが...
瀬戸市の旧市街を彩る末広町の入り口に、「金福(きんぷく)」はある。炭火ではなく、昔ながらの琺瑯でできたガスコンロで一気に焼いていくと、かみ応えのあるホルモ...
愛知県・瀬戸市に窯を構える陶芸作家、「美山陶房」五代目の寺田鉄平氏が開講している陶芸教室では、初歩から高等技術まで教えてもらえる。80歳を超える老人も通う...
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
イスラエルのバイオ関連企業が開発した超特大のコンポスト。できるのはガス。
瀬戸の奥へ奥へと向かうと、変わった壁に出会う。陶器で出来たアイコニックな幾何学模様は、瀬戸観光のパンフレットでは定番で、窯垣(かまがき)と呼ばれるものだ。...
自分の履きじわがついたデニムや、使い込まれて飴色になったヌメ革の財布。エイジングは、ライフスタイルに直結する楽しみだ。つい先日、愛知県の瀬戸市へ行ってきた...
愛知県・瀬戸市にきたら、だいたい宿泊先は「瀬戸パークホテル」になる。そもそも街中に泊まれるホテルが少ないのも理由のひとつだが、深川神社の境内のなかにあると...
四国の西端、愛媛県にある八幡浜市(やわたはまし)。立地と気候に恵まれるこの街は、愛媛県のなかでも有数の「みかん」の生産量。山には段々畑が広がっていますが、...
もともとソウルフードとは、アメリカ南部で黒人奴隷たちが、通常は捨てられる食材をなんとか食べられるように加工した料理のこと。チタリングス(豚のモツ)やハムホ...
メルセデス・ベンツがモーターショーに向けて用意したこのトラック。痛車のようなデコトラのようなアーティスティックなトラックが、アメリカ人アーティストAlek...
子供心に、なぜ食器には青い絵が描いてあるのか不思議だった。で、今はなんで青い絵が描かれている食器があんなに高いのか不思議だ。せっかくなので、愛知・瀬戸市に...
白くない「ちゃんぽん」があると聞き、愛媛県の八幡浜市へ。いわゆる長崎ちゃんぽんのような白濁の豚骨ベースではなく、鶏ガラや、かつおだし・昆布だしをベースにし...
高崎パスタ、焼きまんじゅう、おっきりこみ。小麦がたくさん獲れる群馬県では、ソウルフードのひとつとして、よく「粉もの料理」が食べられます。そんな群馬県民が愛...
旅先の「食」を中心にソウルのナイトライフを並べてみた。
福岡県宗像市の観光ではずせないのが海鮮。なかでも、全国的に有名な佐賀の「呼子のイカ」と同じ玄界灘の漁場でとれたイカは、高い鮮度のまま水揚げされるので絶品で...
愛媛県松山市に誕生した、「MINIMAL LUXURY」をコンセプトに据える「瀬戸内リトリート 青凪」。以前は美術館としてその一部だけが公開されていたが、...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
スタジアムでの野球観戦、醍醐味のひとつとして欠かせないのが球場グルメです。各球場ごとの特色が出るのは本場アメリカも同じ。たとえばこの「チャチャボウル」は、...
いつもの醤油をちょっとだけアレンジしてみたら、あらら意外や意外、おいしい発見がありました。
インパクトのあるカラフルなイラストを得意とするMIKE HUGHESが描くのは、ジャンクフードに狂う人々。病的な感じもするけど、どこか幸せそうな人々の姿に...
一本釣りカツオ日本一の街でもある宮崎県日南市には、“おいしい魚” を食べさせるお店がたくさんあります。居酒屋もあれば、コース料理で楽しませてくれるところも...
昨日、一昨日に渡り、紹介してきた中野ブロードウェイもラスト。サブカル、古着と続く本日は、B級グルメ。何を隠そうブロードウェイは、和・洋・中と揃った飲食店か...
豊かな瀬戸内の幸のなかでも、とくに岡山県民が愛してやまないのが「サッパ」。ニシン科の魚で地域によって呼び名が違いますが、どちらかというと雑魚扱い。でも岡山...