世界に広まった「せともの」の謎は、愛知の瀬戸本業窯が教えてくれた

瀬戸焼をめぐる観光をしたいなら、「瀬戸本業窯(せとほんぎょうがま)」は外せない。

古い登り窯が残っていることや、きちんとしたギャラリーがあることもその理由だけれども、現代の瀬戸のルーツを垣間見ることができるからだ。瀬戸本業窯の八代 半次郎 後継である水野雄介さんは、黄瀬戸の皿を裏返してこう言った。

「ほらね、普通は作家名を彫り込むんですが、うちのものには無いんです。必要が無いから」。この言葉こそが、瀬戸が九谷や益子などの焼き物名産地と、一線を画すものである。

6489888656457728

本業は
実用プロダクト

5502585599426560

焼き物を趣味にしようと思ったら、いったいどれくらいのお金を使うことになるだろう……そんなイメージがあるかもしれない。

どの焼き物産地に行っても、桐の箱に入っている有名陶芸家の作が目に入る。でも、水野さんは本業窯の器「本業焼」を大事にするため、銘を入れないのだという。

4845647266054144

「瀬戸は、日本のどの土地よりも先に釉薬(ゆうやく・うわぐすり)を使い始めました。それまで、焼き物は水がしみ出してしまう素焼きのようなものでしたが、釉薬でガラス層を作ることで、耐水性を兼ね備えたんです」

5525734667845632

「瀬戸には、こうした実用品を革新してきたポテンシャルがあります。今でこそ銘が価値を生むのですが、当時は銘など必要がなかった。職人が作った実用品は、実用することで価値を生み出してきたわけです」

つまり、銘をいれて価値を証明する必要はない。本業焼には、プロダクトとしての価値がある。

本業は、プロダクトの価値自体で現代も勝負し続けているのだ。

90年前に滅びかけた登り窯を
昭和54年まで動かした

今でも、瀬戸の街には陶業が根付いている。しかし、従来の製法で器を作っている窯は少なく、車の部品や電気関係の部品、セラミック素材の長所を活かした産業へ転化した。その波に乗れなかった窯は、次々に廃業に追い込まれていった。

本業窯が今でも伝統的な窯業を続けられるのは、一度近代化の荒波に耐えたからだ。

「かつてこの山には、14連房の登り窯がありました。当時ギネスブックがあれば、きっと掲載されたと思います。ここだけでなく、瀬戸のいたるところに登り窯がありました。そのうちに、瀬戸周辺の木が燃料として切り尽くされてしまって、燃料は石炭になり、重油になり、今のガスや電気窯まで進化しました」

4919981338787840

「それに、登り窯を操業するには、人の手が必要でした。戦後、GHQの指導によって財閥が解体されたのと同じように、窯の共同体も解体されて、個人で窯を操業しなければいけなくなったのです。そうして、旧来の窯から段々と革新を遂げていき、瀬戸の街は繁栄を続けますが、この本業窯だけは頑なに登り窯での陶業にこだわったんですね。私の父は、おそらく登り窯に火を入れた最後の生き証人でしょう。本業窯は、登り窯を昭和54年まで使い続けました。まわりが効率化を進めて利益を高めていくなかで、相当つらい時代を過ごしていたと思います」

本業とは、瀬戸における旧来の焼き物のこと。その後の瀬戸の焼き物は「新生」と呼ばれて区別される。本業は固有名詞ではなかったが、水野一家が守り続けたことで「本業窯」が水野家の窯を指すことになった。

個性を大事にする時代が
コモディティ化を促進する

4883767516725248

石皿、馬の目皿、麦藁手、染付。本業が作るプロダクトは、芸術ではなく工芸としての美に溢れるものだ。瀬戸が、「自分たちのプロダクトだ」と胸を張って言えるものでもある。

瀬戸は、あまりに陶業に優れていたことから、日本に「陶磁器=瀬戸物」という言葉を浸透させるまでに至った。しかし、そのことが「瀬戸」の個性を見えづらくしているのも事実。どの産地の陶磁器でも、プリントものの茶碗でも、僕らは瀬戸物と呼んでしまっている。本来の「瀬戸焼」を瀬戸観光で見つけるのは至難の業だ。

「美大に行くと、個性を大事にしろ、個性を作品に出せ、と言われますよね。今は、土でも釉薬でも好きに取り寄せて自由な作陶ができる。でも、そればかりになると瀬戸から離れたものになっていってしまう。強いては、それがチェーン店ばかりの地方都市を創り出しているようにも思うのです」

と水野さん。

本業で「今」を味わう

4720335286960128

伝統を大事に守り続けてきた本業窯の脇には、かつて倉庫として使われていた建物をリノベーションした「窯横カフェ」がある。

店主の杉山奈津子さんは、名古屋での煌びやかな暮らしから一転、この瀬戸の街へやってきた。日本各地のワイナリーを巡っていたバイヤーだった。

4994062276886528

このカフェでは、窯職人のパワーフードだった「ごも(五目飯のこと)」などの伝統食も食べられるけれど、本業の馬の目皿や三彩に出てくる甘物がおいしい。

本業の器は、いわば雑器で、何をのせても絵になる。きっと昔から、こうして庶民の暮らしを支えてきたのだと思うと、馬の目皿の一枚でも買って帰りたいなと感じた。

瀬戸本業窯
住所:愛知県瀬戸市東町1-6
TEL:0561-84-7123

 

「窯横カフェ」
TEL:050-3576-9671

Photo by 稲垣正倫
取材協力:瀬戸市
瀬戸の奥へ奥へと向かうと、変わった壁に出会う。陶器で出来たアイコニックな幾何学模様は、瀬戸観光のパンフレットでは定番で、窯垣(かまがき)と呼ばれるものだ。...
瀬戸市の旧市街を彩る末広町の入り口に、「金福(きんぷく)」はある。炭火ではなく、昔ながらの琺瑯でできたガスコンロで一気に焼いていくと、かみ応えのあるホルモ...
自分の履きじわがついたデニムや、使い込まれて飴色になったヌメ革の財布。エイジングは、ライフスタイルに直結する楽しみだ。つい先日、愛知県の瀬戸市へ行ってきた...
愛知県・瀬戸市に窯を構える陶芸作家、「美山陶房」五代目の寺田鉄平氏が開講している陶芸教室では、初歩から高等技術まで教えてもらえる。80歳を超える老人も通う...
愛媛県松山市に誕生した、「MINIMAL LUXURY」をコンセプトに据える「瀬戸内リトリート 青凪」。以前は美術館としてその一部だけが公開されていたが、...
常滑(とこなめ)焼といえば急須。こう形容されるほど愛知県常滑市は、古くから日常雑器の生産で栄えてきた町。その常滑焼に、とってもカラフルなティーポットがあります。
大正11年に島根県松江市玉湯町で開窯した湯町窯。その代名詞ともなっている布志名焼のエッグベーカーは、名前の通り目玉焼き専門の陶器。普通はフライパンで作るも...
石川県を代表する伝統工芸、九谷焼。明歴元年(1655年)より作られてきたこの磁器は、一点一点丁寧に描かれた華やかな色絵が特徴です。「九谷は絵付けが命」と言...
ガンツウは、瀬戸内海沿岸の景勝地を漂泊しながら周遊する宿泊型の客船。広島県尾道市にあるベラビスタマリーナを発着地とし、宮島・音戸の瀬戸付近、直島・犬島など...
3つの「絶景」スポットが、香川県西部に集まっています。香川には直島や小豆島をはじめとする瀬戸内の島々もあるし、高松、丸亀、琴平なども当然有名です。本当に観...
以前、TABI LABOでも紹介した「guntû(ガンツウ)」。瀬戸内海を周遊する宿泊型の客船で、ついに2017年10月17日(火)に就航するそうです。一...
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
瀬戸内海に浮かぶ島々を舞台に開催される「瀬戸内国際芸術祭」。そのイメージもあってか、四国にはどちらかというと「海」のイメージがありませんか?いえいえ、張り...
子供が生まれたことををきっかけに、家族とともに東京から大三島に移住した小松洋一さんは、島の名産であるみかんを使った「みかん酵母パン」作りに励んでいる。大三...
岐阜県の南に位置する、各務原市。「かかみがはら」とも「かかみはら」とも「かがみがはら」とも呼ばれる、正式名称すら曖昧な街に、昨年秋、新しい風を吹き起こすカ...
ここでは、宮崎県・日南市の「旅行の前にチェックしておきたい5つの魅力」を紹介します。大型クルーズがやってきたり、広島東洋カープのキャンプ地であること、さら...
豊かな自然と温暖な気候が魅力の淡路島。ご存知の通り、甘くて柔らかい「玉ねぎ」が有名な、瀬戸内海最大の島です。実はいま、そんな特産品を使った「淡路島カレー」...
おいしいコーヒーと、グルテンフリーのフードメニューで人気のカフェ「ことりうさぎ」は、秋田県北東部の鹿角市にある。温泉やスキー場といった北国らしい魅力はたく...
ミシュランガイドに載るほど外国人人気が高いという島根の世界遺産・石見銀山。今年で世界遺産登録10周年を迎え、日本の産業を支えた重要な世界遺産でありながら、...
豊かな瀬戸内の幸のなかでも、とくに岡山県民が愛してやまないのが「サッパ」。ニシン科の魚で地域によって呼び名が違いますが、どちらかというと雑魚扱い。でも岡山...