愛知・瀬戸にある「窯垣の小径」は、素朴なリサイクルアートだった

瀬戸の奥へ奥へと向かうと、変わった壁に出会う。陶器で出来たアイコニックな幾何学模様は、瀬戸観光のパンフレットでは定番で、窯垣(かまがき)と呼ばれるものだ。

かつての窯業の中心地にこの窯垣が集まっているので、「窯垣の小径(かまがきのこみち)」と名付けられた観光エリアもある。しかし観てほしいのはメインスポットだけではなく、その周りに潜む天然の窯垣たちだ。

忘れ去られはじめていた
瀬戸のリアル

窯垣は、今でこそ美しく並べられた模様が目を惹くが、かつては積極的に “美しさ” を求めて並べられたものではない。瀬戸市の至るところにあった登り窯の生産過程で出る廃棄物の処理に困り、石垣の代わりに作られたものだった。つまり、実用を兼ねたリサイクルだったのだ。

しかし民芸運動を興した柳宗悦がこの地を訪れたときに「窯垣は、美しい。大事にしたほうがいい」と言ったものを、今も残る本業窯の6代目当主が心にとどめ、窯垣を守る運動を始めたという。その時すでに、窯垣の上に家を建てている人たちですら、なぜこのような模様をしているのかわからなくなっていたほど、過去のものになっていた。

今は、本業窯の当主をはじめとした地元の有志の努力によって、次第に街全体で保護するようになったという。市が整備した「窯垣の小径」も、かつては急な斜面に切り立つ難所だったはずだが、今では絶好の散歩道だ。

柳宗悦の目を止めた
「素朴さ」

小径を歩くだけでも、窯業の中心地だった洞町を眺めることができて十分に感慨深いのだけれど、時間があれば道を外れていってみてほしい。美しく工夫を凝らした窯垣があったり、無作為に重ねていっただけの素朴なものや、あまりきれいに並べてもいない、出来損ないとも言える窯垣もある。

これらが、長年ともなった苔をむしていたり、絶妙なエイジングを経ていて美しいのだ。

「窯垣の小径」の資料館で
おばあちゃんが教えてくれた

なぜゆえに窯垣ができたのか。そもそも、器でもなんでもない円柱と板は、なんだったのか。その謎を解くカギは、小径の傍らにある資料館で見つかる。

80歳を超えるおばあちゃんたちがボランティアで案内している資料館、門をくぐると最初に目に入るのがこの棚だ。

巨大な窯の内部空間に、無駄なく焼き物を詰めるためには、高温に耐える棚を作る必要があった。絶えず1300度の高熱にさらされる、これら棚の構成物「エンゴロ(製品を保護するための器)、エブタ(棚板)、ツク(棚板を支える柱)」は、繰り返し使われることで傷み、廃棄物となる。

おばあちゃんたちはビデオを上映しながら、どうやって瀬戸の男衆が棚板を組み上げて、熱気の立ち上る窯の前で燃料を入れ続けたのかを、とくとくと説明してくれた。

窯垣の小径
住所:愛知県瀬戸市仲洞町
駐車場あり(33台)

 

窯垣の小径資料館
住所:愛知県瀬戸市仲洞町39
TEL:0561-85-2730
営業時間:10:00〜15:00
定休日:水曜日

Photo by 稲垣正倫
取材協力:瀬戸市
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
瀬戸焼をめぐる観光をしたいなら、愛知県の瀬戸市にある「瀬戸本業窯(せとほんぎょうがま)」は外せない。古い登り窯が残っていることや、きちんとしたギャラリーが...
愛知県・瀬戸市の魅力を短期集中的に味わうなら、ビッグイベントへ。例えば、毎年11月上旬に開かれる「ゆるり秋の窯めぐり」では、普段見ることのできない窯元が開...
瀬戸市の旧市街を彩る末広町の入り口に、「金福(きんぷく)」はある。炭火ではなく、昔ながらの琺瑯でできたガスコンロで一気に焼いていくと、かみ応えのあるホルモ...
ちょっとした工夫が凝らしてあるカレンダー「ロールカレンダー 2019」。巻物式になっていて、表示期間も調節可能。
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
愛知県・瀬戸市にきたら、だいたい宿泊先は「瀬戸パークホテル」になる。そもそも街中に泊まれるホテルが少ないのも理由のひとつだが、深川神社の境内のなかにあると...
B級グルメの代表格「ご当地焼きそば」は、愛知県の瀬戸市にもあった。一見するとなんの変哲もない茶色い普通の焼きそばだけど、食べてみると甘みがある。立ち寄った...
自分の履きじわがついたデニムや、使い込まれて飴色になったヌメ革の財布。エイジングは、ライフスタイルに直結する楽しみだ。つい先日、愛知県の瀬戸市へ行ってきた...
愛知県・瀬戸市に窯を構える陶芸作家、「美山陶房」五代目の寺田鉄平氏が開講している陶芸教室では、初歩から高等技術まで教えてもらえる。80歳を超える老人も通う...
39階からの夜景×ワイン×本格タイ料理 オーストラリア発のモダン・タイ・レストランLongrain TOKYO〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目...
子供心に、なぜ食器には青い絵が描いてあるのか不思議だった。で、今はなんで青い絵が描かれている食器があんなに高いのか不思議だ。せっかくなので、愛知・瀬戸市に...
「Trace Face」は、愛知県瀬戸市の陶磁器メーカー、エムエムヨシハシの職人が作る手彫り型で作ったもの。堅いイメージのある陶磁器に、柔らかい雰囲気の手...
愛知県犬山市は、そびえ立つ古城が名所の中心である一方、近年はその周りにおしゃれなお店など多様な価値観が出現した。すると面白いことに、歴史コンテンツがまた改...
季節のフルーツ、それも地元産を使ったカラフルで見た目もかわいい「アレンジドリンク」。国宝「犬山城」をいだく愛知県犬山市。現存する日本最古の天守閣と、歴史を...
イタリアにある「ピサの斜塔」は、2001年に終わった改装工事のおかげで、その傾きを40cmくらい改善できました。それから17年の間に、ちょっとだけまっすぐ...
愛知県犬山市(いぬやまし)は、日本最古の城「犬山城」がそびえ立ち、雰囲気のいい城下町が今も元気だ。そこに、かつてはタカラヤという名の家具屋さんだった、5階...
新進気鋭のアーティストが手がける作品に彩られた「アートホテル」。ここに宿泊するだけで、誰でもアーティストのパトロンになれるーー。そんな新しいビジネスモデル...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
「手羽先の唐揚げ」は油でカリッと揚げたあと、甘辛い秘伝のタレとスパイス、ゴマを振っていただきます。皮のパリっとした食感とジューシーな肉のうま味、さらにゴマ...
常滑(とこなめ)焼といえば急須。こう形容されるほど愛知県常滑市は、古くから日常雑器の生産で栄えてきた町。その常滑焼に、とってもカラフルなティーポットがあります。
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...
厳島神社、鳥取砂丘、出雲大社など、人生で一度は訪れてみたい観光スポットが「国立公園」の区域内に位置している中国地方、四国地方。日本を代表するような魅力的な...