棄てずにリサイクルし、それは孫の孫の代まで楽しめるアートになった

瀬戸の奥へ奥へと向かうと、変わった壁に出会う。陶器で出来たアイコニックな幾何学模様は、瀬戸観光のパンフレットでは定番で、窯垣(かまがき)と呼ばれるものだ。

かつての窯業の中心地にこの窯垣が集まっているので、「窯垣の小径(かまがきのこみち)」と名付けられた観光エリアもある。しかし観てほしいのはメインスポットだけではなく、その周りに潜む天然の窯垣たちだ。

忘れ去られはじめていた
瀬戸のリアル

5293692617228288

窯垣は、今でこそ美しく並べられた模様が目を惹くが、かつては積極的に “美しさ” を求めて並べられたものではない。瀬戸市の至るところにあった登り窯の生産過程で出る廃棄物の処理に困り、石垣の代わりに作られたものだった。つまり、実用を兼ねたリサイクルだったのだ。

しかし民芸運動を興した柳宗悦がこの地を訪れたときに「窯垣は、美しい。大事にしたほうがいい」と言ったものを、今も残る本業窯の6代目当主が心にとどめ、窯垣を守る運動を始めたという。その時すでに、窯垣の上に家を建てている人たちですら、なぜこのような模様をしているのかわからなくなっていたほど、過去のものになっていた。

今は、本業窯の当主をはじめとした地元の有志の努力によって、次第に街全体で保護するようになったという。市が整備した「窯垣の小径」も、かつては急な斜面に切り立つ難所だったはずだが、今では絶好の散歩道だ。

柳宗悦の目を止めた
「素朴さ」

6177204702543872

小径を歩くだけでも、窯業の中心地だった洞町を眺めることができて十分に感慨深いのだけれど、時間があれば道を外れていってみてほしい。美しく工夫を凝らした窯垣があったり、無作為に重ねていっただけの素朴なものや、あまりきれいに並べてもいない、出来損ないとも言える窯垣もある。

これらが、長年ともなった苔をむしていたり、絶妙なエイジングを経ていて美しいのだ。

46767586829926405778412962578432

資料館のおばあちゃんが
教えてくれた

なぜゆえに窯垣ができたのか。そもそも、器でもなんでもない円柱と板は、なんだったのか。その謎を解くカギは、小径の傍らにある資料館で見つかる。

6536285711761408

80歳を超えるおばあちゃんたちがボランティアで案内している資料館、門をくぐると最初に目に入るのがこの棚だ。

巨大な窯の内部空間に、無駄なく焼き物を詰めるためには、高温に耐える棚を作る必要があった。絶えず1300度の高熱にさらされる、これら棚の構成物「エンゴロ(製品を保護するための器)、エブタ(棚板)、ツク(棚板を支える柱)」は、繰り返し使われることで傷み、廃棄物となる。

おばあちゃんたちはビデオを上映しながら、どうやって瀬戸の男衆が棚板を組み上げて、熱気の立ち上る窯の前で燃料を入れ続けたのかを、とくとくと説明してくれた。

窯垣の小径
住所:愛知県瀬戸市仲洞町
駐車場あり(33台)

 

窯垣の小径資料館
住所:愛知県瀬戸市仲洞町39
TEL:0561-85-2730
営業時間:10:00〜15:00
定休日:水曜日

Photo by 稲垣正倫
取材協力:瀬戸市
瀬戸焼をめぐる観光をしたいなら、愛知県の瀬戸市にある「瀬戸本業窯(せとほんぎょうがま)」は外せない。古い登り窯が残っていることや、きちんとしたギャラリーが...
瀬戸市の旧市街を彩る末広町の入り口に、「金福(きんぷく)」はある。炭火ではなく、昔ながらの琺瑯でできたガスコンロで一気に焼いていくと、かみ応えのあるホルモ...
自分の履きじわがついたデニムや、使い込まれて飴色になったヌメ革の財布。エイジングは、ライフスタイルに直結する楽しみだ。つい先日、愛知県の瀬戸市へ行ってきた...
愛知県・瀬戸市に窯を構える陶芸作家、「美山陶房」五代目の寺田鉄平氏が開講している陶芸教室では、初歩から高等技術まで教えてもらえる。80歳を超える老人も通う...
描いているのは、ブラジルに住む韓国人のおじいちゃん。孫たち(12歳のArthur、11歳のAllan、2歳のAstro)は、韓国とニューヨークに住んでいて...
新進気鋭のアーティストが手がける作品に彩られた「アートホテル」。ここに宿泊するだけで、誰でもアーティストのパトロンになれるーー。そんな新しいビジネスモデル...
陽気に踊り出すおばあちゃんと、それを一緒に楽しんでいる孫のロス・スミスさん。仲が良すぎて、一見いじめているようにしか見える動画もありますが、おばあちゃんは...
チーズや鳥小屋を模した、一風変わったツリーハウスが点在する空間。ここは、長野県小諸市にある「安藤百福センター」の森の中です。
このプロジェクトの大きな目玉となるのは、佐賀の歴史と地理を語る上で欠かすことのできない、佐賀県がもつふたつの海「有明の海と玄海」をモチーフにした夜景プロジ...
3つの「絶景」スポットが、香川県西部に集まっています。香川には直島や小豆島をはじめとする瀬戸内の島々もあるし、高松、丸亀、琴平なども当然有名です。本当に観...
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。
ここでは、宮崎県・日南市の「旅行の前にチェックしておきたい5つの魅力」を紹介します。大型クルーズがやってきたり、広島東洋カープのキャンプ地であること、さら...
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
常滑(とこなめ)焼といえば急須。こう形容されるほど愛知県常滑市は、古くから日常雑器の生産で栄えてきた町。その常滑焼に、とってもカラフルなティーポットがあります。
店頭、もしくは電話予約でのみ注文を受けつけ、そこから約10日ほど待ってようやく出会えるお菓子があります。岐阜県大垣市、わざわざ訪ねてでも手に入れたくなる「...
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
アートってよくわからなくて難しい…と、頭で考えるよりも五感をフルに働かせて感じる。体験型の巨大なアート作品が、岐阜県養老郡にあります。「楕円形のフィールド...