瀬戸の焼き物職人を支えたホルモンの名店「金福」

愛知県の「瀬戸」は、狭戸から来ていて、ざっくり言うと谷地だ。

この谷地の山肌に、戦前まで陶器を焼く「登り窯」と呼ばれるものがいくつもあった。住民のほとんどが窯業に従事していて、好景気を維持していた。なにせ当時の職人たちは月2回の給与日があり、宵越しの金を持つ男などいなかった、なんて話もある。そんな瀬戸では、男衆を支えるための食文化が根付いていた。

瀬戸では
精肉より、ホルモン

「瀬戸蔵ミュージアム」にて

登り窯は、年に数回ほど生産に入る。数千の器が大量の薪で1300度まで熱されて、90時間もの間、最適な火の状態を保つ。「焼き手」は最も責任が重大だったため、手取りも一番多かったそうだ。

瀬戸は古い工業都市であって、陶芸というより窯業。だから、すべてが分業制で、焼き手の他に、絵付師、ろくろ師らが各工程にプライドを持って臨んでいた。ともかく、陶器を焼くことは大変な重労働でチーム作業だったのだ。そんな窯職人たちが求めたのは、精肉ではなくホルモンだった。

今でも、瀬戸市民は焼き肉と言えば、ホルモンを食べるという。かつて瀬戸ではホルモンは「センマイ」と呼ばれていて、網ではなく鉄板で、もやしと一緒に味噌で炒めて食べられていた。焼き肉屋よりも「センマイ屋」が多かったほどだ。部位のセンマイとはまた違う。

窯職人が通った名店
焼肉「金福」

瀬戸市の旧市街を彩る末広町の入り口に、「金福(きんぷく)」はある。

いま、この旧市街を歩くと、特別な日以外はそのほとんどがシャッターを閉めてしまっている。名画座や寿司屋跡が、過去の栄華をのぞかせる。末広町は、深川神社から続くかつてのメインストリートであって、ここでお金を使うことが粋な職人の姿だったのだ。金福の親父はこう教えてくれた。「違う窯元が同じ日に来ると、金の使い方で張り合ってくれたもんよ」。

炭火ではなく、昔ながらの琺瑯でできたガスコンロで一気に焼いていくと、かみ応えのあるホルモンが楽しめる。もちろん、カルビやタンもうまいけれど、やはり瀬戸ではホルモンをメインに据えるのが礼儀のようだ。

塩ミノ、塩ホルモンを食べながらビールをグビグビ飲む。量を食べたい学生のために作ってしまったサービスメニュー(?)もあるようなので、じっくり通ってみたいとも思う。地元の人にとっては、運動会や花見のときにホルモンをテイクアウトしていったような、家族との思い出に寄り添った名店だ。

観光ガイドに載っているようなタイプの店ではないが、45年もの間育ててきた肉を見る目が、親子二代で大事にされている。そして、今も多くの陶芸作家が通う。

〆は、マジで辛い韓国スープか、金福特製の醤油ラーメン。韓国スープにはライスを入れるとこれまた美味しい。

「金福」
住所:愛知県瀬戸市末広町1丁目31
TEL:0561-82-9522

Photo by 稲垣正倫
取材協力:瀬戸市
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
「Trace Face」は、愛知県瀬戸市の陶磁器メーカー、エムエムヨシハシの職人が作る手彫り型で作ったもの。堅いイメージのある陶磁器に、柔らかい雰囲気の手...
愛知県・瀬戸市にきたら、だいたい宿泊先は「瀬戸パークホテル」になる。そもそも街中に泊まれるホテルが少ないのも理由のひとつだが、深川神社の境内のなかにあると...
瀬戸焼をめぐる観光をしたいなら、愛知県の瀬戸市にある「瀬戸本業窯(せとほんぎょうがま)」は外せない。古い登り窯が残っていることや、きちんとしたギャラリーが...
アメリカ・オクラホマ州タルサでは、そんな彼らを好待遇で受け入れているんです。例えば、移住をすれば約110万円(10万ドル)が支給されるそう。さらに、月に約...
北モンゴルのタイガの森で暮らすトナカイの遊牧民「ツァータン」の家に宿泊できるAirbnbプラン。ローカルフードも食べられてカルチャー体験もできる濃いプラン。
愛知県・瀬戸市の魅力を短期集中的に味わうなら、ビッグイベントへ。例えば、毎年11月上旬に開かれる「ゆるり秋の窯めぐり」では、普段見ることのできない窯元が開...
B級グルメの代表格「ご当地焼きそば」は、愛知県の瀬戸市にもあった。一見するとなんの変哲もない茶色い普通の焼きそばだけど、食べてみると甘みがある。立ち寄った...
自分の履きじわがついたデニムや、使い込まれて飴色になったヌメ革の財布。エイジングは、ライフスタイルに直結する楽しみだ。つい先日、愛知県の瀬戸市へ行ってきた...
子供心に、なぜ食器には青い絵が描いてあるのか不思議だった。で、今はなんで青い絵が描かれている食器があんなに高いのか不思議だ。せっかくなので、愛知・瀬戸市に...
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
瀬戸の奥へ奥へと向かうと、変わった壁に出会う。陶器で出来たアイコニックな幾何学模様は、瀬戸観光のパンフレットでは定番で、窯垣(かまがき)と呼ばれるものだ。...
愛知県・瀬戸市に窯を構える陶芸作家、「美山陶房」五代目の寺田鉄平氏が開講している陶芸教室では、初歩から高等技術まで教えてもらえる。80歳を超える老人も通う...
愛知県犬山市は、そびえ立つ古城が名所の中心である一方、近年はその周りにおしゃれなお店など多様な価値観が出現した。すると面白いことに、歴史コンテンツがまた改...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
厳島神社、鳥取砂丘、出雲大社など、人生で一度は訪れてみたい観光スポットが「国立公園」の区域内に位置している中国地方、四国地方。日本を代表するような魅力的な...
Samira Kazanさんは、栄養のバランスをしっかり考慮しつつ、遊び心を交えたレシピの研究をしています。
栃木県小山市で予約の取れない焼肉店「うしやのせがれ」をご紹介。牛農家の息子が厳選する、おやま和牛を中心としたその日一番いい肉の盛り合わせや、名物の赤身肉3...
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...
愛知県犬山市(いぬやまし)は、日本最古の城「犬山城」がそびえ立ち、雰囲気のいい城下町が今も元気だ。そこに、かつてはタカラヤという名の家具屋さんだった、5階...
愛媛県松山市に誕生した、「MINIMAL LUXURY」をコンセプトに据える「瀬戸内リトリート 青凪」。以前は美術館としてその一部だけが公開されていたが、...
四国の西端、愛媛県にある八幡浜市(やわたはまし)。立地と気候に恵まれるこの街は、愛媛県のなかでも有数の「みかん」の生産量。山には段々畑が広がっていますが、...
沖縄県・那覇市の国際通りから少し入ったところ。県庁前駅の近くにある「焼肉バカ一代」。どんな気分のときに行くべきか? もちろん、バカになりたいときだと思うん...
季節のフルーツ、それも地元産を使ったカラフルで見た目もかわいい「アレンジドリンク」。国宝「犬山城」をいだく愛知県犬山市。現存する日本最古の天守閣と、歴史を...