コーヒーを語るとき、「名古屋カフェ」に触れないわけにはいかない。

名古屋育ちの私にとって、喫茶店でコーヒーを頼むとピーナッツが付いてきたり、午前中にコーヒーを頼むとモーニングがついてくることはけっこう普通のことで、逆に何もないと「ちぇっ、せっかく喫茶店に来たのにコーヒーだけかぁ…」と、軽く落ち込んだりします。

普通はコーヒーを頼んだら、コーヒーだけが来るもんなんですけどね。名古屋仕込みの変な概念が染み付いています。

9c57dea5588c8f7f255358c35cc63ec78a708559

名古屋のコーヒーと
モーニング

でも最近「名古屋のモーニング」が脚光を浴びつつあって、名古屋人の私は嬉しい限りです。たとえばコメダ珈琲なんかが有名どころですよね。私はコメダのコーヒーの味を誇っているわけではないんですが、県外の人の心を惹かせるものがあまりない名古屋の名物となってくれているコメダには感謝しています。東京の友だちが出張で名古屋に来て、「とりあえずコメダ」なんて言ってくれると、嬉しいですよ、やっぱり。

名古屋は「午前中にコーヒーを頼むとモーニングが付いて来るでしょ!」という期待値が高すぎて、モーニングをつけない喫茶店は人気がなくなってしまったりするのか、ほとんどのお店でついてきます。

コーヒーにこだわっている喫茶店ももちろんありますが、味うんぬんよりも、タダでモーニングが食べられる“お得感”こそが名古屋の喫茶店の特徴ですね。それはそれでいいと私は思います。

名古屋メシは
イノベーション?

以前、TABI LABOのCEOである久志さんが名古屋に来て一緒にごはんを食べたときに「名古屋メシはイノベーションだと思う」と言ってくれたのが、とても嬉しかったのを覚えています。

名古屋で育った私には、名古屋メシが「既存の物と何かを組み合わせて新しい食べ物としてできたものが多い」っていう考察は、思い浮かんだこともなかったですから。

たとえば味噌カツは、味噌もあったしカツもずっと前からあったもの。それを組み合わせちゃったわけですし、コーヒーだってモーニングは別に支払いをして購入するものだったのに、組み合わせてひとつにしちゃってるわけですから、そう言われてみると名古屋にはもったいないくらいのカッコいい言葉ですが、やっぱり「イノベーション」なのかなと思います。

でも、Instagramで「#名古屋メシ」って検索すると、もう全面茶色ばっかり…。そこが名古屋らしいとこなんですけどね。

敷居の低さが心地いい
「ホットコーヒー、ひとつ」

もうひとつ、名古屋の喫茶店文化が強い理由としてよく言われていることは、とにかく居心地がいい、ということ。ふかふかのソファがあって、雑誌や新聞がたくさん。いまだにタバコを吸えるところも多いですし、お店の中も気取っていないので、気後れすることもなく、なんだか自分の家でゆっくりしてるような感覚になれます。

おいしいコーヒーの味に専念する、おしゃれなサンフランシスコのサードウェーブカフェの反対極という感じです。

格好つけずに、誰でもどんな年齢でもどんな服装でも行けて、小難しいサイズの名前や豆のあれこれをスムーズに言えなくても「ホットコーヒー、ひとつ」で注文できる敷居の低さが名古屋の喫茶店なんです。

5607fdc3436bcdf2bddde1bc6166fe786f19c1f0

でも、そんな喫茶店文化の根強い名古屋にも、最近はサードウェーブカフェが増えてきました。サードウェーブの風潮や豆の種類、淹れ方などをテレビで見たりするうちに、実は昔からちゃんと豆の原産国などが表記されていた喫茶店のメニューに、お客さんが関心を払うようになってきているように思います。

もともとコーヒーが好きな人たちなので、その辺に関心を持ち始めたら、名古屋のコーヒー文化も急成長するかもしれません。それともまた、新しいコーヒーイノベーションが作られたりして!?

メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
チューインガムの原材料を見直したら、必要なのは6つだけだった。
「え、そんなとこにも?」という国のワインをご紹介。チュニジアのロゼワイン「シディ・ブライム」は地中海性気候の恩恵を受けた1本。何か御礼の贈り物にするのに歴...
みなさんは旅行へ行くとき、カフェやレストランなどを事前にリサーチするタイプですか?見知らぬ土地の食べ物や飲み物で冒険するのは、なかなか勇気がいることです。...
お客さんも店主も楽しみながら“試せる”リアル空間「BPM」。その魅力について、カフェオーナー第一号のバリスタ窪田秀平さんにインタビュー!新しいことに挑戦す...
前回、今の日本のカフェブームは「サードウェーブ」というコーヒーのトレンドの波にがっつり乗った形、ということをお話ししましたが、じつはこのサードウェーブ、日...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
おいしいコーヒーと、グルテンフリーのフードメニューで人気のカフェ「ことりうさぎ」は、秋田県北東部の鹿角市にある。温泉やスキー場といった北国らしい魅力はたく...
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!
カフェってPC作業に集中できるけど、あまり良く感じない人もいるみたい。たしかにコーヒーを楽しむ空間でカタカタと隣で仕事をされると…。あなたはどう思う?
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
気づけば鼻歌を歌っているときって、たぶん、かなりの確率で、いいことがあったときかリラックスしているときなんだと思います。今回紹介するのは「そんな状態」がコ...
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...