旅とコーヒーと、行き当たりばったり(長野・松本)

みなさんは旅行へ行くとき、カフェやレストランなどを事前にリサーチするタイプですか?

見知らぬ土地の食べ物や飲み物で冒険するのは、なかなか勇気がいることです。海外は特に、注文の仕方も違ったりメニューもわけのわからないものばかりで怖い!という思いから、結局何が出てくるのか想像がつくマクドナルドやスターバックスに逃げがち。わかります。

いくら英語が話せてもそれは私も同じで、海外でコーヒーが飲みたくなったときは、意外と安全パイのスタバに寄ることが多いです。

カフェ巡りをするなら
「Good Coffee」

でも「今回はカフェ巡りの旅だ」というマインドセットのときは、ご当地の有名なカフェを調べ、場所や行き方をチェックして、効率よく回れる準備をします。でも普段の旅行ではコーヒーのことを書いていながら、結構その辺りは行き当たりばったりなんです。(いい加減ですいません)。普通の旅行のときは、ふといい感じのカフェや喫茶店なら入ってみよう、というタイプです。

ちなみに「カフェ巡りの旅」のときに私がよく利用させてもらうのが「Good Coffee」です。国内外のおいしいカフェやロースターを紹介しているサイトで、おもしろいのが、サイトの運営者のみなさんが、実際にそのお店に行ってコーヒーを飲んで、彼らが認めれば載せるという「絶対にいいコーヒーだけ」という徹底ぶり。オススメです。

じつは私も、彼らと一緒にサンフランシスコでカフェ巡りをしました。たくさんのカフェを周って、コーヒーを飲みまくり、完全にカフェインハイな旅でした。でもやっぱりその旅で訪れたカフェの全部を載せているわけではなく、ちゃんと彼らのスタンダードに合ったカフェのみが掲載してありました。

さて、先日は長野県の松本へ行って来たんですが、今回は「行き当たりばったり」のほうで攻めました。でも意外とそのほうが先入観や変な期待がなく、いいコーヒーに出会ったりするのかも? なんて思うほど、行き当たりばったり大成功でした。

本物のレトロを感じる
「珈琲まるも」

9a3fcf65a8d633c31ae1e3d2849b3d0c5fc65e19

まずはこちら。風情ある佇まいの「珈琲まるも」です。松本の観光スポット、中町通りを歩いていたら目に飛び込んで来ました。でも後から調べたら、松本の喫茶店といえばココ!だったらしいのです。やっぱり、有名どころは引き寄せられますね。

Ca911afd4c73260cd1da8fe63c5be1e31d336d1e67e10155bf494e204edef61ac4de84b8b2a61e00C013bb5cbf350445eee6572dc921d6fb72519a40

この喫茶店は「旅館まるも」の一部なんだそうです。旅館は今でも営業中。

店内はレトロな松本民芸家具で揃えられていて、クラシック音楽とマッチしていました。最近サードウェーブのカフェはレトロな造りに新しいカフェ文化を吹き込んでいるところが多いですが、ここは本当のレトロ。

私は「炭火焼き珈琲」をいただきましたが、なんだかシアトルを思い出すコクのある深煎りでした。ほんのり炭火の風味もあって、私好みのお味。友人が飲んでいた「まるもブレンド」もちょっと飲ませてもらったんですが、こちらは炭火焼きと全然違ってフルーティな柑橘系の味。飲み口爽やかで夏の日に合うコーヒーだなと思いました。同じ店でこんなにも違う味のコーヒーを味わえるのも珍しいことです。

海外カフェの雰囲気が味わえる
「High-Five COFFEE STAND」

5d2360df616f609dba43e99b621d6fe7691cc48f

そしてもう一軒。先ほどはレトロな喫茶店に入ったこともあり、次に目を引かれたのは、やはり新しいオシャレさ。松本駅から歩いているときに見つけた「High-Five COFFEE STAND」という自家焙煎のコーヒースタンドへ入りました。

なんだか海外のカフェに来ているような、そんな雰囲気を味わえるカフェでした。シングルオリジンをハンドドリップでいただいたのですが、深みがあって私好みのコーヒーでした。

A4d6680e7d2ee633a9d3e23a58cbbefae8b6c687

行き当たりばったりで入ってみたカフェですが、どちらもふらっと引き寄せられただけあって、素敵な空間でとてもおいしいコーヒーをいただくことができました。自分の感覚だけを信じてふらっと入るのも、また旅の醍醐味なのかもしれません。

今回のように、見かけて入ったお店が意外とガイドブックに載っているような名店だったりすることもあります。おいしかったら嬉しいですし、あまり好みじゃなかったとしてもまた旅の思い出として残るものです。

旅先での行き当たりばったりカフェ、おすすめです。

名古屋育ちの私にとって、喫茶店でコーヒーを頼むとピーナッツが付いてきたり、午前中にコーヒーを頼むとモーニングがついてくることはけっこう普通のことで、逆に何...
玄米を焙煎してつくるコーヒーがあります。“飲むマクロビ”の異名が付くように、美容・健康面ばかりに目が行きがちですが、ここに紹介するプロダクトは、その製法に...
前回、今の日本のカフェブームは「サードウェーブ」というコーヒーのトレンドの波にがっつり乗った形、ということをお話ししましたが、じつはこのサードウェーブ、日...
多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。そんなシンガポールにだんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せていると聞き、遊びに...
お店の名前でもある「ONIBUS」は、コーヒー大国ブラジルの公用語ポルトガル語で「公共バス」「万人の為に」という意味なんだそうです。今回、インタビューした...
奥渋にある「CAMELBACK sandwich&espresso」。コーヒー担当の鈴木啓太郎さんとサンドウィッチ担当の成瀬隼人さん(元寿司職人)のふたり...
ニューヨークで今もっとも影響力を持つ10人が、どのようにコーヒーを朝の生活に取り入れているか。お気に入りのコーヒーとともに紹介されています。最新のコーヒー...
美味しい珈琲はもちろん、店内に流れる空気や音楽、お客さん同士の語らいやスタッフの笑顔など、すべてが「美味しさ」につながる、東京渋谷界隈のおすすめのコーヒー...
人の手で作られた、ぬくもりを感じさせるものは、なにも形あるものだけに限りません。『I Love Coffee』は、シアトル在住の岩田リョウコさんが、香りを...
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
安定して手軽においしいコーヒーを自宅でも楽しみたい人向けに開発されたコーヒーメーカー「GINA」は、アプリが分量や蒸らし時間をすべて計算して手助けしてくれます。
シアトルで「I Love Coffee」(こちら日本語版)というサイトを始めて、もうすぐ5年が経ちます。コーヒーのサイトを運営していると、やっぱりコーヒー...
2016年3月10日、東京・青山に新たなコーヒースタンド「THE LOCAL」がオープンしました。この店、ある画期的なオーダーシステムを採用しているんです...
(前回のつづき)。じつは私、つい先日地球の裏側にあるコーヒー大国「ブラジル」へ行って来ました。ブラジルの有名なバリスタさんが、日本から来た私をブラジルのコ...
世界で1番コーヒーがよく飲まれていると言われる「北欧」。私の住むシアトルは、冬場は朝9時過ぎにやっと明るくなったかと思うと夕方4時には暗くなるのですが、北...
実は私、つい先日地球の裏側にあるコーヒー大国ブラジルへ行って来ました。そう、コーヒー生産国世界ナンバー1の国です。世界で出回っている3分の1はブラジルのコ...
シアトルは自家焙煎の豆を使ったカフェが多いのも特徴です。そういうところは大抵、お店の名前が「〇〇〇ロースター」となっています。そこに誇りを感じますね。古き...
この夏、まことしやかに囁かれている新たなコーヒーブームがあるそうな。なんでも、ブルックリンにある幾つかのコーヒーショップで、コーヒーとレモネードをカップリ...
いつの間にか、私たちの暮らしに欠かすことが出来なくなったコーヒー。そんな何気ない日常のカップの奥底には、遙かなるコーヒー豆たちの冒険が隠されている。果たし...
シアトルに住んで、もうすぐ8年になります。シアトルというと「コーヒー」とか「雨」というイメージが強いと思いますが…正解です。まったく裏切りません。本当にコ...