東京・青山にコーヒースタンド「THE LOCAL」がオープン。え?ドリップの待ち時間なし!?

2016年3月10日、東京・青山に新たなコーヒースタンド「THE LOCAL」がオープンしました。この店、ある画期的なオーダーシステムを採用しているんです。

店外からスマホで注文。
ドリップ後にピックアップ

0a60949148cd6b26cf9e5a9e3cfd09209b448e75

お店で注文してからドリップされるまで、このしばしの待ち時間をゼロにしたのがTHE LOCAL。一分一秒を争うビジネスマン向き?というわけではないでしょうが、とにかく慌ただしい時間に「待つ」ことを避けたい人にはおあつらえのサービスです。

お店の外からスマホで注文すれば、抽出するタイミングに合わせてメッセージが届き、カウンターでは受け取るだけでOKという仕組み。その背景にあるのが、モバイルウォレットサービス「O:der(オーダー)」を利用したモバイルオーダー&ペイメントシステム(O:der by Self)です。もちろん、お店で現金を出す必要もありません。

0fb490cecceabec3a2a8864411516a091283c341

スマホにアプリさえ入れておけば、メニューを見ながら店の外からでも事前に注文が可能。

Fed35b5c511aae8eeb58b2966d4f0bd9b45d7dff

一方、お店では注文が入るとスマートウォッチにメッセージが届きます。オーダーを確認してドリップ開始。抽出が終了すると、今度はその情報がお客のスマホへ。レジ待ちやドリップの待ち時間はすべてなし。あとはカウンターでスマホ画面を見せてコーヒーを受け取るだけ。

B20d282f3a5cb37a9267e81f2096a6e3adb0ea3fC2a64681ebdca3c4d5c296b39db155bf83f3b22f

もちろん、店内でゆっくり注文したコーヒーがドリップするのを待っていてもOK。その場合は、こちらのデジタルサイネージを要チェック!まるで空港のフライトスケジュールのように、注文状況がリアルタイムに可視化されていているから、自分のコーヒーがいま、どの状態にあるかが一目で分かります。

国内外の人気ロースターが
毎月、厳選豆をセレクト

96503b5b4123ce6c1374290b87fb5a50325ce08503929afe21364ded3685a949f0a24210862c37d3

斬新な注文システムゆえ、そればかりを先に紹介してきました。が、もちろんコーヒーだって本格派。
たとえば、サンフランシスコを代表する「Ritual Coffee Roasters」のコーヒー豆は、日本初上陸。西海岸サードウェーブ系の中心的ロースターと言われるEileen Hassi氏の意向で、これまでクオリティをコントロールできる範囲にしか商圏を広げてこなかった同店は、現在でもサンフランシスコ周辺で4店舗しか直営店が存在しないそうですよ。

このほか、国内外の人気ロースターから毎月セレクトされるフレッシュなコーヒー豆にも注目!

Bc5473b5bf27ef01f952f868f3abc132bc4c2c07

当然ながら、なにも慌ただしいビジネスパーソンだけのためのお店ではありません。もちろん、直接カウンター越しに注文することもできるし、現金対応だっていわずもがな。店内カウンター奥と2Fの席に座りながら、ゆっくりコーヒータイムを楽しむことも。

Fa4091468d15dcdbe60cf68c1a4df97450666f33

時間節約派はもちろん、のんびりくつろいで一杯をいただきたい人のニーズにも応えるTHE LOCAL。意外にこのスタイルが、コーヒースタンドの新たなスタンダードになるのかも?

Licensed material used with permission by THE LOCAL
2016年4月5日(火)、北青山の路地裏に新しくオープンした「GLOCAL CAFE(グローカル・カフェ)」。世界と日本をつなぐ「Global Minds...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
安定して手軽においしいコーヒーを自宅でも楽しみたい人向けに開発されたコーヒーメーカー「GINA」は、アプリが分量や蒸らし時間をすべて計算して手助けしてくれます。
7月2日、3日。今週末の土日は、このお店に注目。01.COBI COFFEE AOYAMA02.Little Pool Coffee03.The AIRS...
このキャンディを食べると虫歯予防になるといいます。
タクシー配車サービスを運営するUberが大胆な発表をしました。優秀なドライバーの大学授業料を肩代わりするとのこと。
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
みなさんは旅行へ行くとき、カフェやレストランなどを事前にリサーチするタイプですか?見知らぬ土地の食べ物や飲み物で冒険するのは、なかなか勇気がいることです。...
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
アロマキャンドルやオードトワレの印象が強い「diptyque」ですが、じつはハンドクリームも素晴らしいんです。
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!
都合の良いお洒落と恋を楽しむ架空の都市のようなコンセプトは、そのほかの作品も同様にあります。
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
少し前の話ですが、スイス西部のジュネーブの湖畔に舟を浮かべる少女のランドアートが出現しました。それは、難民に関するメッセージを伝えるためでした。
朝はパンと決めている。鉄のフライパンをあたためて、厚切りの食パンをのせ、焼き色がついたら裏返す。バターをのせるのか、ジャムはどうするのか。カリカリに焼いた...
お客さんも店主も楽しみながら“試せる”リアル空間「BPM」。その魅力について、カフェオーナー第一号のバリスタ窪田秀平さんにインタビュー!新しいことに挑戦す...
前回、今の日本のカフェブームは「サードウェーブ」というコーヒーのトレンドの波にがっつり乗った形、ということをお話ししましたが、じつはこのサードウェーブ、日...
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
「押すだけで、最高のコーヒーと紅茶を淹れる」。コーヒー好きにとってはそんな夢のような話をモットーに作られた"FLASK"。このフラスコ型のコーヒー&ティー...
多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。そんなシンガポールにだんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せていると聞き、遊びに...
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
奥渋にある「CAMELBACK sandwich&espresso」。コーヒー担当の鈴木啓太郎さんとサンドウィッチ担当の成瀬隼人さん(元寿司職人)のふたり...