ハンドドリップを手助けしてくれる「半人前」のコーヒーメーカー

おいしいコーヒーを淹れるって、単純なようで実はとっても奥深い。豆の量、お湯の温度、蒸らし時間など、ちょっと分量が変わるだけでまったく味や香りが変わってしまうから。

それでも、安定して手軽においしいコーヒーを自宅でも楽しみたいと思う人は、世界にも多いようで、こうしたマシンが日々開発されています。アプリが分量や蒸らし時間をすべて計算して手助けしてくれる、例えばこの「GINA」のように。

肝心なとこだけは自分の手で
ハンドドリップを手軽に楽しむ

130e00f34a9df12fad741878c82b6b48a2417f371f20f678ec2905f2e6f21ae67b37425532adfe93

手っ取り早くコーヒーを飲みたいなら全自動のコーヒーメイカーに豆だけ入れれば良いのでは、という人もいるかもしれませんが「コーヒーを淹れる」という行為自体が好きで、その時間を含めてリラックスタイムにしている人も多いと思います。

「GINA」はあくまで、時間や量の計算を手伝ってくれるだけ。

自分の手で淹れるという楽しみはそのままに、今より簡単にコーヒータイムを過ごすことができます。

1e2ab6b6cd14e1ef8540f7178aa9c15c287b5deb

コーヒーラバーたちに言わせると豆を挽いたりドリップする、あの時間そのものが大切なんだとか。その時間も含めてリラックスタイムなのは百も承知。でも、そこがムズカシイ。だから、ちょっとだけ“いいとこ取り”をさせてくれるGINAにグッときたのかも。

というのもこのマシン、あくまで時間や量の計算を手伝ってくれるだけ。自分の手で淹れるという愉しみはそのままに、上質なコーヒータイムを演出してくれるようなんです。

4eb59f27104f105cc3edc0b6a3018e5d976d7eec7086c67f8c55df293dd2645f02d7a333b879c9dd

Bluetoothで専用アプリと連動させるだけで、動作に従って適切なコーヒー豆の量や時間をリアルタイムで指示。さらにペーパードリップのみならず、クレバードリップや水出しにも対応しているというものGOOD。

D2913a202a06116e5a753481b48c06053fc3ce9b310bfdaf9bfd0b039ceeb8131085c8a9c742b43d4d14b42201698adec14ee3d38b76887260ca679e

ハイ、見た目もスマートなんです。

コードレスっていう設計(充電はUSB充電器を使用)も、使用場所をキッチン周りだけに限定せず、お気に入りの空間でドリップするための配慮かも。ちなみに1回の充電で、最大150時間連続使用が可能だとか。

資金調達にも成功したようだから、市場に出回る日も近いかもしれません。

Licensed material used with permission by GOAT STORY
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
「V60オートプアオーバーSmart7」は、湯量・湯温・スピードの3要素をコントロールできる、新感覚のコーヒーメーカーです。「コンパクトサイズで...
「押すだけで、最高のコーヒーと紅茶を淹れる」。コーヒー好きにとってはそんな夢のような話をモットーに作られた"FLASK"。このフラスコ型のコーヒー&ティー...
誰が想像したでしょうか。きのこがモッサリ生えるコーヒーメーカーを。
9月6日に開催された受賞イベント「Pornhub Awards」に合わせて、ロングスリーブTシャツを一緒に制作しました。
なんてかっこいいアルバムなんだ! って思って、聞きはじめて最初の数秒でもっていかれた。
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
ジョッキに麺が入っています。衝撃!
この「GINA」は、Bluetoothを搭載したスマートなコーヒーメーカー。機能は非常にシンプル。豆の量を測る。そして、水の量を測る。基本的にはそれだけ。...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
コーヒーメーカーで作った料理を紹介するYouTubeチャンネル。タコスやピザ、スイーツまで。見るとだんだん中毒になっていく……!
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
朝のコーヒーは豆から挽いて淹れています。今思うのは、一杯だけ淹れることが多いからサーバーはいらなかったし、金属のドリッパーならペーパーフィルターを買い置き...
かつて、これほどまでに「香り高い目覚め」があったでしょうか?そのビジュアルは、「デジタル目覚まし時計」と「ドリップ式コーヒーメーカー」が合体したかのよう。...
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...