シンプルに、このエスプレッソマシンは気になります。

本格的な淹れたてコーヒーを自宅で手軽に楽しみたい。そんなニーズを叶えてくれる家庭用コーヒーメーカーは数あれど、どうしたものかみな一様にステンレス製やシルバーのボディ。カラバリを売りにしたものもあるにはあるが、主張しすぎるのもキッチンではなんとなく浮き足立って感じてしまう。

ある程度見た目重視と割り切れるならば、間違いなくこれに食指が動くはず。

シンプルゆえの重厚な存在感

55b4aa8dcc8b0237eef8cb383405d3d16d92510590e3ffd0468433d5599129e8f95b99c92f9f73c93f02510bdc82c517a3b8be673be85262d42336b5

アメリカのデザインスタジオMontaagが手がけた、コンクリート造りのエスプレッソマシン「AnZa」。レバーや注ぎ口は、白く化粧された人工大理石に真鍮を使用。従来のマシンとは一線を画す存在感はまさしく重厚そのもの。

012a8b8e22ecc42786886a5eb2b62c017ab0f55a55d0ab87d54e59b1f7bcbd1d79a61a8ae9de2801397ed43756853f6befd23069a3d9faf3cb08dec3

となると、いわゆるボタン式のものよりも、やっぱりこういったレバータイプがわくわくさせる。

外観は無骨でも、中身はきちんとエスプレッソマシン。コーヒーの粉をホルダーに入れて抽出するのも、水温を一定に保つ機能付というのも、従来のそれと比較してなんら劣るところなし。

当然、スチームミルクだってOK。気分に合わせてカプチーノを楽しむこともできる。

99328f0fab79b4a259c21c4ffbb5bea91de2e5c5

生粋のコーヒーラバーというよりも、こういうエッジの利いたスタイルが好きな人たちにオススメしたい“キワモノ家電”。とわいえ、クラウドファンディングサイトで1台799ドル(約9万円)と、安い買い物とは言えない。

というか…正直、高い。高いけれど、なぜだか気になって仕方ない。 

Licensed material used with permission by AnZa
「Newton Espresso」は、一切電気を使わないエスプレッソマシンです。熱いお湯さえあれば、キャンプ好きな人には、ピッタリな製品でしょう。
サイズは175 x 70 x 60mmと小柄。重さも360gと手軽。筒型なのでカバンにもスポッ。バラすとこんな感じ。使い方もカンタン。エスプレッソ用に挽い...
安定して手軽においしいコーヒーを自宅でも楽しみたい人向けに開発されたコーヒーメーカー「GINA」は、アプリが分量や蒸らし時間をすべて計算して手助けしてくれます。
眠気覚ましに飲むものといえばコーヒーです。が、さらにスカッと眠気を吹き飛ばしてくれる飲みものがあるそうな。なんと、エスプレッソをコーラにブレンドしちゃうの...
コーヒー好きなあなたに質問です。あなたが朝飲むのはブラックコーヒー?エスプレッソ?それともカフェラテ?米メディア「Elite Daily」で紹介されていた...
「V60オートプアオーバーSmart7」は、湯量・湯温・スピードの3要素をコントロールできる、新感覚のコーヒーメーカーです。「コンパクトサイズで...
ニューヨークで今もっとも影響力を持つ10人が、どのようにコーヒーを朝の生活に取り入れているか。お気に入りのコーヒーとともに紹介されています。最新のコーヒー...
この「GINA」は、Bluetoothを搭載したスマートなコーヒーメーカー。機能は非常にシンプル。豆の量を測る。そして、水の量を測る。基本的にはそれだけ。...
本格的なクラフトビールの味わいを、自宅で手軽に楽しめるキットが登場しました。たんにサーバーからグラスに注いで終わり、なんてものじゃありませんよ。なんと、発...
シアトルに住んで、もうすぐ8年になります。シアトルというと「コーヒー」とか「雨」というイメージが強いと思いますが…正解です。まったく裏切りません。本当にコ...
実は私、つい先日地球の裏側にあるコーヒー大国ブラジルへ行って来ました。そう、コーヒー生産国世界ナンバー1の国です。世界で出回っている3分の1はブラジルのコ...
エスプレッソをオーガニック トニック ウォーターで割り、レモンピールを加えた「炭酸コーヒー」がブームの予感。普通のコーヒーが完全に日常に溶け込んだ今だから...
おしゃれなカフェに食べに行くのもいいけれど、ホットプレートを囲んでみんなでわいわい焼くのも楽しいパンケーキ。そこにこのキッチン家電「PancakeBot」...
コーヒーと言っても、本当にいろんな種類のものがあります。豆の種類もたくさんありますし、作り方もブラックコーヒーからフラペチーノのような甘いデザートのような...
多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。そんなシンガポールにだんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せていると聞き、遊びに...
奥渋にある「CAMELBACK sandwich&espresso」。コーヒー担当の鈴木啓太郎さんとサンドウィッチ担当の成瀬隼人さん(元寿司職人)のふたり...
コーヒー好きのみなさま。突然ですが、コーヒーの好きなとこってなんですか?私の場合は、そりゃもうたくさんあります。味はもちろんのことですが、知れば知るほど深...
コーヒーよりも断然紅茶派な私は、ずっと悩んでいた。便利な機能が搭載されたコーヒーメーカーは続々と登場するのに、これぞ!というティーメーカーには、なかなかお...
かつて、これほどまでに「香り高い目覚め」があったでしょうか?そのビジュアルは、「デジタル目覚まし時計」と「ドリップ式コーヒーメーカー」が合体したかのよう。...
名古屋育ちの私にとって、喫茶店でコーヒーを頼むとピーナッツが付いてきたり、午前中にコーヒーを頼むとモーニングがついてくることはけっこう普通のことで、逆に何...