あの偉人もこの偉人も、みんな「コーヒー狂」だった!?

私の1日は、コーヒーがないと始まりません。しかも1日に何杯も飲んでいるので、よくいろんな友だちに「1日にどれくらいコーヒー飲む?」と聞いては「私だけじゃなかった」と妙に安心しています。

友だちに聞くだけでは飽き足らず、歴史上の偉人でもコーヒーを飲みまくっていた人がいるのではないかと思って調べてみたら、いるいる!たくさんいました。しかも「偉人」というだけあって、そのコーヒー好き度も振り切っている人ばかり。

音楽家は
コーヒーがお好き?

まずは、音楽家のバッハ。バッハは生涯にわたり幅広いジャンルの曲を作ったことから、「音楽の父」とも呼ばれる存在。『G線上のアリア』は、きっと誰もが聞いたことのある曲でしょう。そしてバッハとコーヒーの繋がりはというと、なんと『コーヒー・カンタータ』という、コーヒー依存の娘と、それをやめさせたい父親の曲まで作っているのです(別にやめなくてもいいんだよ!と言いたい……)。

そんな曲を書いたバッハ自身もいわずもがなコーヒーが大好きで、1日に数十杯飲んでいた、とも言われています。

音楽つながりで、もうひとり。それがベートーベン。『運命』のジャジャッジャジャーン!を聞くと、なんとなくこの人もコーヒー好きだろうな、と思ってしまうのは私だけでしょうか。そしてまた、軽やかな『田園』や静かな『月光』のような曲も作れてしまうのは、コーヒーを飲んだあとの落ち着く気持ちによるものではないか、と勝手に推測しています。たくさんのインスピレーションは、コーヒーのおかげなのかもしれません。

ベートーベンは、毎朝必ず60粒のコーヒー豆を数え、それを挽いてコーヒーを淹れていたという逸話があるほど。挽き方・淹れ方にも相当こだわりがあったそうです。そういうこだわりが数々の名曲を産んだ、と言っても過言ではないかもしれませんね。

ルーズベルト大統領は
1日40杯?

コーヒー好きの偉人は、まだまだいます。第26代アメリカ合衆国大統領セオドア・ルーズベルトは、歴代大統領の中でも1番コーヒー好きだった人物だと言われています。みなさん、ラシュモア山ってご存知でしょうか。有名な大統領4人の顔が山にがっつり彫刻されているという、なんともアメリカらしいスケールの大きいものなんですが、その右から2番目、リンカーン大統領の隣にいるのがセオドア・ルーズベル大統領です。

相当なコーヒー好きだったそうで、息子さんによると「父親のコーヒーカップは浴槽くらいの大きさだった」とか。これまたスケールの大きな例えです。

友人によると、1日に40杯くらいコーヒーを飲んでいたとか。そりゃ浴槽くらいのカップが必要ですね。

バルザックの創作を支えた
90杯のコーヒー?

最後は、フランスの小説家バルザック。彼はとにかくコーヒー好き、というレベルを超えて振り切っています。私がコーヒー中毒だなんていうのがおこがましくさえ感じます。

どれくらい振り切っていたかというと、まず起床は午前1時。夜中の1時です。起きたらすぐに大量のコーヒーをがぶ飲みします。そこから執筆が始まりますが、翌日のお昼ごろまでコーヒーを90杯ほど飲み続けたそうです。息を吸うようにコーヒーを飲まなきゃいけないペースです。

バルザックは、自分の創作はコーヒーによるものだと信じていたと伝えられています。「コーヒーなしでは良き作品は生まれない」の真骨頂です。

コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどったり、クリエイティブになれる気がするけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っていたみなさん。このコーヒー狂の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもいいかも?と思えてきますよね。

なかには話が大げさになっているものもあるかも知れませんが、こういったエピソードを聞くと、コーヒー好きには偉人が多い、いや、コーヒーが偉人を生み出しているのかもしれませんね。

関連する記事

利用をはじめると、偉人たちから手紙が定期的に届くというサービス「Letterjoy」。書き手は、リンカーンやアインシュタイン、ナイチンゲールなどすでに亡く...
コーヒー好きな身として王道の楽しみ方ももちろん外せないけど……
かつて下痢に悩まされた偉人たちが空想上の国際会議を開き、自らの経験を踏まえて現代人を下痢の苦しみから救うという大幸薬品のキャンペーン「Gサミット」で当たる...
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
「tree.fm」では、おうちにいながら世界各地にある森林の音を聴け、まるでそれぞれの森の中にいるような気分を味わえる、デジタル森林浴を体験できるのだ。「...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
いつでもどこでも聴ける「Podcast」より、「おいしいコンテンツ」だけをピックアップ!
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
コーヒー好きは知っている、この夏「お家で最高のコーヒー」を楽しむ方法。エスプレッソキューブ、マイタンブラー、コーヒー風味のクラフトコーラ、水出しコーヒーデ...
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!
世界の国別コーヒー消費量が第4位とも言われている日本の、全コーヒー好きに知って欲しい「国産コーヒー」の面白さをダイジェストで紹介。味の魅力、産地や生産農家...
ハンドクラフテッドにこだわり、厳選されたコーヒー豆から作られる味わい深いコーヒーが魅力!ロンドン発のコーヒーブランド「コスタ コーヒー」が「銀座ロフト」に...
バリスタの世界チャンピオンや神経科学の専門家のアドバイスを取り入れつつ開発されたというグラスウェア。味、香り、感触、見た目などコーヒーをよりおいしく味わう...
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。

おすすめ記事

2010年に建設が決定した台湾のサステイナブルなマンション「陶朱隠園(Tao Zhu Yin Yuan0」が、今年、ついに完成予定だ。約23000本の樹木...
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
単体で存在するならば、何の変哲もないペーパーアート。しかし、それらを上手く風景と一体化させて、生命を吹き込んでしまうイギリス人が登場しました。ついつい最後...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
単純に、「すごい」ってなるはず。
先日3日、米「Netflix」が新しいサービス「Fast Laughs」を発表した。公式アプリのひとつの機能として追加されたこのサービスは、「TikTok...
エドヴァルド・ムンクによる有名な絵画『叫び』のオリジナルバージョンには、左上に「狂人にしか描けない!」と鉛筆で書かれたメッセージが1904年に見つかってい...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...