「下痢に悩んだ偉人」を描く「正露丸×kagomania」コラボグッズ

“ラッパのマークの正露丸”でおなじみの「大幸薬品」が、鹿児島の人気アパレルブランド「kagomania」とコラボしたキャンペーングッズが素敵だ。

「Gサミット」と名付けられたこのキャンペーン、看板商品である正露丸の素晴らしさを世に広めるものなのだが、その設定とは、かつて下痢に悩まされていたという偉人「徳川家康」「石田三成」「西郷隆盛」「勝海舟」「ルイ14世」が空想上の国際会議を開き、自らの経験を踏まえて現代人を下痢の苦しみから救う(正露丸をすすめる)というもの。いわずもがな、Gサミットの“G”は──“下痢”の略である。

ちなみに、徳川家康には「三方ヶ原の戦い」で便を漏らしながら浜松城に逃げ帰ったというエピソードもあるのだとか……。

今回紹介したいキャンペーンコラボグッズには、そんな偉人たちの、下痢の苦しみが痛いほど伝わってくるkagomania製のイラストが描かれている。脇には、それぞれの歴史や名言などになぞらえた秀逸な一言も。

たとえば、徳川家康なら「待たずに飲もうホトトギス」、勝海舟なら「ゲリに勝つ海舟」といった具合。ゲリに、勝つ海舟……。

グッズは、Tシャツ、サコッシュ、3WAYバッグの3種類から選択できるが、どの偉人イラストのものが当たるかは、届いてみてのお楽しみだ。抽選応募方法は、ラッパのマークの正露丸シリーズのいずれかを購入し、商品のレシートをスマートフォンなどで撮影。そして、9月30日23:59までに応募用アドレスに送信するだけ。

外出先でおなかがキュルキュルした時、この偉人たちのコミカルなイラスト入りバッグを持ち歩いていれば、ひょっとすると正露丸以上に彼らは私たちを勇気づけてくれるかもしれない(いや、正露丸も忘れずに持ち歩こう)。

©2014 Taiko Pharmaceutical Co.,Ltd. All Rights Reserved.

ラッパのマークの正露丸Gサミットキャンペーン(大幸薬品)

【公式ホームページ】https://www.seirogan.co.jp/seirogan/gsummit

Top image: © 2014 Taiko Pharmaceutical Co.,Ltd. All Rights Reserved.
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
利用をはじめると、偉人たちから手紙が定期的に届くというサービス「Letterjoy」。書き手は、リンカーンやアインシュタイン、ナイチンゲールなどすでに亡く...
人生には、たくさんの挫折がつきものです。ただ「七転び八起き」という言葉があるように、人は失敗をしても諦めず、立ち上がる力を持っています。私たちが知っている...
英国を拠点として活動する写真家Drew Gardner氏は、自身のプロジェクト「The Descendants」を通して歴史上の偉人にそっくりな子孫たちの...
世界の生物多様性が過去50年で68%喪失したことを今月上旬に発表された「WWF」の報告書『Living Planet Report:生きている地球レポート...
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
いつも新しい視点に気づかせてくれる偉人達の金言。今だに古びませんよね。「I Heart Intelligence」は、その中から特にハッとするような言葉を...
成功と失敗は、隣り合わせです。どんなことでもまずは失敗から学び、成功への道を模索していくものですし、そこが運命の分かれ道でもあります。なかには諦める人もい...
歴史的に「偉人」と言われる人たちも、生きることに悩み苦しみ、虚しい日々を過ごした経験があるものです。ここでは、家入一真さんが発案し、絶望名言委員会なる組織...
真っ白なトートバッグに絵を描いて作品を作る「第17回 ROOTOTEトート・アズ・キャンバス アート&デザインアワード」が開催中。エントリー締め切りは8月...
9月10日に公開された「Bloomberg」の記事によれば、「Apple」は従業員に対して独自のマスクを開発したそうだ。
会社の上司に求める条件で「人格者である」ことを挙げる人も多いのではないでしょうか。組織のリーダーになる人は、仕事の資質の他にも心を磨かなければ部下から信頼...
挑戦の数だけ、成功があります。偉人と呼ばれる人たちは、この「挑戦」を誰よりも多くしてきた人です。彼らは、どうして挑戦し続けることができたのでしょう?経営コ...
7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...
歴史に名を刻んできた日本の名将たちも、スーパーマンや超能力者だったわけではありません。私たちと同じ、ひとりの人間です。しかし、生きる知恵や考え方が一般人よ...
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
薄くて長いソーラーパネルを内蔵し、懐中電灯の機能も備えたモバイルバッテリー「Roll Solar Charger」。持ちやすく軽量で、暗いところで広範囲を...
袋麺でおなじみの「サッポロ一番」のアレンジメニューを提供する「サッポロ一番劇場 @虎ノ門横丁」が、東京・港区の「虎ノ門ヒルズビジネスタワー」の「虎ノ門横丁...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
ミニマリストのためのブランド「less is」より、手のひらサイズに折り畳めるクラッチバッグ「手ぶらエコバッグ」が登場。ポケットに忍ばせて外出すれば、急な...
先週26日(金)、トートバッグ専門店「ROOTOTE(ルートート)」が、デザインオフィス「nendo(ネンド)」とのコラボレーションバッグ「ruck-to...
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
菌の増殖を抑えつつ、時間の経過とともに徐々に菌数を減らす効果のある「制菌加工」を施した、衛生的で持ち運びもラクラクな「制菌エコバッグ」が誕生。
財布もスマホも入らないほど小さな「ミニバッグ」「マイクロバッグ」「ナノバッグ」が世界中でブームとなっている。バッグとしての機能はほぼ失われたトレンドのミニ...