苦くない、黒くない、コーヒー生まれのお茶「O CHER(オーカー)」

この黄土色の飲み物は、「O CHER(オーカー)」。コーヒーの生豆から誕生した、黒くもなければ苦くもない、新時代のコーヒー飲料である。

つまり、原材料はコーヒーと一緒。でも、色も、味も、含有成分もまったく別の飲み物だ。O CHERには、血液サラサラ効果や活性酸素除去効果が期待できる「クロロゲン酸」、基礎代謝の上昇やデトックス効果があるとされる「カフェイン」、認知症予防に良いとされる「トリゴネリン」などの健康成分が豊富に含まれているという。

コーヒーは、元来「嗜好品」として世界中の老若男女に楽しまれてきた。これを「健康成分」の視点で見た際、O CHERの開発をした会社「Roasters Lab Lig」では、生豆から焙煎豆へ変化させていく間に失われるものがあることを発見。

それらの健康成分を保つことができる世界初の焙煎法を7年かけて確立し、完成したのがこの製品というわけ。飲みやすく、ハーブやフルーツ、お茶などの飲み物と組み合わせてもおいしいと評判だ。

ちなみにO CHERの「O」はコーヒー豆がイメージであり、「CHER」にはフランス語で「高級」の意味がある。そこから「高級な豆をそのまま飲もう」というメッセージを込めているのだそう。

コーヒーのようでコーヒーではないコーヒー飲料「O CHER」。「オーチャー」ではない。その名は、「オーカー」である。

Top image: © 2019 ocher.club All Rights Reserved.
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
コーヒー好きは知っている、この夏「お家で最高のコーヒー」を楽しむ方法。エスプレッソキューブ、マイタンブラー、コーヒー風味のクラフトコーラ、水出しコーヒーデ...
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
沖縄「星のや竹富島」は2月13日より「海水淡水化熱源給湯ヒートポンプユニット」で汲み上げた海水の淡水化による飲料水の自給を開始。現在、竹富島で1日に使用で...
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。

人気の記事

毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
「ジョニーウォーカー」の最高峰ブルーラベルから、200周年の数量限定ボトル「ジョニーウォーカー ブルーラベル レジェンダリー エイト」が発売された。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
カカオの外皮「カカオハスク」を使用したアップサイクルコーヒー「カカオコーヒー」が誕生。