苦くない、黒くない、コーヒー生まれのお茶「O CHER(オーカー)」

この黄土色の飲み物は、「O CHER(オーカー)」。コーヒーの生豆から誕生した、黒くもなければ苦くもない、新時代のコーヒー飲料である。

つまり、原材料はコーヒーと一緒。でも、色も、味も、含有成分もまったく別の飲み物だ。O CHERには、血液サラサラ効果や活性酸素除去効果が期待できる「クロロゲン酸」、基礎代謝の上昇やデトックス効果があるとされる「カフェイン」、認知症予防に良いとされる「トリゴネリン」などの健康成分が豊富に含まれているという。

コーヒーは、元来「嗜好品」として世界中の老若男女に楽しまれてきた。これを「健康成分」の視点で見た際、O CHERの開発をした会社「Roasters Lab Lig」では、生豆から焙煎豆へ変化させていく間に失われるものがあることを発見。

それらの健康成分を保つことができる世界初の焙煎法を7年かけて確立し、完成したのがこの製品というわけ。飲みやすく、ハーブやフルーツ、お茶などの飲み物と組み合わせてもおいしいと評判だ。

ちなみにO CHERの「O」はコーヒー豆がイメージであり、「CHER」にはフランス語で「高級」の意味がある。そこから「高級な豆をそのまま飲もう」というメッセージを込めているのだそう。

コーヒーのようでコーヒーではないコーヒー飲料「O CHER」。「オーチャー」ではない。その名は、「オーカー」である。

Top image: © 2019 ocher.club All Rights Reserved.
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
外出自粛の運動不足を解消!自宅で1日3分で出来る「お腹痩せトレーニング」をご紹介。先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSNSやYouTubeな...
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
「NPO法人ミュージックフェスティバル協会」の呼びかけではじまったクラウドファンディング「フェス救済ファンド2020春」。音楽好きたちの支援の輪が広がっている。
コーヒー好きな身として王道の楽しみ方ももちろん外せないけど……
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
スタバのコーヒーカップを大変身させるアートです。
バリスタの世界チャンピオンや神経科学の専門家のアドバイスを取り入れつつ開発されたというグラスウェア。味、香り、感触、見た目などコーヒーをよりおいしく味わう...
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
今回は3月16日にオープンしたばかりの「Banh mi Tokyo」。バインミー専門店のこちらのお店のパンは米粉100%を使ったグルテンフリー!化学調味料...
スポーツやレジャー、アウトドアなどさまざまなアクティビティで使われるアクションカメラに注目のギア「Gogloo E9シリーズ」が登場。応援購入サービス「M...
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
イチゴにかけるだけじゃつまらない!練乳をクッキーづくりにアレンジして、ベトナム人が泣いて喜ぶ「ベトナムコーヒー風クッキー」を作ってみましょう。
多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。そんなシンガポールにだんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せていると聞き、遊びに...
水出しコーヒーメーカーには、ドリッパータイプ、ポットタイプ、パックタイプがあるなかで、一歩抜きん出た機能を持ったのが「リヴィーズ電動水出しコーヒーメーカー...
シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!
世界の国別コーヒー消費量が第4位とも言われている日本の、全コーヒー好きに知って欲しい「国産コーヒー」の面白さをダイジェストで紹介。味の魅力、産地や生産農家...