こころ踊る、紅茶の楽園。『STARBUCKS TEAVANA(スターバックス・ティバーナ)』へようこそ!

スターバックスに通うようになってもう何年も経つが、そのホスピタリティの高さには毎回感心してしまう。通勤途中にある店舗では、ブラックエプロンを身につけた、店長と思しき女性が、忙しなく手元を動かしながら、一生懸命に接客をしてくれる。通いはじめてすぐに顔を覚えてくださり、かるい立ち話をするようになり、店の前を通りすぎるだけの時も、にっこりほほえみかけてくれる。あたたかい接客と、メニューのオリジナリティに、変わらぬ美味しさ。これだけでも申し分ないのに、そのスターバックスがまた新たな世界を見せてくれる。

ティーを多彩に変えていく。
『TEAVANA(ティバーナ)』誕生!

スターバックスジャパンが10月3日(月)にスタートさせたのは、『STARBUCKS TEAVANA(スターバックス・ティバーナ)』。従来の「コーヒー&エスプレッソ」「フラペチーノ」に、新たに加わった紅茶ブランドだ。「ティーを多彩に変えていく。」をコンセプトとし、さまざまな茶葉に、花や果物、ハーブやスパイスなどを組み合わせた、幅広いフレーバーが楽しめる。

琥珀色のグラデーションが美しい、
記念すべき第一弾。

写真は『TEAVANA』第一弾の「ゆず シトラス & ティー」。シトラスやピンクグレープフルーツをはじめとするさまざまな柑橘類に、国産のゆずの皮を加えている。ひと目見ただけで、元気を分けてもらえるような、琥珀色のグラデーションが美しい。鼻からすっと抜ける爽やかな香りと、さっぱりとした風味は、アイスでもホットでも、お好みで。

五感をつかって、
もっと紅茶の世界を楽しんでもらいたい。

日本人にとって「お茶」の定義はさまざまだ。「ちょっとお茶でも。」の「お茶」って、一体何なのだろうと、ふと思う。店に着いて、椅子に座り、お茶を飲む。静かに目を閉じて、香りを感じ、舌の上でその風味を味わい、今日のこと、明日のこと、大切なあの人のことを想う。そのささやかな時間のなかで、もしホッと、こころを休めることができたのなら、お茶の定義は幅広くて良いのではないのだろうか。『TEAVANA(ティバーナ)』は、紅茶が好きな方はもちろん、普段はコーヒーばかりという方にも、ぜひおすすめしたい。スターバックスジャパンの、今後のあたらしい展開がとても楽しみである。

Licensed material used with permission by STARBUCKS

関連する記事

2月初旬、英国の「Starbucks(スターバックス)」が「#whatsyourname」キャンペーンの一貫で公開した“トランスジェンダーの若者を支援する...
1月21日、スターバックスがサステイナブルな新戦略を発表。植物ベースのオプションを拡大することや使い捨てから再利用可能なものに変更すること、食品廃棄物を再...
「スターバックス」の2021年版「福袋」の販売が決定。店頭販売なしのすべてオンライン抽選販売のみで展開する。
国内初、世界で5店舗目の「手話」が共通言語になるスターバックス「サイニング ストア」が、2020年夏にオープン。
「コロナ禍で苦慮する“祭り”を応援したい」、そんな想いから企画され、3月3日に発売されるのが、祭り主催者に売り上げの10パーセントを寄付する祭り応援ビール...
「2016年は、紅茶の年だった」そう言ってしまいたくなるほど、この1年で目覚ましい活躍を見せた紅茶。中でも、スターバックスが展開する専門店「TEAVANA...
発売と同時に即完売するほど大人気の「コクヨ」と「スターバックス」がコラボした「スターバックス キャンパスリングノート」に新色が登場。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「カプセルイン錦糸町」の屋上に昨秋オープンしたルーフトップサウナ「SAUNA GARDEN錦糸町」。この度誕生する「The錦糸町」は、さらにその上に位置す...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...