マイボトル持ち込み型「THERMOS COFEE TO GO」がオープン

レジ袋の有料化がスタートし、いよいよエコバッグ必携の世の中。かたや、いまだ浸透したと言い難いのが「マイボトル」

ならばと魔法びんのグローバル企業「サーモス株式会社(THERMOS)」が、6月末よりおもしろい提案型のコーヒーショップをオープンさせた。

「THERMOS COFFEE TO GO」は、マイボトル持ち込み型のテイクアウト専門店

テイクアウトにマイボトルを使用することで、使い捨て容器の排出量を減らせるだけでなく、コーヒーの飲み頃温度を長持ちさせることで、おいしさを持続させるというメリットも。

©サーモス株式会社

ただ、マイボトルを持ち込むというだけならば、どこのコーヒーショップも変わらない。「THERMOS COFFEE TO GO」がおもしろいのは、“量り売り”というスタイルにある。

ドリンクはすべて200mlからの注文で、それ以上は100ml単位の量り売り。マイボトルに合わせて、自分の飲みたい量だけムダなく買えるというのも、飲み残しを避けられることから、ある意味リデュースだったりする。

リユースとリデュースを同時に適えるショップは商圏もユニークだ。

まずは、都内オフィスエリアの通勤導線となる西新橋大手町に絞ってオープン(大手町「OOTEMORI」は7/10オープン)。ビジネスパーソンの通勤時の利用を見越したサブスクリプションサービスも導入している。

メニューは2種類のオリジナルブレンドに加え、個性豊かな味が楽しめるシングルオリジンを用意。抽出もマシンではなく、専任スタッフがハンドドリップで提供するというから、なかなかに本格的。

もちろんコーヒー以外のメニューも。詳しくは公式ページで。

Top image: © サーモス株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「ブルーボトルコーヒージャパン」は、先週11月21日からリユーザブルカップ「ブルーボトル エコカップ」を販売。テイクアウトカップの使用を減らし、環境へ配慮...
本場アメリカだけでなく日本でも人気のブルーボトルコーヒー。11月12日から、彼らがホリデーギフトコレクションとして売り出す「ラッピング バッグ」の紹介です。
日本上陸5周年を迎えた「ブルーボトルコーヒー」が2月15日から感謝を込めたキャンペーンを展開。割引チケットの配布やスペシャルティコーヒー、限定アイテムなど...
「ブルーボトルコーヒー」から「マスクケース」が登場。香港発のブランド「PAPERY(ペーパリー)」とコラボレーションした紙素材のスマートデザインの同商品は...
冷凍庫から出したカチカチの肉や魚を瞬時に解凍するプレート「HOUCY」。
コーヒー好きは知っている、この夏「お家で最高のコーヒー」を楽しむ方法。エスプレッソキューブ、マイタンブラー、コーヒー風味のクラフトコーラ、水出しコーヒーデ...
コーヒーのテイクアウト率、先進国のなかで日本が1位なのは、意外?
航空・軍事など幅広い分野で採用されている"温度制御素材”により、100℃の沸騰したお湯を、たった1~2分で約55℃まで冷却できるボトル「DOCA」。電力も...
〈ブルーボトルコーヒー〉がホリデーギフトコレクションとして発売したツールボックスです。工具などで知られるプロツールブランド〈TRUSCO®〉とのコラボレー...
10月9日(水)〜25日(金)の間、東京・大阪の6ヵ所のビジネス街に“旅するコーヒースタンド”と銘打った移動式カフェが出現。「MONTBLANC(モンブラ...
JR「土浦駅」に直結する日本最大級のサイクリングリゾート「プレイアトレ土浦」内に「星野リゾート BEB5 土浦」がグランドオープンした。
今回は、恵比寿に8月13日にオープンした「JANAI COFFEE」。こちらのお店、実は「あること」をすると秘密のバーに入れるコーヒースタンドなんです。気...
「LARQ Bottle」は、UVライトを使用した自浄システムを搭載したボトル。毎日洗う必要がないので、オフィスでの使用などに最適!
スリムなボディが特徴のステンレス製ウォーターボトル「It's Logic」の紹介です。
無料でお水をもらえるレストランやカフェ、公共施設などが探せるアプリ「MyMizu」が、ラグビーW杯開催とグローバル気候マーチ開催に合わせ、9月20日にiO...
「ブルーボトルコーヒー」のキャッシュレス自動販売機が登場。カフェのない場所や営業時間外でもスペシャルティコーヒーが楽しめる。コーヒーのほかにも関連商品の販...
「日本ケロッグ」が従業員による新しい“運動×食糧支援”のボランティアプログラムを実施中。自宅でのエクササイズ1分=シリアル1食分として期間合計1万食の寄付...
42の国と地域で4万5000人を対象としておこなった調査「世界でもっとも尊敬されているランキング」で、オバマ夫妻がそれぞれ男性1位、女性1位に選ばれた。
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
「京都六角カフェ」限定で提供されていた「ブルーボトル羊羹」が、今月より全国の「ブルーボトルコーヒー」及びオンラインショップで取り扱われるようになった。
応援購入サービス「Makuake」にて、5色のボディカラーと4種の蓋から選んでカスタマイズできるステンレスボトル「MY BOT」が登場。オプションにてフル...
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
「VSSL フラスク2.0」は、お酒などのドリンクを入れられるボトルでありながら、懐中電灯としても使えます。