スタイリッシュに水を携帯!ノート型ボトル「memobottle」のデザインが秀逸

通常のソレとはまったく異なる形状のウォーターボトル。まるでノートのようなビジュアルに、多くの人が虜になっている模様です。なるほど、確かにその気持ちわかります。

好奇心をくすぐられる!
大人なマイボトルが登場

F549b32e1be51683efc826a8c4d64024216ef304

アメリカでは、年に約500億本のペットボトルが販売されており、毎秒1,500本もの“ゴミ”が生まれているのだそう。この「memobottle」は、そんな状況を危惧するFlank Pty社が、環境への負荷を減らすために生み出したプロダクトです。

クールなデザインもそうですが、環境に配慮できるなんて、まさに“大人な”マイボトル。

Ed1a8023e96591ff5b506ff15cf572a60a59c0b77d2ce579fbead3ae458eba7a1b6da85d75d9f951D276134bf1780a7255aefecfc46d742c897c6ee9

大きさはA5(750ml)とA6(375ml)の2種類を用意。一般的な用紙と同サイズのため、カバンにもすっぽり入りますね。

16ae6b2686298d3ec9f6a52a399775d0af5ea4ed5728e55cd12afac24ba9be0c039a834f6011b5d2

男性の中にはカバンを持ち歩かない人もいると思います。が、これならポケットに入るうえ、見た目もGOOD!

フルーツを入れると、
さらに画になる!

これらの画、かなりインスタジェニックですよね。

7a3b83d7596bcf8c2bab0762b12f4af64dddf26418cc6cc52d8f927218a794aa763e24df9c77a4e2

A5サイズは25ドル(約2,650円)で、A6サイズは22ドル(約2,300円)。環境に優しいうえ、スタイリッシュな「memobottle」。正直、ちょっと使ってみたくなったのでは?気になる人はコチラへ。

Licensed material used with permission by FLANK PTY LTD
日差しの強さがさらに増しているこの時期、運動をする人にとって何より大切なのが水分補給。ウォーターボトルを用意したいところですが、持ち歩くのはちょっと面倒。...
ヨーロッパで支持され、いよいよアメリカへ。不思議な変化を遂げた「ワインボトルの一輪挿し」が、こちらです。
ものすごく簡易的なモノに見えます。が、このボトルでろ過すれば、大抵の水が飲めるようになるそうです。詳しくは以下のとおり。<除去できるもの>・ウイルス(球菌...
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
「この前、帰りが遅かったでしょ?」「バスケの試合は残念だったね?」見ず知らずの人にプライベートな質問を浴びせられ、戸惑い怖がる子どもたち。でもこれ、実は……。
「CORKCICLE(コークシクル)」は、ワインを愛する3人の男性によって設立された、フロリダ発のブランド。同ブランドのプロダクトの販売が、2016年3月...
奈良県の広陵町(こうりょうちょう)は、靴下の町として知られている。小さなエリア内には、40社ほどの靴下メーカーが集まっているという。この町でつくられる靴下...
ビールやワイン、ジュースなどのボトルや瓶には、思わず残しておきたいと思うようなデザインのものがあります。とはいえ、取っておいても特に使い道がないので、普通...
「Keego」の素材は、“強い”金属としても知られているチタン。だけど、従来のスクイズボトルの特徴を受け継いで、つぶしながら飲めるようにもなっている。
〈ブルーボトルコーヒー〉がホリデーギフトコレクションとして発売したツールボックスです。工具などで知られるプロツールブランド〈TRUSCO®〉とのコラボレー...
オーストリアのフォトグラファーStefanと自転車のポートレイト。もうそれ以外よくわからないっ(笑)
手づくりのフルーツスムージーや野菜ジュースは、作り置きしたり、持ち歩くことが難しいですよね。なぜなら鮮度が命だから。時間が立てば酸化も進み、栄養素が失われ...
その理由は、「THE PINT」がボトルであり、グラスでもあるから。水やジュースはもちろん、トランスフォームさせてコーヒーやビールだって楽しめるため、ちょ...
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
ハワイ土産として人気となった〈Hydro Flask(ハイドロフラスク)〉。ポップなデザインが注目されていますが、実際に使ってみると、その真価は“持ちやす...
1828年に誕生して以来、皇室御用達の高級フレグランスメゾンとしての地位を確立し、数々の名品を世に送り出してきたゲラン。この秋発売した新作『フォール フラ...
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
立派な門構えから一歩足を踏み入れると、緑あふれる自然に歓迎された。その向こうには大きな日本家屋の屋根が見える。千葉の房総、長南町(ちょうなんまち)で現代に...
オートバックスセブンが昨年7月にスタートさせたライフスタイルブランド〈GORDON MILLER〉。そのプロダクト群がツボです。なかでも、この「ボトル テ...
〈KIKKERLAND(キッカーランド)〉の小分け用のボトルセット。クリームタイプのケースやスプレー式のボトル、識別用のシールとポーチも付いてます。旅行時...
旅好きの女性に、ぜひともオススメしたいアイテムがこちら。ちなみに、自分の周りではかなり好評なんです。一緒に旅行に行く男性からすると、持ち運びが大変だなあと...
確かにこの発想は一理あり。空気に触れると酸化が進み、徐々に劣化してしまうのは、醤油も化粧水も同じ。だからこそ、馴染みのある“あの真空ボトル”に詰めこむこと...
サイクリストにとって、バイク周りのグッズはかっこよく揃えたいもの。「Oi」はミニマルでハンドルになじむ、スタイリッシュなバイクベルです。開発したのはオース...
「Mitte」はドイツのデザイナーによって開発された浄水器。これを“洗練”とか、“スタイリッシュ”なんて強調する気はないんです。それよりもこっちにグッとき...