腕に巻くウォーターボトル、手ぶらで快適ランニングが可能に。

まだ朝早くだというのに、この時期の日差しは強烈。ジョガーにとって、何より大切なのは水分補給です。だけど、ウォーターボトルを携行するのは意外とジャマ。ゆえにハイドレーションバッグがあるわけですが、こっちの方がだいぶスマートでは?

簡単にいえば「Wetsleeve」は、ウォーターボトルを腕に巻いて装着するホルダー。水を入れる袋と、それをしまうスリーブに分かれています。見た感じ小さそうですが、これでちゃんと350mlの水が入るそう。

飲み口はシリコン製のマウスピース。フタする必要なく、くわえるだけで水を飲むことが可能だとか。手で開けたり閉めたりせずとも、さっと給水できる、走ってる人なら分かることですが、ココかなり嬉しいポイント。

水分の補給口は広く、洗いやすい工夫がされているから、衛生面も担保できる。こういう点もありがたいんですよね。

ここもグッときちゃいました。

ウォーターボトルの他にも収納ポケットが2つ。イヤホンや自宅のカギ、小銭などを入れて、身ひとつで外出ができますね。

自分の腕にジャストフィットするよう、サイズ展開も3種類。これで約4,400円は決して「目が飛び出るような価格」じゃないと思いますけどね〜。

Licensed material used with permission by Wetsleeve

関連する記事

8月、「ハバリーズ」より、持ち運び可能な紙パックミネラルウォーターが発売。容器には100%再生可能な素材を採用。
ボトルの飲み口や水の細菌を99.999%殺菌してくれるボトルキャップ「CrazyCap 2」とは?
「Allbirds」から新たなランニングシューズ「Wool Dasher Mizzle(ウールダッシャーミズル)」が発売。
9月4日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をおこなっている「Ghost Pacer」は、AR機能を搭載したランニング...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
応援購入サービス「Makuake」にて、ブリティッシュデザインのステンレスボトルが登場。見たことがないようなデザインは見た目だけで欲しくなる。
イギリスのRoot7が企画・開発を行った冷たい水を入れると色が変わるユニークなボトル「カメレオンボトル」。飲んだ量を視覚的に確認できるので、1日の水分補給...

人気の記事

毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
この記事では、恋人との相性やあなたの性格診断、隠れた才能の発見まで簡単にできて当たると話題の心理テストを幅広くご紹介します。人間関係の悩み解決や気になるあ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...