「歴史的偉人の子孫」を撮り続けた写真シリーズが深い

英国を拠点として活動する写真家Drew Gardner氏は、自身のプロジェクト「The Descendants」を通して歴史上の偉人にそっくりな子孫たちの写真を15年以上撮り続けている。

そのモデルとなっているのは、「モナ・リザ」に描かれたリザ・デル・ジョコンドナポレオン・ボナパルト、チャールズ・ディケンズなど誰もが知る人物の末裔たち。

撮影にあたっては、衣装小道具照明にも徹底してこだわり、偉人らの有名なポートレートを完全に再現。撮られた写真は比較できるように横に並べられ、既に20人以上の作品が完成しているようだ。

しかし、Gardner氏、はじめは「歴史上とても有名な人々の子孫が私たちと同じように通りを歩いているというのはとてもおもしろい」との思いでスタートしたシリーズを、5年前から不快に思うようになったという。

彼は、自分が撮っている写真に登場する人物に白人男性が多いということに気付き、多様性に欠けていることを認識したというのだ。

以降、同シリーズでは有色人種女性を積極的にモデルとして採用し、より多様性を表現した作品へと昇華している。

とくに、第3代アメリカ合衆国大統領であるトーマス・ジェファーソンとその末裔であるシャノン・ラニア氏が撮影された作品において、ラニア氏は混血となっており、奴隷を所有していたとされるジェファーソンに自分を似せることを拒否。“そっくりな末裔”という目的からは大きく外れているが、より深い意味を持った作品へと進化を遂げたのだ。

Gardner氏は「アメリカの歴史において、白人男性の道を進み、有色人種と女性の役割を軽視することを望まない」と語り、同プロジェクトを追ったドキュメンタリーも撮影されている模様。

そんな同氏の作品はこちらから鑑賞が可能。数世紀を超えて受け継がれた遺伝子には、共通点も多いが、価値観は時代を超えてアップデートする必要があることを教えてくれる。

Top image: © Drew Gardner
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
利用をはじめると、偉人たちから手紙が定期的に届くというサービス「Letterjoy」。書き手は、リンカーンやアインシュタイン、ナイチンゲールなどすでに亡く...
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
かつて下痢に悩まされた偉人たちが空想上の国際会議を開き、自らの経験を踏まえて現代人を下痢の苦しみから救うという大幸薬品のキャンペーン「Gサミット」で当たる...
4月2日、「Google Arts&Culture」のアプリ版に新機能「Art Transfer」が追加された。Art Transferでは、その場で撮っ...
東京・豊洲の「三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲」に本物の氷を使用した屋外アイススケートリンク「Sea Side アイススケートリンク...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
毎年この時期に、受賞者とその作品を発表する「Comedy Wildlife Photography Awards」。野生動物たちの意外な一面が写っていて、...
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
「niko and ...」から初のコスメラインが登場。服に合わせてメイクも変えられるミニマルサイズなら、毎日のオシャレがもっと楽しくなりそう!
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。
“Black History Month”を迎える今月、「ナイキ」と「コンバース」の2社が2020年の「BHM」コレクションとして「Air Force 1...
まるで人間のように豊かな表情をする野生動物が見れると、毎年注目が集まる「Comedy Wildlife Photography Awards」。2019年...
世界各地の廃墟となっている城・教会・修道院等の美しい遺構の写真集が発売。世界遺産に登録されているスケールの大きな歴史的な遺構から、どのような経緯で打ち捨て...
赤の他人に自分の「愛する人のフリ」をさせて、写真を撮るフォトグラファーのHemya Moran。刑務所から出所したばかりの男が、拉致した女性に妻を演じさせ...
ニューヨーク市ブルックリンに拠点を置く「CLIP.BIKE Inc」が開発した「CLIP」は、どんな自転車にも電動アシスト機能を加えられるガジェット。20...
「プリングルズ」と「スーパーカップ」がコラボしたカップ焼きそばが登場。一度手を伸ばしたら止められないあの感覚が味わえるとか……。
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
出産ストーリーって、自分で経験したことがないと、何度聞いても腑に落ちることはないのでは?自分でリアルに感じることが難しいからかもしれません。けれど、Aly...
画像編集ソフト×ポートレートって、見た目の美を追求するために使われることがほとんど。でも、昨年展開されたAdobeによる「The Future Is Yo...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中...
フォトグラファーのThomas Biziourasさんが撮影した石橋のほとんどは、グレヴェナ県にあるものだそう。同県にはこのような橋が18本以上も存在して...