この夏、ハワイで「天の川」を撮り続けた少年の写真

 

19歳のカメラマン、アルデリコ・グランジャーはこの夏の間じゅう、夜になると眠らずにハワイ島を駆け回って星空を撮影。彼の情熱の前では、銀河を撮影するために必要な数々の苦労も、まったくストレスではなかったと言います。

美しすぎるミルキーウェイは、24mmのレンズで

彼もまた、星空に魅了された人間の一人なのです。部屋を暗くしてフルスクリーンモードで眺めてみてください。忘れていた何かを思い出せるかもしれませんよ。

アルデリコは12歳からカメラを始め、主に風景や自然、野生動物を撮影しています。星空の撮影に使われたカメラはSONYのα7、レンズはRokinonの24mmと14mm。ほぼすべての写真は24mmレンズを使い、F値1.4、シャッタースピード20s、ISO3200、リモートシャッターを使って撮影されています。

アルデリコいわく。

「この夏はずっと睡眠不足になったけど、その代わり、一生忘れられない夜の大冒険を味わうことができたんだ」

Licensed material used with permission by Ulderico Granger
日本でも七夕の物語が言い伝えられている、天の川。その幻想的な銀河の集まりは、一体宇宙のどこに位置するのか。その謎を解き明かすため、ハワイ大学の研究グループ...
ニュージーランドのクイーンズタウンを拠点にしているフォトグラファーのカップルは、南島を中心に夜空の写真を撮り続けている。大気汚染が少ない空には、息をのむほ...
普段、私たちが何気なく見ている夜空ですが、場所や時間によって、様々な表情を見せてくれます。条件さえ整えば、日本でも綺麗な天の川を見ることができますが、フォ...
「Duolingo」が、10月8日に“ハワイ語コース”をリリースしました。
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。