息をのむ美しさ、世界の「天の川」画像まとめ

今日7月7日は「七夕」。夜空を横切る天の川が見えますか?

季節は梅雨、曇天で星空が見えないという人のため、これまで紹介してきた天の川の記事を集めてみました。

「別世界」への入り口
ニュージーランドの天の川

©South of Home Photography

「自然と共存する意識が薄れているなかで、私たちが住む世界がどれほど美しくて感謝すべきものなのか、いま一度思い出してほしい」

クイーンズタウン在住のフォトグラファーJakeとJoannaのふたりは、南の島の美しい天の川を追い続けています。大自然のなかに浮かぶ夜空は、まるで別世界への入り口のようですね。

▶︎続きを読む>>>

MILKY WAYに取り憑かれた男

©Oscar Keserci Photography

「天の川には、なんとも言えない魅力がある。僕はそのパワーをいろんな人と共有したい。だから撮り続けるんだ」

ギリシャ生まれのOscar Keserciは、天の川の魅力に取り憑かれたひとり。彼が写真におさめたプラネタリウムのような星空。その主役はもちろん、天の川です。ギリシャ、フィンランドを中心に世界の天の川の美しさを比較してみてはいかがでしょう。

▶︎続きはこちら>>>

400時間かけて撮影した
「天の川銀河」誕生の瞬間

©European Southern Observatory

南米チリのアタカマ地方標高約5,000メートルの地点に設置された「ヨーロッパ南天天文台(ESO)」。銀河系の星が生まれるエリアを広域で探査するプロジェクト「ATLASGAL」で、2016年2月に発表され話題となった、幻想的な映像があります。

サブミリ波望遠鏡が捉えた天の川の様子は、肉眼で見上げるそれとはまったくの別物でした。

▶︎続きを読む>>>

ウユニ塩湖で見上げる
遠く青白く流れる川

©Daniel Kordan

ロシア人フォトグラファーDaniel Kordanによる、ウユニ塩湖と天の川のコラボレーション。見慣れたはずの絶景が、唯一無二のうつくしさで表現されています。

視線を水面ではなく、上空へと向けさせる彼の機転。きっと息を飲むとはこういうこと。ああ、死ぬまでに一度は見てみたい!

▶︎続きを読む>>>

19歳フォトグラファー
ハワイで出会った「天の川」

©Ulderico Granger

19歳(公開当時)のフォトグラファー、アルデリコ・グランジャーにとっても、天の川は特別な被写体だったようです。とくにハワイの夜空に現れる天の川には。

夏のあいだハワイの島々を駆け巡り、シャッターを切り続けたアルデリコ。私たちのよく知るハワイとはまた違った表情が楽しめます。部屋を暗くして、フルスクリーンでどうぞ!

▶︎続きを読む>>>

宇宙の謎がまたひとつ明らかに
天の川は「架空の天国」の一部

銀河の集まりである「天の川」は、宇宙のどこに位置しているのか? この謎を解き明かすため、ハワイ大学の研究チームが8000もの銀河の位置と動きの解明にあたり、驚きの発見をしました。

天の川はLaniakea(ラニアケア)と呼ばれる研究史上最大の超銀河系の一部であることが判明。ラニアケアとはハワイ語で「架空の天国」を表す言葉。幻想的ですね。

▶︎続きを読む>>>


ところで、天の川は七夕の夜にだけ見えるわけではありません。2020年は7月21日と8月19日が新月。この前後には月明かりの影響もなく星空を楽しむことができるはず。夏の大三角形のあいだを流れる天の川を探して、夜風にあたりに行きませんか?

Top image: © South of Home Photography
ニュージーランドのクイーンズタウンを拠点にしているフォトグラファーのカップルは、南島を中心に夜空の写真を撮り続けている。大気汚染が少ない空には、息をのむほ...
超精細な天の川銀河の画像を400時間かけて撮影した、幻想的な映像を紹介します。夜空にかかるものとはまるで別の姿。電気を消して、しばし銀河へと想いを馳せてみ...
日本でも七夕の物語が言い伝えられている、天の川。その幻想的な銀河の集まりは、一体宇宙のどこに位置するのか。その謎を解き明かすため、ハワイ大学の研究グループ...
7月19日(日)19:00より「ニュージーランド政府観光局」の公式Twitterにて、世界で最も美しい星空保護区テカポ湖からの「星空ライブ中継」を実施。
7月14日、「バーガーキング」が「ゲップ」と「オナラ」をする回数の少ない牛を飼育し、その肉を使ったワッパーの販売を発表。
普段、私たちが何気なく見ている夜空ですが、場所や時間によって、様々な表情を見せてくれます。条件さえ整えば、日本でも綺麗な天の川を見ることができますが、フォ...
短冊に願いごとを書き、織姫と彦星の切ない恋模様に思いを馳せる。そんな七夕の日は何月何日か知っていますか?「もちろん7月7日に決まってるでしょ!」。そんな多...
毎年、お盆のシーズンの定番になりつつある「ペルセウス座流星群」。世界各地でも美しい流れ星に魅了される人々は多いようです。 オランダの写真家Albert D...
JakeとJoは、ふたり組の写真家。カップルでもあるふたりは、2016年の冬、ニュージーランドを旅しながら、美しい星の写真を撮り続けました。ニュージーラン...
夏の夜空は、気温の高さもあり星が眩しく瞬く季節。天体観測には気候も快適ですよね。そして、7月1日にはとても貴重な天体ショーを楽しむことができるようです。 ...
最近では女性の活躍を応援しようとさまざまな企業で取り組みが行われている。その根本にある考え方が「フェミニズム」。この記事ではフェミニズムの意味やどのような...
イタリア関連のドキュメンタリーなんかを見ていると、未だあの国のイメージは「食べ物」や「歴史的な建築物」なのだろうと思う。が、壮大な自然も見逃せない。And...
「宇宙の香り」のシャワージェルが発売。宇宙飛行士が船外活動の際に着用していた宇宙服に付着する、フルーツのような香りの正体は「ギ酸エチル」という成分。ラズベ...
2017年8月21日(日本時間22日)、アメリカで大規模な皆既日食が起こります。アメリカ大陸を横断するのは、実に99年ぶり。この世紀の天体ショーを間近に控...
「流星電波観測国際プロジェクト」によると、極大時刻は10月21日(土)20時。わざわざ夜更かししなくても、ご飯を食べたあとにテレビをみてリラックスする時間...
『流星電波観測プロジェクト』によると、あまり条件は整っていないけれど、5月6日17時に、みずがめ座η流星群が極大を迎えます。
Instagramが短尺動画の新機能「Reels(リール)」を発表。動画編集機能が拡張!
革製品ブランド「土屋鞄製造所」の鞄職人が作る「スイカ専用バッグ」が、六本木店と渋谷店で期間限定で展示される。
 19歳のカメラマン、アルデリコ・グランジャーはこの夏の間じゅう、夜になると眠らずにハワイ島を駆け回って星空を撮影。彼の情熱の前では、銀河を撮影するために...
まだ電気のない時代に、美しく輝く夜空の星を見て感動した人々。彼らが、モミの木の周りにロウソクを飾って星を再現しようとしたことが、イルミネーションの始まりと...
2017年最後の流星群が、いよいよ近づいてきました。「この天体ショーは必見!」…と、声を大にして言いたいところではあるのだけれど、ラストを飾る<こぐま座流...
移ろいゆく街の風景を収めたタイムラプスムービーは数多い。でも、ここで紹介する『Wonder Endlessly』は、「自然」に焦点が当てられています。アメ...
Instagramから美しい写真を掘り起こして、表彰しようとはじまったのが「PHOTOBOX INSTAGRAM PHOTOGRAPHY AWARDS(P...
毎年10月後半に見ることのできる、オリオン座流星群。オリオン座流星群は「速くて明るい」初心者でも、比較的見やすい流星群のひとつです。流星群観測は裸眼で観測...