世界一幸運なカメラマンが、撮影した「奇跡の一枚」!

毎年、お盆のシーズンの定番になりつつある「ペルセウス座流星群」。世界各地でも美しい流れ星に魅了される人々は多いようです。 オランダの写真家Albert Dros氏もそのひとり。彼は、天の川に架かる流星を撮影しようと、友人と共に撮影に出かけました。ところが、流星を写真に残すはずが、彼はとんでもなくレアなモノを写真に収めることになりました。 iss portrait ヨーロッパ最大の砂丘としても有名な、オランダ「コートワイカーザンド」で撮影されたこの写真。中央部、左から右へ流れる一筋の光に注目!偶然、撮影に成功した経緯をDros氏は、「My Modern Met」の記事にこう話しています。

「空を見ていたら、流れ星とは明らかに違うモノが動いていたんだ。それが飛行機じゃないことは一目瞭然だった。他のどの流れ星よりもキレイに輝いていて、衝撃的だった」

さて、写真に映り込んだこの未確認飛行物体が何だか分からずにいた当の本人。自宅に戻り、画像を加工してFacebookに投稿。「いったい、コレ何だと思う?」彼はさらに、地元の天文学フォーラムに尋ねに行ったそうです。そこで、こんな答えが返ってきたようです。Dros氏が映した光線、もしかしたら国際宇宙ステーション(ISS)かもしれない…。 duo portrait2 半信半疑のDros氏、カメラのタイムスタンプの日時と緯度を、NASAの公式ページで公開中の「ISS照準場所検索」で検索をしてみたところ、ISSの飛行位置が、まさに当日の自分の頭上であったことが判明。彼が目撃したのは、流れ星でも飛行機でも、もちろんUFOでもなく、どうやら本物の国際宇宙ステーションだったようです。

「つまり、天の川に架かるペルセウス流星群を背景にセルフィーをしようと思っていたところに、宇宙ステーションまで映り込んできたってワケさ。それもわずか20秒足らずの間に起きた奇跡だよ」

地元オランダ「NL Times」も、幸運なカメラマンのニュースを大きく報道しています。 たった一晩にして、世界中に名前を知らしめた写真家Albert Dros氏。幸運を手にした彼の作品は公式ページから。

 Reference:My Modern Met , NASA ,NL Times Licensed material used with permission by Albert Dros

関連する記事

三大流星群のひとつである、ペルセウス座流星群。条件が良ければ、最大で40個以上見えることもあるそうです。一番の見頃は、8月12日の夜半頃から13日の明け方...
2017年最後の流星群が、いよいよ近づいてきました。「この天体ショーは必見!」…と、声を大にして言いたいところではあるのだけれど、ラストを飾る<こぐま座流...
みずがめ座δ流星群は、流れ星の数はそれほど多くはないものの、強い光でゆっくりと尾を引く比較的見やすい流星群。今年はかなりの好条件が揃っています。一番のピー...
『流星電波観測プロジェクト』によると、あまり条件は整っていないけれど、5月6日17時に、みずがめ座η流星群が極大を迎えます。
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
「流星電波観測国際プロジェクト」によると、極大時刻は10月21日(土)20時。わざわざ夜更かししなくても、ご飯を食べたあとにテレビをみてリラックスする時間...
ペルセウス座流星群は、比較的観測しやすい流星群としても知られており、しぶんぎ座流星群(1月)や、ふたご座流星群(2月)と並ぶ「三大流星群」の一つ。8月13...
しし座流星群は一気に出現率が下がり、1時間あたり数個~10個程度まで落ち込んでいた近年。もうすぐ出番の季節ですが、今年の予想は?「流星電波観測国際プロジェ...
久しぶりに、大きな流星群が訪れます。
夜空に流れる「天の川」の美しさを追い求め、世界各地で捉えた天の川の画像をまとめました。夜空を眺める前にこちらもいかがですか?
自分で焼いてつくる、BBQ専用おせんべい「Baker」
毎年10月後半に見ることのできる、オリオン座流星群。オリオン座流星群は「速くて明るい」初心者でも、比較的見やすい流星群のひとつです。流星群観測は裸眼で観測...
三大流星群の中でも、とくに流星が多く、ほぼ確実に見えると言われている「ペルセウス座流星群」。見逃せませんよね。毎年ピークを迎えるのは、8月12日〜13日あ...
実は、流星群は年中どこかで流れています。しかし、残念なのは目視できる流星群は少ないということ。数ある流星群の中でも、肉眼で見られる流星群としておすすめなの...
冬は空気が澄んで、夜空がとても美しい季節。なかでも「ふたご座流星群」は、観測できる流星の多さや、肉眼でも観えるほどの明るさで人気を集めています。それではさ...
10月から約1ヵ月に渡って出現するオリオン座流星群は、肉眼で観測しやすい初心者向けの流星群。空から無数の星が降り注ぐ光景に、うっとりすること間違いなしです...
空気が澄んでくる10月ごろから、秋の夜空は次第ににぎやかさを増していきます。天候が多分に左右する天体観測ですが、今秋を占う意味でも、まずは10月8日の夜空...
七夕の短冊よりも、願いを叶えてくれるものの代名詞といえば流れ星。今年は、7月にもう一度お願いごとをするチャンスが残されているんですよ。7月28日にピークを...
10月中旬から11月末にかけてはおうし座流星群の観測チャンス。ゆっくりと流れる星が多く、比較的明るい流星(火球)が観測されることで知られています。2015...
2016年4月22日は「こと座流星群」がピークを迎える日。しかもこの日は満月です。この機会に、ちょっとだけでも夜空を見上げてみては?「国立天文台」によれば...
この頃は、頬にあたる風も冷たくなり、一段と寒くなってきました。気温が下がり、大気の水蒸気の量が少なくなると、空気が澄んで、遠くの景色や、夜空の星が見えやす...
夜空に、今年ラストから2番目の流星群が訪れるのは12月13日。「ふたご座流星群」。極大は14日の16時頃。明るくてこの時間には見えないけれど、日本ではAM...
活動が活発で一晩中観察できることから、非常に人気のある「ふたご座流星群」。しぶんぎ座流星群、ペルセウス座流星群と並ぶ「三大流星群」のひとつであるそ...
片思い中のみなさん、なかなか話のネタがなくて、どう連絡をしたらいいかわからない今こそ、「もう少しで流星群だよ」と声をかけるチャンス。「ロマンチックだね(笑...
冬の夜空っていいですよね。お正月に実家へ帰ったとき「あれ、こんなに星きれいだったっけ?」なんて思うことがよくあります。寒いからもう部屋に入ろうって思っても...
観測衛星や惑星探査機、宇宙望遠鏡など「NASA」の最先端技術によってとらえた雄大な天体写真を集めた展覧会「138億光年 宇宙の旅」が「東京写真美術館」で開...
2018年の実現をめざして「人工流星群」を降らせようという計画があります。2020年のオリンピックまでには、東京で観測できるチャンスもあるかも。こんな景色...
天の川から16万光年離れた矮小(わいしょう)銀河のなかで1987年2月に出現した超新星(SN 1987A)で、中性子星が作られた可能性があるという。
7月19日(日)19:00より「ニュージーランド政府観光局」の公式Twitterにて、世界で最も美しい星空保護区テカポ湖からの「星空ライブ中継」を実施。
 19歳のカメラマン、アルデリコ・グランジャーはこの夏の間じゅう、夜になると眠らずにハワイ島を駆け回って星空を撮影。彼の情熱の前では、銀河を撮影するために...