【16年ぶりの天体ショー】7月1日は、金星と木星が最接近!「ダブル1番星」を見に行こう

夏の夜空は、気温の高さもあり星が眩しく瞬く季節。天体観測には気候も快適ですよね。そして、7月1日にはとても貴重な天体ショーを楽しむことができるようです。 数ある惑星の中でも、太陽や月を除けば1番明るいのが金星。その次は木星ですが、7月1日にはその2つが大接近!なんとこれ、16年ぶりのことなのだとか。 

肉眼でも観測可能

F7b4c1907333c9fe2aeedd009e3989be35f9bb65

惑星が並ぶその姿は、想像するだけで天体ファンならずとも心踊ります。しかも、最も明るい惑星が並ぶとなれば、観測も比較的簡単。小型の望遠鏡があると尚よしですが、肉眼でも十分観測が可能なので、7月1日の夜空は是非星空を見上げてみては?

7月いっぱい楽しめる!

2つの星が最も接近するのは7月1日ですが、その前後も観測は可能。徐々に離れてはいくものの、7月10日には金星が最大光度に達し、マイナス4.5度にも及ぶ明るさを放ちます。これは1等星のおよそ150倍、日中でも見えるレベルなのです。 さらに、19日には夕空に輝く細い月と2つの惑星が直線に並びます。これは見逃せません。

夕方、西の地平線に注目

182a60dbd7837f56aca61c73eb016f9df9fcf3cb

国立天文台によれば、金星と木星が最も近づくのは厳密には19時1分。明るいため低空でも目立つそうです。7月1日は週の真ん中水曜日。忙しくて見れないよ、という人も、別の日にトライしてみるといいかも!

Reference:国立天文台
中秋の名月に「スーパームーン」が重なった、あの興奮する夜空が記憶に新しいところですが、この10月も天体ショーが目白押し。なんでも、明け方の空が大変なことに...
近頃、なにかと話題のおうし座流星群。どうやら今月上旬がピークとなり、観測の大チャンスなんだそう。しかし、11月の大空には他にも知っておくべき見どころがあり...
あす9日とあさって10日の夜明け前は、金星と土星が大接近します。太平洋側の地域ほど観察のチャンスあり。連休中の朝は寒さに負けず早起きをして、寄り添って輝く...
2017年最後の流星群が、いよいよ近づいてきました。「この天体ショーは必見!」…と、声を大にして言いたいところではあるのだけれど、ラストを飾る<こぐま座流...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
9月6日に開催された受賞イベント「Pornhub Awards」に合わせて、ロングスリーブTシャツを一緒に制作しました。
2017年8月21日(日本時間22日)、アメリカで大規模な皆既日食が起こります。アメリカ大陸を横断するのは、実に99年ぶり。この世紀の天体ショーを間近に控...
「流星電波観測国際プロジェクト」によると、極大時刻は10月21日(土)20時。わざわざ夜更かししなくても、ご飯を食べたあとにテレビをみてリラックスする時間...
空気が澄んでくる10月ごろから、秋の夜空は次第ににぎやかさを増していきます。天候が多分に左右する天体観測ですが、今秋を占う意味でも、まずは10月8日の夜空...
2015年7月の最終日に現れる、貴重な天体現象を知っていますか?それは「ブルームーン」と呼ばれ、3年に1度しか見ることができない珍しい満月なんです。「ブル...
フィレンツェで、9月4日から新たな条例が施行されました。街中にある4つの通りで、食べながら車道や歩道、家や店の前で立ち止まることを禁止しているものです。一...
10月31日(土)はハロウィン!仮装の準備をしている人も多いかもしれません。が、もうひとつ注目のイベントがあることを知っていましたか?なんとその数時間後、...
この望遠鏡を使って実際に月を撮影した映像がコチラ。「スマホ天体望遠鏡PANDA」というカワイイ名前からは想像が付かない性能の高さが話題のようです。組み立て...
10月から約1ヵ月に渡って出現するオリオン座流星群は、肉眼で観測しやすい初心者向けの流星群。空から無数の星が降り注ぐ光景に、うっとりすること間違いなしです...
2016年6月30日にNASAが公開した、とある映像。映し出されているのは、木星と揺らめく青い光──、そうオーロラです。実はいま、わずか13秒のこの動画が...
8月下旬にコロナビール主催のスペシャルイベントにご招待いただきました。
初夏に観測できるというピンキーな満月、その名も「ストロベリームーン」。1年で1番カワイイ月が見れるのは、明日6月9日金曜日です!
2016年1月20日から、1ヶ月にわたって観測された「惑星直列」。これは、「水星」「金星」「火星」「木星」「土星」の5つの惑星が、太陽に向かってほとんど一...
『流星電波観測プロジェクト』によると、あまり条件は整っていないけれど、5月6日17時に、みずがめ座η流星群が極大を迎えます。
三大流星群のひとつである、ペルセウス座流星群。条件が良ければ、最大で40個以上見えることもあるそうです。一番の見頃は、8月12日の夜半頃から13日の明け方...