【7月31日】「ブルームーン」がやってくる。夏の星空を見上げて、貴重な満月に酔いしれよう!

2015年7月の最終日に現れる、貴重な天体現象を知っていますか?それは「ブルームーン」と呼ばれ、3年に1度しか見ることができない珍しい満月なんです。

85singo_shutterstock_222814957

「ブルームーン」て何!?

簡単に言うと、ひと月に2度現れる満月のことを「ブルームーン」と呼びます。ちなみに2015年の7月2日に1度目の満月が現れており、その2度目が31日にあたります。

天体情報を紹介するwebサイト「Earth Sky」によれば、残念ながら、必ずしも青く輝く月が見えるわけではないとのこと。しかし、ごく稀に火山の噴火や隕石から発生するガス、塵などの影響で、本当に青く見えたこともあったそうです。

一部では「ダブルムーン」と読んでいた名残という説もあるようですが、とても珍しいことを意味する言葉として使用されることがあります。

例えば、“once in a blue moon”という慣用句は、「稀なこと」を表す言葉でもあります。

85singo_shutterstock_149132225

その神秘的な意味合いから、歌詞に引用する歌手も多く、カクテルの名前などにも使われています。「叶わぬ恋」という意味もあるようで、女性が男性からのお誘いを上品に断るときに注文するお酒としても知られているようです。

そんなムードあるエピソードとともに、7月31日は誰かと夜空を見上げてみてはいかが?3年に1度の貴重な満月の輝き、必見です!

Reference:Earth Sky

続いて注目の天体の話題は!?

初夏に観測できるというピンキーな満月、その名も「ストロベリームーン」。1年で1番カワイイ月が見れるのは、明日6月9日金曜日です!
12月4日(月)の満月は、「スーパームーン」。月が地球に近づくタイミングと満月が重なって、通常よりも大きく見える特別な日なのだ。『国立天文台』によると、満...
「国立天文台」によれば、本日6月20日(月)は満月。そして夏至が近いこの時期は月の高度が低いので、夕日の影響で月が赤く(琥珀)に見える現象が起きます。これ...
夏の夜空は、気温の高さもあり星が眩しく瞬く季節。天体観測には気候も快適ですよね。そして、7月1日にはとても貴重な天体ショーを楽しむことができるようです。 ...
月が美しい季節です。太陽のひかりの時間が短くなると、月灯りが広がり、穏やかで長い夜がはじまります。月は、私たちのこころを、静かに内省に導いてくれる存在です...
本日6月9日金曜日は「ストロベリームーン」と呼ばれる満月が見られる日ですが、全国的に天気はどうでしょうか。「国立天文台」によると、ベストな観測時間は22時...
2016年4月22日は「こと座流星群」がピークを迎える日。しかもこの日は満月です。この機会に、ちょっとだけでも夜空を見上げてみては?「国立天文台」によれば...
2015年9月28日といえば、日本では月の大きさも明るさも増大して見える「スーパームーン」が話題。前日が中秋の名月ということもあり一気にお月見ムードが高ま...
外でゆっくりと風を感じながら一杯。なんていうのが心地いい季節になりましたね。そして、9月は1年の中でも最も美しい月が眺められるチャンス!しかも2日連続でい...
みずがめ座δ流星群は、流れ星の数はそれほど多くはないものの、強い光でゆっくりと尾を引く比較的見やすい流星群。今年はかなりの好条件が揃っています。一番のピー...
夏の間だけ星空の下に開館する映画館。あなたは、そんなロマンチックな空間の存在を知っているだろうか?舞台となるのは八ヶ岳の麓、長野県原村。実は、毎年夏になる...
8月8日は満月で、"部分月食"を観測することが出来る日です。日本で観察できるのは、2015年4月4日以来2年ぶり!「国立天文台」によると、月が欠け始めるの...
中秋の名月に「スーパームーン」が重なった、あの興奮する夜空が記憶に新しいところですが、この10月も天体ショーが目白押し。なんでも、明け方の空が大変なことに...
短冊に願いごとを書き、織姫と彦星の切ない恋模様に思いを馳せる。そんな七夕の日は何月何日か知っていますか?「もちろん7月7日に決まってるでしょ!」。そんな多...
『国立天文台』によると、皆既月食のはじまりは21時51分で、食の最大は22時29分。23時8分までの77分間は、赤胴色に染まる皆既月食がつづくみたい。ちな...
七夕の短冊よりも、願いを叶えてくれるものの代名詞といえば流れ星。今年は、7月にもう一度お願いごとをするチャンスが残されているんですよ。7月28日にピークを...
三大流星群のひとつである、ペルセウス座流星群。条件が良ければ、最大で40個以上見えることもあるそうです。一番の見頃は、8月12日の夜半頃から13日の明け方...
「流星電波観測国際プロジェクト」によると、極大時刻は10月21日(土)20時。わざわざ夜更かししなくても、ご飯を食べたあとにテレビをみてリラックスする時間...
今年のクリスマスには、満月の夜が訪れます。「The Weather Channel」によれば、これは1977年以来38年ぶりのこと。しかも、次に見えるのは...
この「宙フェス」を簡単に説明すると、星空の楽しみ方を一堂に集めた野外イベントで、2014年から開催。アートやサイエンスはもちろん、宇宙にまつわる雑貨を揃え...