夜空を見上げてほしい。そんな京都の「宙フェス」は10月8日開催

今年で4回目になる、京都嵐山の「宙フェス」。読み方は、ソラフェスです。

宇宙の魅力を味わえると人気ですが、なぜまた嵐山の法輪寺で? と思う人も多いかもしれません。

でもこの法輪寺、じつはとても宇宙と関係が深いのです。

祀っているのは
「明けの明星」の化身

…と、その前に。この「宙フェス」を簡単に説明すると、星空の楽しみ方を一堂に集めた野外イベントで、2014年から開催。

アートやサイエンスはもちろん、宇宙にまつわる雑貨を揃えたマーケットやカフェなどもあります。また、宙や星を愛する著名人によるトークステージも開催。ちなみに、今年のテーマは「ここにしかない景色」

そんな未知の世界に触れるには、法輪寺が最高の会場になってくれるそうです。

法輪寺のご本尊、虚空蔵菩薩は大空(宇宙)を意味していて、明けの明星の化身とも呼ばれています。広大な宇宙のように無限の知恵を持っていて、智恵や知識、記憶、といった面での利益をもたらす菩薩として信仰されてきました。

つまり、宇宙に想いを馳せながら、秋の忘れられない1日を過ごすには、おあつらえ向きというわけです。

「上を向いて遊ぼう!」

今年はとくに、メイン会場で展示されるアートに注目。

宙フェスの合い言葉「上を向いて遊ぼう!」のように、頭上に広がる夜空を見上げながら、移り変わる夜空と作品たちを楽しみましょう。

空と水面に浮かぶ「月」

そして、屋形船「嵐響夜舟」も登場。夜空と水面に浮かび上がる月を眺めると、まるで宇宙遊泳しているような気分に浸れるかも。

鎌倉時代の亀山上皇が詠んだ歌に「くまなき月の渡るに似る」とありますが、これは嵐山で月夜の晩に船遊びをしていたときに見た月の美しさを表現したものだそうです。

遠い昔の京都を思い浮かべながら見上げる空も、また一興。

ち、地球を救え!?

法輪寺の展望台からは京都の街と星空が一望できるのですが、そこに星や宇宙をテーマにした「宙×カフェ」コーナーを設置。

宇宙や星になぞらえた食事やドリンクもたくさん。

宙フェス2017 ~ここにしかない景色~」は、10月8日(日) に開催。入場料は600円。未就学児は無料(嵐響夜舟は別)。

美しい月、夜空を見上げながら京都・嵐山でしか味わえない秋の夜空を旅してみては?

Licensed material used with permission by 宙フェス実行委員会
他の記事を見る
京都の「そわか(SOWAKA)」は、2019年3月にオープンしたモダンホテル。老舗料亭の数寄屋建築をリノベーションした本館は、伝統とモダンを調和させた空間...
真冬のモントリオールで、極寒の中開催される音楽フェス「igloofest」。今年は1月17日〜2月2日の間、毎週木・金・土の開催。
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
ブルガリアの山中にある小さな村で開催される「Meadows In The Mountains」は、数日かけて開催される音楽フェスでありながら、ヨガやアーユ...
インドのEDMフェス「Magnetic Fields Festival」の開催地は、ラジャスタン州にある宮殿。2013年にスタートしたこのフェス。宮殿での...
京都は魅力ある街なので「どこに行くべきか」と、悩みは尽きませんよね。ここでは、頭を抱えがちな「観光スポット」について押さえておきたいポイントを紹介します。...
インド南部バンガロールで夜通し行われる「Fireflies Festival of Music」。この音楽フェスの一番の特長となるもの、それは「ホタル」。...
京都の竹工芸職人、小倉智恵美さんが手がけるのは、代々伝わる「竹籠」の技術を活かして作られた「Kyoto Basketry Accesory Series」...
イスラエルで開催されるフェス「Zorba The Buddha Festival」。イスラエル最大級のヒッピーフェスともいわれている同イベントでは、音楽や...
4月27日から3日間に渡り、伊豆半島で開催される「RAINBOW DISCO CLUB 2019」。
どの季節でも、訪れた人に様々な気づきを与えてくれるのが「京都」。日本古来の奥ゆかしさはもちろん、京都発の新しいムーブメントを堪能するため、年に何度も足を運...
様々なビールづくりに挑戦する「スプリングバレーブルワリー京都」が、9月7日にオープン。これは東京(代官山)、横浜に次ぐ3店舗目で、西日本へは初上陸。京都な...
京都の中心部、祇園にあるリーズナブルに宿泊できるシンプルさを追求した「TSUKIMI HOTEL」は、“お弁当”というスタイルで朝ごはんの販売を開始。
2016年1月10日(日)、京都・岡崎に国内6店舗目となる「蔦屋書店」がオープン。西日本では「梅田 蔦屋書店」に次ぐ2店舗目。主に関西人から熱い視線が注が...
今回取り上げるフェスが開催されるのは、「Montemor-o-Velho Castle」という城。ここはポルトガル政府が定める重要な遺産のひとつとして、1...
京都の「ENSO ANGO」は内装テーマの異なる5棟が、徒歩圏内に分散しているちょっと変わった形態のホテル。モダンホテルなのに坐禅体験ができるのは注目ポイ...
ネット上で話題沸騰の写真があります。なんと、京都のお堀には抹茶が流れていたんだとか!?一体なぜ…。
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
昨年末のオープンと新顔でありながら、早くも京都のカフェシーンを代表するほどの人気を集めています。
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...