歴史と文化のまちにオープン!「京都岡崎 蔦屋書店」

2016年1月10日(日)、京都・岡崎に国内6店舗目となる「蔦屋書店」がオープン。西日本では「梅田 蔦屋書店」に次ぐ2店舗目。主に関西人から熱い視線が注がれています。

京都の“名建築”が
新たに生まれ変わった!

「京都岡崎 蔦屋書店」があるのは、「ロームシアター京都」の一角。日本の近代建築を代表する、前川國男の設計により1960年に生まれた京都会館がもとになった話題の新施設。歴史ある佇まいは、雰囲気たっぷりですね。

「アート」「日本の暮らし」「ON JAPAN」の3つのジャンルを小部屋にレイアウト。蔵書数は約26,000冊も。他店同様に「コンシェルジュ」が、来店者の相談に乗ってくれます。

「日本のものづくりでつなぐ」をコンセプトに、伝統的なものづくりの発信も実施。徹底的に「地産」にこだわったものを取り扱い。作り手である伝統工芸職人のこころや想いを表現し、伝えるギャラリー「Gallery“EN”」も展開されます。

もちろんスターバックスも!
「本×コーヒー」の黄金コンビ

本といえばコーヒー、蔦屋書店といえばスターバックス。金沢の職人が一枚ずつ銀箔を貼り付けたカウンターも味わいがあります。店内、テラスを合わせて173席という豊富な座席数も魅力的です。

なんと、レンタサイクルまで!

ここでは「電動アシスト自転車」のレンタルも可能。これは蔦屋書店初の試みです。電動アシスト自転車専門店「モトベロ」が独自に開発したオリジナル自転車「Hill Cheater(ヒルチーター)」をはじめ、BESV PS1(ベスビー)、YAMAHA PAS kissといった高級電動アシスト自転車で、四季のにおいを感じる快適な旅を!

「京都岡崎 蔦屋書店」でコーヒーを飲みながらゆっくりと読書。その後、自転車を借りて、近くの平安神宮や南禅寺、永観堂辺りまでサイクリング。そんな京都ならではの休日の過ごし方…いやいや、なんだか贅沢すぎませんか?

Licensed material used with permission by 京都岡崎 蔦屋書店
代官山 蔦屋書店で2017年11月19日(日)まで行われている『「奈良の木」のあるくらし ~森からの贈り物~』。蔦屋書店のコンシェルジュと、日本を代表する...
昨年末のオープンと新顔でありながら、早くも京都のカフェシーンを代表するほどの人気を集めています。
昨年の夏、蔦屋書店がカネジュウ農園とタッグを組んで開発・発売したお茶、その名も『本を読むときのお茶』。試飲会に参加すると、そこにはカネジュウ農園のTEA ...
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
パラオ政府は、2020年より、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めを禁止にする方針を明らかにしました。
パリ発の総合美容薬局「L'OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)」のハンド&フットクリーム「Pomm...
この街には、鴨川納涼床が楽しめる三条大橋店と、全面ガラス張りで六角堂を目の前で眺められる烏丸六角店の2つのコンセプトストアがある。けれど、これらとはまた違...
京都は魅力ある街なので「どこに行くべきか」と、悩みは尽きませんよね。ここでは、頭を抱えがちな「観光スポット」について押さえておきたいポイントを紹介します。...
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
チャームポイントはパッケージだけかと思いきや、意外と中身もいいんです。
どの季節でも、訪れた人に様々な気づきを与えてくれるのが「京都」。日本古来の奥ゆかしさはもちろん、京都発の新しいムーブメントを堪能するため、年に何度も足を運...
手ぬぐいや風呂敷などを扱う綿布商としては日本最古とも言われる「永楽屋」。デザインのみならず生地や染めにこだわるモノづくりの姿勢が、国内はもとよ...
優しい口当たりのちりめんじゃこと、ピリッと効いた山椒の実を一緒に炊き合わせた、柔らかく優しい風味が特徴の「じゃこ山椒」。ちりめんじゃこも山椒も古くから京都...
様々なビールづくりに挑戦する「スプリングバレーブルワリー京都」が、9月7日にオープン。これは東京(代官山)、横浜に次ぐ3店舗目で、西日本へは初上陸。京都な...
高齢者の運動不足を解消するために開発されたパスタ製造機「Al Dente」の紹介です。
京都府与謝郡伊根町。丹後半島の北東部に位置し、古代より大陸との交流が盛んなこの町には、どこかノスタルジックな光景が広がっています。「まさか、京都にこんなと...
日本初のジン専門の蒸溜所がつくる「季の美 京都ドライジン」を紹介する。原料には柚子、生姜、山椒、玉露などの和のものを、スピリッツにはお米を、ラベルには伝統...
今年で12年目になる『京都手帖』。京都広域MAP、鉄道路線図、バス路線図、葵祭・祇園祭・時代祭のルートMAP。さらには、主要な社寺の拝観データ、文化施設の...
ネット上で話題沸騰の写真があります。なんと、京都のお堀には抹茶が流れていたんだとか!?一体なぜ…。
その光景は、まるでイギリスの田舎町。人気観光地として名高いコッツウォルズさながらです。この村があるのはなんと日本。しかも、古都・京都というのだからさらに驚...
「餃子の王将」といえば、そのボリュームとしっかりした味付けで「男メシ」や「家族メシ」といったイメージがありました。が、2016年3月3日(木)にオープンし...
関西のみなさん、お待たせしました。これまでにない斬新なコンセプトで大反響を呼んだ「BOOK AND BED TOKYO」が、ついに京都に上陸です。しかも、...
京都の竹工芸職人、小倉智恵美さんが手がけるのは、代々伝わる「竹籠」の技術を活かして作られた「Kyoto Basketry Accesory Series」...