京都の弁当箱専門店が仕掛ける「国際BENTOコンテスト」を知っていますか?

マンガやアニメを通じて日本の弁当文化が注目されています。フランスを中心にヨーロッパではブームで、なんでも“BENTO”として辞書に載るほどなんだとか。

ここで紹介するのは、日本でも珍しい京都の弁当箱専門店「Bento&Co」が開催した、弁当箱を使った国際コンテスト。「第7回国際BENTOコンテスト2015」の結果をご覧あれ。

第1位
フランス(Aurélieさん

スクリーンショット 2015-11-11 12.06.33

アルザス地方でよく食べられれるパン「Mauricette」を使った地元愛を感じるサンドイッチと、イチゴに飾られた蝶々を象ったニンジンの装飾(写真中央)の細かさ、カラフルでバランスのとれたお弁当が高評価のポイントだったようです。

以下、どれも甲乙つけがたい趣向を凝らしたサンドイッチ弁当が続きます。どれも色とりどりで美味しそう!

第2位
イギリス(Tamsinさん)

スクリーンショット 2015-11-11 12.08.01

第3位
カナダ(Howardさん)

スクリーンショット 2015-11-11 12.08.20

第4位
ノルウェー(Priscillaさん)

スクリーンショット 2015-11-11 12.08.34

第5位
マレーシア(Karenさん)

スクリーンショット 2015-11-11 12.08.51

第6位
アメリカ(Nuranziaさん)

スクリーンショット 2015-11-11 12.09.01

第7位
フランス(Chloéさん

スクリーンショット 2015-11-11 12.09.12

第8位
フランス(Raphaëlさん)

スクリーンショット 2015-11-11 12.09.25

第9位
フランス(Augustinさん)

スクリーンショット 2015-11-11 12.09.36

第10位
日本(Mayumiさん)

スクリーンショット 2015-11-11 12.10.03

「サンドイッチ」をテーマにした今年のコンテストの優勝者は、フランス人のAurélieさん。2009年から毎年開催されるコンテストは、スタッフによる選抜の後、インターネット投票で優勝者が決まります。なんでも優勝すると、京都宿泊ペア旅行が特典で付いてくるのだとか。 世界各地、弁当箱も様々あるのが分かります。

さて、「Bento&Co」のオーナー、フランス人のベルトラン・トマさんも日本で弁当箱に魅せられたひとり。フランスでは、屋外での食事を持ち運ぶための容器といえば、タッパーやビニールバッグが主流だったそうです。
2008年に弁当箱のオンラインショッピングサイトを立ち上げ、これまでに90カ国近くに日本の弁当箱を発送。その魅力を京都から世界に発信しています。

日本の食文化だけでなく、その容器にも“クールジャパン”があるんですね。

Licensed material used with permission by 株式会社BERTRAND

自分に合った「お弁当箱」を見つけるための、選び方のポイント(素材、容量、デザイン、機能性など)を解説。合わせておすすめのお弁当箱を10点紹介。節約やダイエ...
デザインが良いだけじゃない、機能的で使いやすさも兼ね備えた「おしゃれ」なお弁当箱について、メリットやおすすめ商品をご紹介。節約できて、ダイエットにも良い「...
温め、冷蔵、冷凍、湯沸かし、スムージー、超多機能弁当箱「Neoven」。
軽くて丈夫な「アルミ製」のお弁当箱について、メリットやおすすめの商品をご紹介。外食費を抑え節約になり、栄養やカロリーをコントロールできるからダイエットにも...
環境を守るために人を雇用していこうという考え方を意味する言葉「グリーンジョブ」。新型コロナウイルスの流行をきっかけに今、注目を集めています。海外の取り組み...
京都の中心部、祇園にあるリーズナブルに宿泊できるシンプルさを追求した「TSUKIMI HOTEL」は、“お弁当”というスタイルで朝ごはんの販売を開始。
寒い日もランチにほかほかごはんが食べられる「保温」タイプのお弁当箱について、メリットやおすすめの商品をご紹介。節約できて、ダイエットにも良い「お弁当生活」...
軽くてかさばらず、シンプルな作りでおかずを詰めるのも洗い物も楽な「一段」のお弁当箱について、メリットやおすすめ商品をご紹介。節約できて、ダイエットにも良い...
薄手のバッグにもすっぽり入って便利、意外に盛り付けもしやすい「スリムタイプ」のお弁当箱について、メリットやおすすめ商品をご紹介。節約できて、ダイエットにも...
シンプルでカッコイイだけじゃなく、丈夫で使いやすい「ステンレス製」のお弁当箱について、メリットやおすすめ商品をご紹介。節約できて、ダイエットにも良い「お弁...
「コムサコミューン」が、国内で廃棄される、落ち綿や端切れを集めて作ったリサイクル素材を用いたチェスターコートを展開中。
上下に分かれていることで実は詰めやすく、たくさん入るので栄養バランスも良くなる「二段」のお弁当箱について、メリットやおすすめ商品をご紹介。節約&ダイエット...
エコな自然素材ででき、調湿効果でごはんを美味しく保てるなど広い世代に人気の「曲げわっぱ」のお弁当箱について、メリットやおすすめ商品をご紹介。節約やダイエッ...
サステイナブルな生活様式を提案するプロジェクトチーム「sunaho」が、台湾のホームウェアブランド「TZULAï」と共同開発した、コーヒーかすと竹粉が主原...
タブレット端末のようなこのアイテム。じつは世界最薄の弁当箱。プラスチックフリー社会実現のために開発された「MolaBox」です。
京都の「そわか(SOWAKA)」は、2019年3月にオープンしたモダンホテル。老舗料亭の数寄屋建築をリノベーションした本館は、伝統とモダンを調和させた空間...
オフィスでカップ麺を食べる時、デスク周りの小物やPCなどに汁がハネるのを防いでくれる画期的なアイテム「麺ウォール」。通常はB5ノートほどの大きさ、閉じてい...
「国際障害者デー」にちなんだオンライン映画イベント「True Colors Film Festival」が、12月3日(木)〜13日(日)に開催。“One...
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
京都の竹工芸職人、小倉智恵美さんが手がけるのは、代々伝わる「竹籠」の技術を活かして作られた「Kyoto Basketry Accesory Series」...
京都の寺町にオープンしたのが缶詰専門店の「ひとかん」。旗艦店オープンに合わせてリリースされた「京都雅缶シリーズ」(全5種)は、京都ならではの味覚に雅なパッ...
優しい口当たりのちりめんじゃこと、ピリッと効いた山椒の実を一緒に炊き合わせた、柔らかく優しい風味が特徴の「じゃこ山椒」。ちりめんじゃこも山椒も古くから京都...
京都の「ENSO ANGO」は内装テーマの異なる5棟が、徒歩圏内に分散しているちょっと変わった形態のホテル。モダンホテルなのに坐禅体験ができるのは注目ポイ...
日本初のジン専門の蒸溜所がつくる「季の美 京都ドライジン」を紹介する。原料には柚子、生姜、山椒、玉露などの和のものを、スピリッツにはお米を、ラベルには伝統...