京都の弁当箱専門店が仕掛ける「国際BENTOコンテスト」を知っていますか?

マンガやアニメを通じて日本の弁当文化が注目されています。フランスを中心にヨーロッパではブームで、なんでも“BENTO”として辞書に載るほどなんだとか。

ここで紹介するのは、日本でも珍しい京都の弁当箱専門店「Bento&Co」が開催した、弁当箱を使った国際コンテスト。「第7回国際BENTOコンテスト2015」の結果をご覧あれ。

第1位
フランス(Aurélieさん

スクリーンショット 2015-11-11 12.06.33

アルザス地方でよく食べられれるパン「Mauricette」を使った地元愛を感じるサンドイッチと、イチゴに飾られた蝶々を象ったニンジンの装飾(写真中央)の細かさ、カラフルでバランスのとれたお弁当が高評価のポイントだったようです。

以下、どれも甲乙つけがたい趣向を凝らしたサンドイッチ弁当が続きます。どれも色とりどりで美味しそう!

第2位
イギリス(Tamsinさん)

スクリーンショット 2015-11-11 12.08.01

第3位
カナダ(Howardさん)

スクリーンショット 2015-11-11 12.08.20

第4位
ノルウェー(Priscillaさん)

スクリーンショット 2015-11-11 12.08.34

第5位
マレーシア(Karenさん)

スクリーンショット 2015-11-11 12.08.51

第6位
アメリカ(Nuranziaさん)

スクリーンショット 2015-11-11 12.09.01

第7位
フランス(Chloéさん

スクリーンショット 2015-11-11 12.09.12

第8位
フランス(Raphaëlさん)

スクリーンショット 2015-11-11 12.09.25

第9位
フランス(Augustinさん)

スクリーンショット 2015-11-11 12.09.36

第10位
日本(Mayumiさん)

スクリーンショット 2015-11-11 12.10.03

「サンドイッチ」をテーマにした今年のコンテストの優勝者は、フランス人のAurélieさん。2009年から毎年開催されるコンテストは、スタッフによる選抜の後、インターネット投票で優勝者が決まります。なんでも優勝すると、京都宿泊ペア旅行が特典で付いてくるのだとか。 世界各地、弁当箱も様々あるのが分かります。

さて、「Bento&Co」のオーナー、フランス人のベルトラン・トマさんも日本で弁当箱に魅せられたひとり。フランスでは、屋外での食事を持ち運ぶための容器といえば、タッパーやビニールバッグが主流だったそうです。
2008年に弁当箱のオンラインショッピングサイトを立ち上げ、これまでに90カ国近くに日本の弁当箱を発送。その魅力を京都から世界に発信しています。

日本の食文化だけでなく、その容器にも“クールジャパン”があるんですね。

Licensed material used with permission by 株式会社BERTRAND

「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
間違いなく“世界最小”の弁当がここに誕生しました。「BENTO WATCH」と名付けられたソレは、どこからどう見ても腕時計。しかし、中には、ご飯と栄養たっ...
京都府与謝郡伊根町。丹後半島の北東部に位置し、古代より大陸との交流が盛んなこの町には、どこかノスタルジックな光景が広がっています。「まさか、京都にこんなと...
その光景は、まるでイギリスの田舎町。人気観光地として名高いコッツウォルズさながらです。この村があるのはなんと日本。しかも、古都・京都というのだからさらに驚...
ゆずには多様な使い道がありますが、もうひとつの愛媛県の特産品しいたけと合わせてお味噌で和えることで、ゆずの香りが食欲をそそる、白いご飯にぴったりのおかず味...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
デジタルスケールが付いていて、カロリー計算をすることができる弁当箱MacroPack。これを使えば、栄養バランスの良い食事をとることを助けてくれます。
どの季節でも、訪れた人に様々な気づきを与えてくれるのが「京都」。日本古来の奥ゆかしさはもちろん、京都発の新しいムーブメントを堪能するため、年に何度も足を運...
日本初のジン専門の蒸溜所がつくる「季の美 京都ドライジン」を紹介する。原料には柚子、生姜、山椒、玉露などの和のものを、スピリッツにはお米を、ラベルには伝統...
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...
サンフランシスコに拠点をおくメンズアパレルブランド「Eison Triple Thread」は、先日テクノロジーを最大限に活用したサービス「Fits」を始...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
京都は魅力ある街なので「どこに行くべきか」と、悩みは尽きませんよね。ここでは、頭を抱えがちな「観光スポット」について押さえておきたいポイントを紹介します。...
今年で12年目になる『京都手帖』。京都広域MAP、鉄道路線図、バス路線図、葵祭・祇園祭・時代祭のルートMAP。さらには、主要な社寺の拝観データ、文化施設の...
2016年1月10日(日)、京都・岡崎に国内6店舗目となる「蔦屋書店」がオープン。西日本では「梅田 蔦屋書店」に次ぐ2店舗目。主に関西人から熱い視線が注が...
メルローズアベニューのポールスミスの壁に「Go Fuck Ur Selfie」という落書きがされてしまいました。
9つの食材が、層状にジャーに入った弁当。作っているのは、日本からNYへ移住した工藤キキさん。2014年から「CHI-SO」というブランド名で、NYのカフェ...
優しい口当たりのちりめんじゃこと、ピリッと効いた山椒の実を一緒に炊き合わせた、柔らかく優しい風味が特徴の「じゃこ山椒」。ちりめんじゃこも山椒も古くから京都...
ネット上で話題沸騰の写真があります。なんと、京都のお堀には抹茶が流れていたんだとか!?一体なぜ…。
様々なビールづくりに挑戦する「スプリングバレーブルワリー京都」が、9月7日にオープン。これは東京(代官山)、横浜に次ぐ3店舗目で、西日本へは初上陸。京都な...
手ぬぐいや風呂敷などを扱う綿布商としては日本最古とも言われる「永楽屋」。デザインのみならず生地や染めにこだわるモノづくりの姿勢が、国内はもとよ...
昨年末のオープンと新顔でありながら、早くも京都のカフェシーンを代表するほどの人気を集めています。
「餃子の王将」といえば、そのボリュームとしっかりした味付けで「男メシ」や「家族メシ」といったイメージがありました。が、2016年3月3日(木)にオープンし...
京都府南丹市美山町にある「美山FUTON&Breakfast」は、まるでその土地に暮らしているかのように宿泊できる、茅葺き一棟貸しの宿。古来の日本人が表現...