「スノーピーク京都嵐山」 が来春オープン。古都の自然と日本文化を体感!

2020年春、アウトドア用品の「スノーピーク」は、体験型複合拠点「スノーピーク京都嵐山(仮称)」をオープンする。

この度、新たに出店するのは、神社仏閣といった歴史的建造物のみならず、自然の美しさも感じられる嵐山エリア。

広々とした庭園を擁する歴史ある古民家をリノベーションし、ストア、カフェ、宿泊施設を展開する。庭園ではキャンピングオフィスや各種イベントも開催。地域住民に愛される体験型施設を目指す。

また、京都の歴史的な文化、嵐山エリアの豊かな自然資源や周辺環境との連携、地域に根付いた製品の企画開発などを通じ、インバウンド需要だけでなく、日本人にとっても新たな体験価値を創造、提供していく拠点になるという。

同じく来春には、隈研吾氏が設計したことでも注目を集めている体験型複合施設「Snow Peak LAND STATION HAKUBA」が、長野県白馬村にオープン予定。“体験”を軸とした同社の新施設には、今後も注目だろう。

©2019 株式会社スノーピーク
Top image: © 2019 株式会社スノーピーク
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事