パリでチャンスをつかんだ京都の伝統工芸職人が作る「竹細工のアクセサリー」

伝統工芸って、どこか敷居が高そう。そんなイメージを変えて、もっと身近に感じてもらえるような商品を作っている職人さんが、京都にいます。竹工芸職人、小倉智恵美さんです。

小倉さんは、京都の職人たちの間で代々受け継がれている「竹籠」の技術を活かしてバングルやリングを製作し、「京竹籠 花こころ」というブランド名で販売しています。

伝統工芸で生活したい

©2018 セメントプロデュースデザイン

2004年に、伝統工芸の専門学校を卒業した小倉さんは、同期生6名と共同で工房を始めました。その後、2011年に独立して工房「京竹籠 花こころ」を自身で立ち上げました。

始めたばかりの頃は、飲食店アルバイトの収入で生活を繋ぐ日々。徐々に仕事は増えてきたものの、問屋から依頼されて作る商品から得る収入は安く、暮らしはなかなか楽になりません。「工芸の世界はこういうもの」と思いながら、取り組んでいました。

それでも、仕事をこなしていくうちに、百貨店やギャラリーのグループ展に参加する機会に恵まれることに。しかし、張り切って出品しても、商品は全く売れません。「問屋さんを通している商品は売れているのに、どうして売れないの?」。問屋のように常連の客もいなければ、ネームバリューもないのはわかっていましたが、なぜ売れないのかが分かりませんでした。

パリで話題を呼ぶ
「一緒に仕事をしたい」

©2018 セメントプロデュースデザイン

そんな時に、技術を活かした新商品を考えるため、市場調査をすることになります。工房での仕事を休んで、東京の見本市や人気セレクトショップでどんな商品が人気かを見て回りました。売れ筋の商品をみていく中で、手に取りやすい商品と技術を組み合わせたらいいのではないかということを発見。そこで、敷居の高い伝統工芸のイメージを変えるために、身近なアクセサリーを作ることにしました。

そして、2014年にパリで開催された「ジャパン・エキスポ」では、海外のデザイナーから「一緒に仕事をしたい」と依頼を受けるまでに。伝統とモダンの組み合わせが、人気を呼ぶことになりました。

また、百貨店などの高級店では、竹細工の見た目の繊細さが好評。バングルやリングなどのアクセサリーが人の目に触れる機会も増え、もともと売れなかった伝統工芸品の注文も増えていくことになったのです。

この商品は、オンラインショップ「コトモノミチ」で購入可能です。

Top image: © 2018 セメントプロデュースデザイン
京都の「そわか(SOWAKA)」は、2019年3月にオープンしたモダンホテル。老舗料亭の数寄屋建築をリノベーションした本館は、伝統とモダンを調和させた空間...
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
京都府与謝郡伊根町。丹後半島の北東部に位置し、古代より大陸との交流が盛んなこの町には、どこかノスタルジックな光景が広がっています。「まさか、京都にこんなと...
日本初のジン専門の蒸溜所がつくる「季の美 京都ドライジン」を紹介する。原料には柚子、生姜、山椒、玉露などの和のものを、スピリッツにはお米を、ラベルには伝統...
どの季節でも、訪れた人に様々な気づきを与えてくれるのが「京都」。日本古来の奥ゆかしさはもちろん、京都発の新しいムーブメントを堪能するため、年に何度も足を運...
優しい口当たりのちりめんじゃこと、ピリッと効いた山椒の実を一緒に炊き合わせた、柔らかく優しい風味が特徴の「じゃこ山椒」。ちりめんじゃこも山椒も古くから京都...
2016年1月10日(日)、京都・岡崎に国内6店舗目となる「蔦屋書店」がオープン。西日本では「梅田 蔦屋書店」に次ぐ2店舗目。主に関西人から熱い視線が注が...
京都の中心部、四条烏丸にある「凛葩(RINPA)」は、日本画と京町家をかけ合わせた宿。一棟貸し切りのこの宿には、きらびやかな日本画と木造建築の雰囲気がマッ...
昨年末のオープンと新顔でありながら、早くも京都のカフェシーンを代表するほどの人気を集めています。
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...
富山県高岡市で、今秋、国際北陸工芸サミット『工芸ハッカソン』が行われる。富山県高岡市は、金属工芸や漆芸の技を400年以上受け継ぐまち。工芸がこれまで出会っ...
京都の「ENSO ANGO」は内装テーマの異なる5棟が、徒歩圏内に分散しているちょっと変わった形態のホテル。モダンホテルなのに坐禅体験ができるのは注目ポイ...
京都の中心部、祇園にあるリーズナブルに宿泊できるシンプルさを追求した「TSUKIMI HOTEL」は、“お弁当”というスタイルで朝ごはんの販売を開始。
京都の「MOGANA」は、“日本の食事”を味わえるモダンホテル。2018年12月のオープン以来、食の宝庫と呼ばれる淡路島から食材を取り寄せ、こだわりの朝ご...
ネット上で話題沸騰の写真があります。なんと、京都のお堀には抹茶が流れていたんだとか!?一体なぜ…。
今年で12年目になる『京都手帖』。京都広域MAP、鉄道路線図、バス路線図、葵祭・祇園祭・時代祭のルートMAP。さらには、主要な社寺の拝観データ、文化施設の...
京都は魅力ある街なので「どこに行くべきか」と、悩みは尽きませんよね。ここでは、頭を抱えがちな「観光スポット」について押さえておきたいポイントを紹介します。...
「アフリカ」と「着物」。一瞬考えただけではとても合いそうには思えない組み合わせですが、なるほど、見れば納得。ただ奇抜なだけではなく、アフリカの伝統的な柄と...
「Iria Ashimine」のアクセサリーには、つねに変化しつづける自然界のみずみずしい姿が、繊細に表現されています。
京都のモダンホテル「麩屋町二条」は、ワコールがプロデュースしている「京の温所」という宿泊施設のひとつ。「カリモク家具」で統一された室内は、最大8名まで利用...