職人技によってディズニーキャラが伝統工芸に!?異色の「ものづくり展」開催

ディズニーキャラクターを京都の伝統工芸で表現した作品が集まる「ディズニー/京都伝統工芸シリーズ」展示会が、「京都伝統産業ミュージアムMOCADギャラリー」にて2月16〜23日に開催される。

作品を手掛けるのは、日本最古、創業から400余年などなど、桁外れの歴史を持つ京都の老舗ものづくり企業14社という錚々たるメンツ。

その匠の技によって、ミッキーの茶道具ディズニープリンセスをイメージしたお香プーさんの清水焼き湯呑みなど、洗練された和とポップなディズニーのアイコンが融合したユニークな工芸品が生まれている。

会場で作品を鑑賞できるほかに一般販売もあり、各社店頭やオンラインショップで購入することが可能だ。

千年を越える京都の伝統産業の歴史に、新たな1ページが加わりそうな異色のコラボレーション。この機会に手に取ってみてはいかがだろうか。

©Disney
©Disney
©DISNEY Based on the “Winnie the Pooh” works by A.A. Milne and E.H. Shepard.
©Disney
©Disney
©Disney
Top image: © Disney
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事