伝統工芸品で異例の1400万円を集めた「Haori Cup」

2015年に、アメリカのクラウドファンディング「Kickstarter」で、(当時のレートで)1400万円もの資金調達に成功した日本のカップがある。しかも、伝統工芸分野で。

・・・気になる。

“使いたい欲”を掻き立てたのは。

そのカップは「Haori Cup」と言うんだけれど、デザインがステキなのは大前提。和洋問わず、どんな空間でも様になる感じは一旦横においておくとして。

まず、この軽さ。

左が「Haori Cup」。右が同容量(7-8分目まで入れると180cc)の一般的な薄いガラスカップ。しかも「Haori Cup」はスリーブまで入れて、ご覧のとおり。

 

そして、紙のスリーブにはない満足度。

紙のスリーブでも充分熱さ・冷たさから手を守ってくれるんだけど、国産杉は中の飲み物の温度を保ってくれる。そのうえ、多少の結露であれば吸収してくれる。フリーカップだから、中に入れるのは何でもいいらしいけど・・・。

 

木を感じたいなら、白湯が◎

熱々のままカップに注ぐと、熱がスリーブにじんわり伝わって、ほんのり杉の香りを楽しむことができるんだとか。

正体は
波佐見焼×博多曲物

長崎県の「波佐見焼」と福岡県の「博多曲物」。「Haori Cup」には、2つの伝統工芸が活きている。

「波佐見焼」は、薄造りの白磁や青磁を得意とする。写真を見ていただくとわかるように、光にかざすと指が透けるほど薄い磁器を量産できる技術力をもっている。

でも、薄造りは熱をダイレクトに伝えやすい。そこで考えられたのが、熱伝導率が低い国産杉を原材料とする博多曲物とのコラボだったのだ。

博多曲物を救う?

冒頭の1400万円が集まった話にもどす。

「Haori Cup」のプロジェクト責任者・奈須田さんが、まず、アメリカの「Kickstarter」でチャレンジしたのには理由があった。ひとつは「Haori Cup」が、世界中の人からほしいと思ってもらえるような“魅力あるプロダクト”かどうかを確認するため。

そしてもうひとつ。ここはおもに博多曲物にかかってくるのだが、量産時の課題を洗いだすため。博多曲物は明治初期から衰退していっていて、現在、残っている工房はわずか2軒のみに。プロジェクトでまとまった数を受注し、つくりはじめると、博多曲物の量産性は想像していた以上に課題が多かったという。見直し・改善の目処がたつまでに、1年半がかかったとか。

「Kickstarter」でのプロジェクトがひと段落し、次は国内。「Haori Cup」はもちろん、第2弾のプロジェクトを進めるために「博多曲物研究室」が立ち上げられた。ここでは、製造の現場から商品PRまで一貫して関わることで、博多曲物を少人数でも続けていけるような体制づくりを目指していくという。そして、クラウドファンディングサイト「Makuake」で、すでに目標金額を達成していたりする。「Haori Cup」をはじめ、博多曲物の今後の展開が楽しみだ。

 

あ、「Haori Cup」のHaoriは羽織。波佐見焼のうつわが曲物の羽織ものを着ているように見えるところからきている。ちゃんと、和紋つき。合わせは和装と同じ「右前」だ。

Licensed material used with permission by Makuake
400年の伝統を誇る「波佐見焼」を、現代のコンセプトで革新するテーブルウェアとして誕生した「HASAMI PORCELAIN」を紹介する。日本の伝統漆器「...
京都の竹工芸職人、小倉智恵美さんが手がけるのは、代々伝わる「竹籠」の技術を活かして作られた「Kyoto Basketry Accesory Series」...
富山県高岡市で、今秋、国際北陸工芸サミット『工芸ハッカソン』が行われる。富山県高岡市は、金属工芸や漆芸の技を400年以上受け継ぐまち。工芸がこれまで出会っ...
福岡のソウルフード「おきゅうと」は、エゴノリという海藻を煮固めたもので、小判形にした食材。それをクルクルと巻いて、細切りにして食べます。薬味や味付けはそれ...
心温まる動画をご紹介。
今、全世界的に話題になっている「ASMR」。ここで紹介するのは、それのクリスマスバージョンです。音を聞いていると目を閉じたくなるのですが、この動画は最後(...
新しいもの、おいしいものが好きな博多の人たちには、嬉しいニュースかもしれません。Bean to Barの火付け役のひとつとも言える「ダンデライオン・チョコ...
パッケージで微笑む女の子がかわいい福岡の「お子さまめんたいこ」。出汁が効いた唐辛子抜きの明太子で、お子さまと言わず辛いものが苦手な人にもぴったり。おにぎり...
福岡県宗像市の観光ではずせないのが海鮮。なかでも、全国的に有名な佐賀の「呼子のイカ」と同じ玄界灘の漁場でとれたイカは、高い鮮度のまま水揚げされるので絶品で...
福岡の食は「安くてうまい」=「夜がとても楽しい」と、よく言われます。じゃあその醍醐味を100%味わうには? ということで、5,000円で楽しめる「はしご酒...
オランダの子供服ブランド「adam & aoki」が、さらされた紫外線量に応じて袖の色が変わるTシャツを開発!
「何にもない」。地方出身者なら、地元のことを一度はこんな風に思ったことがあるんじゃないでしょうか。かくいう私もその一人。だから、福岡県宗像市の大島にある「...
福岡県宗像市は、神様や伝説とゆかりがあるまち。ゆえに、俗に言う“パワースポット”のような場所がいっぱいあるんです。2017年7月に『「神宿る島」宗像・沖ノ...
気づけば鼻歌を歌っているときって、たぶん、かなりの確率で、いいことがあったときかリラックスしているときなんだと思います。今回紹介するのは「そんな状態」がコ...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
まだまだ知らない日本の歴史や文化ってたくさんありますよね。本や映像で学ぶこともできますが、機会を見つけて現地まで足を運んでみませんか? 日本の歴史がたくさ...
「宗像大社とかけて、“たいちゃ”なんて言われたり……」って言葉から出会った「玄海食堂 温や」の鯛茶漬けが神級のおいしさでした。どんぶりとして食べて、もう半...
福岡県・宗像で、海を見ながら刺身を食べる体験が最高でした。「鐘の岬活魚センター」では、いけすで元気に泳ぐ魚をその場で捌いてもらえます。見事な手さばきに感動...
常滑(とこなめ)焼といえば急須。こう形容されるほど愛知県常滑市は、古くから日常雑器の生産で栄えてきた町。その常滑焼に、とってもカラフルなティーポットがあります。
福岡県宗像市でビーチ乗馬体験ができる「カナディアンキャンプ乗馬クラブ」。特別必要な持ち物はなし。動きやすい格好で、ということだったのでスカートをさけて現場...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
博多独特の手締「博多手一本」のリズムで展開していくチルな動画は、アメリカ人YouTuber・Benの視点で導かれていく。まぁ、まずは見てみて。
福岡の都心部に存在するオアシス、大濠公園からほど近く。大手門に2017年6月にオープンしたゲストハウス「STAND BY ME」の入り口には、「生ビール ...