有田焼のセラフィルターが、いつものコーヒーをまろやかに変える。

有田焼をはじめとした日本有数の焼き物の名産地「佐賀県・有田町」。

その伝統を存分に活かした、新しい製品が話題になっています。その製品とは…コーヒーフィルターです。

セラフィルターで
味がまろやかに?

えっ、フィルターになるっ、どういうこと? と思ってしまいました。

有田焼などの焼き物は工業分野では「セラミックス」と呼ばれ、さまざまな種類があります。この「セラフィルター」は、その中でも数ミクロンの無数の穴が開いた多孔質セラミックを使うことによって、フィルター機能を持たせているというわけです。

布や紙のコーヒーフィルターはどうしても使い捨てになってしまいますが、このフィルターは繰り返し使えて、環境にもお財布にも優しい。

さらに、このフィルターを通すことでひと味おいしくなるというから、驚きです。目には見えない細かい網目で不純物を取り除くことができ、雑味やえぐみを抑えてまろやかな味にしてくれるのだとか。

コーヒー以外に
お茶やお酒にも!

このフィルターは、コーヒー以外の飲み物にも使えます。

水のカルキ臭や不純物を取り除いてくれるので、例えば水道水を注げば浄水器代わりになります。日本茶や紅茶などのお茶はもちろん(しかも急須いらず)、なんとお酒までもまろやかにしてしまうそうです。

お手入れも
簡単なんです

使用後は、洗剤を使わずに水洗いします。その後、お湯をかけてコーヒーの油分を落とし、自然乾燥。セラミックの質を保つため、年に1度15分間の加熱処理が必要ですが、これはガスコンロの上に金網を敷いて、その上にフィルターを置くだけ。難しいことはなにもありません。

フィルターを通すだけで毎日飲んでいるコーヒーやお茶の味がまろやかになって、さらに繰り返し使えるというエコさもあるので、これはありですね。まずは水道水で、フィルターを通す前と後の味を比べてみたいものです。

Licensed material used with permission by セラフィルター 39有田

購入は、楽天市場より

おろし金はすでに銅製のものを持っているのですが、この陶磁器の「おろし器」だったらもう一個あってもいいかも!
1828年に誕生して以来、皇室御用達の高級フレグランスメゾンとしての地位を確立し、数々の名品を世に送り出してきたゲラン。この秋発売した新作『フォール フラ...
D&DEPARTMENT監修の佐賀ツアー「シェアトラベル」に参加したとき、すてきなお店に出会った。有田焼の新ブランド「JICON」の直売店、今村製陶 町屋...
注いだ飲み物によって色が変ってしまうほど薄く、まるで「照明器具?」と疑いたくなってしまうような有田焼磁器を知っているでしょうか。江戸時代から明治時代にかけ...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
看板メニューは「ゴルゴンゾーラ・エスプーマ」 10種類のソースでムール貝を楽しめる、中目黒のフレンチビストロムール&ビストロ massa〒153-0051...
グッドデザイン賞2017を受賞した「さがデザイン」という取り組みを、同取り組みの一貫であるオンラインポストカードをとっかかりとして紹介する。「さがデザイン...
常滑(とこなめ)焼といえば急須。こう形容されるほど愛知県常滑市は、古くから日常雑器の生産で栄えてきた町。その常滑焼に、とってもカラフルなティーポットがあります。
1985年に福岡で創業し、現在は世界12の国や地域に展開するラーメンのグローバルブランド『一風堂』。彼らが大切にしているのは「変わらないために変わり続ける...
大阪ミナミの宗右衛門町にある、大日館ビル。THE・雑居ビルとも言うべきこの場所に足を運んだのにはワケが…。それは、「大阪を代表する、ふわふわ系お好み焼があ...
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
アメリカのクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で、伝統工芸品分野で異例の1400万円の調達に成功した「Haori Cup」を紹介。軽くて...
D&DEPARTMENT発行『d design travel』の編集部が厳選したスポットをチャータータクシーで巡る新たな旅のかたち、「シェアトラベル」。第...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
静岡県静岡市にあるコーヒーロースター「IFNi ROASTING & CO.」の松葉正和さんと、岐阜県土岐市の陶芸家、大江憲一さんがコラボして廃棄コーヒー...
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
日本のどこかで数日だけオープンする、今注目の幻の野外レストラン「DINING OUT(ダイニングアウト)」。過去には、佐賀県の有田や新潟県の佐渡で大きな成...
気づけば鼻歌を歌っているときって、たぶん、かなりの確率で、いいことがあったときかリラックスしているときなんだと思います。今回紹介するのは「そんな状態」がコ...
金閣寺と五重塔をイメージしたテーブルウェアセット「古都うつわ」。これを紹介しようと思ったのは、決して見た目のインパクトだけで勝負しているわけではなく、実用...
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
京都の竹工芸職人、小倉智恵美さんが手がけるのは、代々伝わる「竹籠」の技術を活かして作られた「Kyoto Basketry Accesory Series」...
宮崎県の日南にある「炭火焼 山空(さんくう)」。超がつくほど新鮮な地頭鶏(じとっこ)を使っていて、それを自家製の竹炭で一気に焼き上げます。地鶏の炭火焼と聞...
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!