有田焼でできたゲランの香水ボトル、そこには「目には見えない」美しさがあった

「最高のフレグランスは、
 最高のボトルに包まれなくてはならない」

1828年に誕生して以来、皇室御用達の高級フレグランスメゾンとしての地位を確立し、数々の名品を世に送り出してきたゲランの信念だ。

そして、ゲランがこの秋発売した新作『フォール フラワーズ』には、限定スペシャルボトルに有田焼が使われている。

ゲラン meets 有田焼

4409bf3a4d35ccd16f4c0e030e7d399b63455372

『フォール フラワーズ』オーデ パルファン 有田焼スペシャルボトル 100ml(数量限定)

貴重な限定品のひとつとして、2017年10月1日に発売された『フォール フラワーズ』。このフレグランスのボトルは、1804年創業の有田焼窯元、弥左ヱ門窯のブランド、ARITA PORCELAIN LABとのコラボレーションによるものだ。

ゲランがARITA PORCELAIN LABと組むのは、昨年に続きこれが2回目。昨年は、1919年に誕生したゲランの名品『ミツコ』の特製バージョンが発売された。これは、有田焼創業400年を記念した商品でもあった。

0b25b11cd4b19a23155f8efce5df815c461b4ca6

2016年5月1日に発売された、『ミツコ』有田焼スペシャルボトル ミツコ オーデトワレ 75ml (数量限定につき販売終了)

有田焼、そして
弥左エ門窯の歴史

有田焼が始まったのは元和2(1616)年のこと。有田の泉山で白磁鉱が発見され、そこで天狗谷窯が開かれた。それが日本初の磁器生産となった。

それ以降、有田では豊富な天然資源を背景に、素朴な味わいの「初期伊万里」、余白と赤絵が美しい「柿右衛門」、洗練されたデザインの「色鍋島」といった有田焼の様式ができあがっていく。その後、海外との貿易がさかんになるにつれ、赤絵・色絵などに金彩を加えた豪華絢爛な「金欄手様式」が誕生した。

ゲランとコラボレーションした弥左ヱ門窯は、その有田の地で200年もの歴史をもつ窯元だ。

そんな歴史ある弥左ヱ門窯が、モダンブランド、ARITA PORCELAIN LABをスタートさせたのは平成16(2004)年のこと。培ってきた技術を活かしながら、クオリティを担保する一貫生産にこだわり、現代のライフスタイルに合う有田焼を作り出している。

美しくラグジュアリーな有田焼を生み出せる高い技術、それを現代に活かそうとするチャレンジ精神。それこそが、ARITA PORCELAIN LABがゲランの「最高のボトル」を実現するにいたった理由だ。

ゲランの“伝説”に挑む!

F4582394e8ae67b2104b7c20d73968b2203eb1d3131a29bdba3ffbce8279c176877a99c2530f4104

輝くような白の上に描かれているサザンカの花、職人がひとつひとつ金色でふちどったキャップのバラの花びら。それだけでももちろん美しいのだが、『フォール フラワーズ』において特筆すべきは、ゲランの伝説的なボトル・デザイン、“逆さハート”のアレンジが見られることだろう。

ちなみに、“逆さハート”は、3代目調香師ジャック・ゲランの名作『ルール ブルー』(1912年)に使われているデザイン。それ以降、ゲランの歴史に名を残す香水のボトルには、このデザインが多用されてきた。

218b235c43926c526325a8ea3dc7785093a0df55

ルール ブルー』Flacon 30ml

『フォール フラワーズ』が素晴らしいのは、 “逆さハート”をそのまま使うのではなく、そのアレンジに挑戦している、という点だと私は思う。

歴史が長くなればなるほど、守るものは多くなる。それは人も企業も一緒だろう。だが、そのなかで果敢に挑戦を続けたものだけが、きっと私たちを感動させてくれるのだと思う。そして、時代に名を残していくのだと思う。

私は、『フォール フラワーズ』の美しさの真髄はそこにあると思っている。ゲラン、そしてARITA PORCELAIN LAB。最高のものを目指して挑み続けるその姿勢こそが、最高のボトルを生み出し、『フォール フラワーズ』を完成させた鍵なのだ。

46fc752ce9703beb0e344c67e688e9dc23882642

商品情報

『フォール フラワーズ』オーデ パルファン
発売中 ※数量限定発売
価格:85,000円+税
セット内容:有田焼ボトル(空)、フォール フラワーズ(リフィル 100ml)、漏斗
販売店舗:全国の百貨店ゲランコーナー、直営店ゲランブティック・サロン

Licensed material used with permission by ゲラン株式会社
おろし金はすでに銅製のものを持っているのですが、この陶磁器の「おろし器」だったらもう一個あってもいいかも!
有田焼をはじめとした日本有数の焼き物の名産地「佐賀県・有田町」。その伝統を存分に活かした、新しい製品が話題になっています。その製品とは…コーヒーフィルター...
注いだ飲み物によって色が変ってしまうほど薄く、まるで「照明器具?」と疑いたくなってしまうような有田焼磁器を知っているでしょうか。江戸時代から明治時代にかけ...
D&DEPARTMENT監修の佐賀ツアー「シェアトラベル」に参加したとき、すてきなお店に出会った。有田焼の新ブランド「JICON」の直売店、今村製陶 町屋...
愛知県犬山市(いぬやまし)は、日本最古の城「犬山城」がそびえ立ち、雰囲気のいい城下町が今も元気だ。そこに、かつてはタカラヤという名の家具屋さんだった、5階...
コーヒーメーカーで作った料理を紹介するYouTubeチャンネル。タコスやピザ、スイーツまで。見るとだんだん中毒になっていく……!
大阪ミナミの宗右衛門町にある、大日館ビル。THE・雑居ビルとも言うべきこの場所に足を運んだのにはワケが…。それは、「大阪を代表する、ふわふわ系お好み焼があ...
400年の伝統を誇る「波佐見焼」を、現代のコンセプトで革新するテーブルウェアとして誕生した「HASAMI PORCELAIN」を紹介する。日本の伝統漆器「...
常滑(とこなめ)焼といえば急須。こう形容されるほど愛知県常滑市は、古くから日常雑器の生産で栄えてきた町。その常滑焼に、とってもカラフルなティーポットがあります。
石川県を代表する伝統工芸、九谷焼。明歴元年(1655年)より作られてきたこの磁器は、一点一点丁寧に描かれた華やかな色絵が特徴です。「九谷は絵付けが命」と言...
ポテトサラダの具を何にしようかは考えるでしょうが、「何を隠すか?」と考えたことはないはず。
〈ブルーボトルコーヒー〉がホリデーギフトコレクションとして発売したツールボックスです。工具などで知られるプロツールブランド〈TRUSCO®〉とのコラボレー...
大正11年に島根県松江市玉湯町で開窯した湯町窯。その代名詞ともなっている布志名焼のエッグベーカーは、名前の通り目玉焼き専門の陶器。普通はフライパンで作るも...
瀬戸焼をめぐる観光をしたいなら、愛知県の瀬戸市にある「瀬戸本業窯(せとほんぎょうがま)」は外せない。古い登り窯が残っていることや、きちんとしたギャラリーが...
金閣寺と五重塔をイメージしたテーブルウェアセット「古都うつわ」。これを紹介しようと思ったのは、決して見た目のインパクトだけで勝負しているわけではなく、実用...
僕は、基本的に手ぶらが好きなんです。大きなカバンを持ち歩くことも多いですが、手荷物は、ポケットの中におさまるくらいでちょうどいい。いつでも身軽でいたいんで...
瀬戸の奥へ奥へと向かうと、変わった壁に出会う。陶器で出来たアイコニックな幾何学模様は、瀬戸観光のパンフレットでは定番で、窯垣(かまがき)と呼ばれるものだ。...
ゆで卵ではなく「煮卵」でつくるタマゴサンド。
美しさをどう捉えるのかは、人それぞれ。でも、目が見えない人たちにとっての「美」って、どんなものなのでしょうか。ここでは彼らの語る想いを紹介します。
〈LUSH(ラッシュ)〉の練り香水は、1個約1,000円〜1,500円というプライス。手の平に乗るサイズの缶入りで、香りもいろんなベクトルのものがあって、...
アメリカのクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で、伝統工芸品分野で異例の1400万円の調達に成功した「Haori Cup」を紹介。軽くて...
グッドデザイン賞2017を受賞した「さがデザイン」という取り組みを、同取り組みの一貫であるオンラインポストカードをとっかかりとして紹介する。「さがデザイン...
宮崎県の日南にある「炭火焼 山空(さんくう)」。超がつくほど新鮮な地頭鶏(じとっこ)を使っていて、それを自家製の竹炭で一気に焼き上げます。地鶏の炭火焼と聞...
右肘の負傷したはずのダルビッシュ有選手がノックに登場!見てみると投げているのは「左手」。実は彼、左投げも一流なんですね。Twitter上では、その才能に驚...