海外のカフェで一目惚れしたある器。なんと日本の「波佐見焼」でした!

「オーナーが、海外のカフェで使われているのをInstagramで見かけて、『これいい!うちでも扱おう』ってことになったんです」

そう話してくれたのは、目黒区にある「PNB COFFEE」の早崎さん。

「PNB COFFEE」のオーナーは外国人。そして、早崎さんは長崎県波佐見町(はさみちょう)出身。そんなふたりが海外のInstagramで目をつけたものとは、これから紹介する「HASAMI PORCELAIN(ハサミポーセリン)」。偶然にも、波佐見町で400年以上受け継がれてきた「波佐見焼」でした。

これが、世界で愛される
「波佐見焼」

まずはご覧いただきたい。

Ef82e891c3f0156a9118953237ebeddb98f83fb880d0059c3bcdcb294bcd5baae1770d7ecdddb52941ed7a78c60c79851b7b2412b0c8dd427b032f85

イメージと違う?それとも、予想どおり?

今見ていただいたのが「HASAMI PORCELAIN」。ちなみに、波佐見町で「波佐見焼」に囲まれて育った早崎さんがはじめて「HASAMI PORCELAIN」を見た時の感想をひと言で表すと、

「波佐見焼っぽくない」

だそうです。

そもそも…

「波佐見焼」は、確かな質と手がとどく料金設定から、“普段使い”としても親しまれている陶磁器。歴史は400年にもおよび、発祥当時から日本各地にとどまらず、長崎港から海をわたりヨーロッパへも出荷されていたという。

そして、先ほどの「HASAMI PORCELAIN」。L.A.を拠点に活躍するデザイナー・篠本拓宏氏(tortoise)のディレクションのもと、“遺産を現代のコンセプトで革新するテーブルウェア”として誕生しました。

 
あの「重箱」が、参考に。

器のサイズは、一定の単位にしたがって、個々のアイテムが共通の直径でデザインされているという。

 

ほら、だからこの通り。

0be017c1962e30270f80a6269819f615d7b70e6e

かざりっ気のない、すっきりとした直線。

0ecd34cb711e3cba12cd82e2928ae3176ac308c4

器が重なり合っている様が美しい。

5534393df0d5ebb0201f92673899d8499a0e899a

自由に積み重ねられるということは、お察しのとおり、収納も運ぶのもラクラク。この、きれいに積み重ねられる感じ、日本の伝統的な漆器である「重箱」からインスピレーションを得たのだそう。

思わずふれたくなる
“さわり心地”

B7c3cc5f6460b4ce2db927a7cdb070fcb7dac290

使用感も使う人をトリコにする理由のひとつ。早崎さんいわく、従来のツルツルした「波佐見焼」とは、さわり心地が違うという。「HASAMI PORCELAIN」のもとは、天然の天草陶石からつくられる磁器の原料に陶土を絶妙にブレンドしたもの。独特な素材感は、まさに、陶器と磁器の“いいとこどり”を追求した賜物だ。

ちなみに、マグカップ、プレート、ボウルからティーセットまで、日常使いのアイテムを網羅している。そしてこれまた、従来の「波佐見焼」は白磁のイメージがあったそうだが、「HASAMI PORCELAIN」は3カラー。「Natural」「Black」「Clear」と、カラーもしっくりくるものが見つかりそうだ。

「Made in JAPAN」
ふたたび海外へ

7a33dce011396a1a5f217de39b0f52ca598de52c

この「HASAMI PORCELAIN」、アメリカやヨーロッパにも取り扱い店があり、カフェなどのお店で利用されることもしばしば。実際に「PNB COFFEE」は、外国人のお客さんが多いそうなのだが、とくに欧米・中東圏の方は、もともと「HASAMI PORCELAIN」を知っている方も結構多いそう。きっと、現代の日本のみならず、世界の食卓にもすんなり「波佐見焼」が溶け込んでいるのだろう。

 

かつて海をわたった“日本の伝統物”が、また、広い世界で愛される。現代まで、脈々と伝統をつないできた先人たちの感慨深さも、それはそれはひとしおだろう。

Licensed material used with permission by 東京西海
Reference:SAIKAI
アメリカのクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で、伝統工芸品分野で異例の1400万円の調達に成功した「Haori Cup」を紹介。軽くて...
金閣寺と五重塔をイメージしたテーブルウェアセット「古都うつわ」。これを紹介しようと思ったのは、決して見た目のインパクトだけで勝負しているわけではなく、実用...
おろし金はすでに銅製のものを持っているのですが、この陶磁器の「おろし器」だったらもう一個あってもいいかも!
素材は封筒によく使われる種類の「紙」。カードは8枚まで入ります。使いやすいサイドポケット付きで機能性も十分。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
常滑(とこなめ)焼といえば急須。こう形容されるほど愛知県常滑市は、古くから日常雑器の生産で栄えてきた町。その常滑焼に、とってもカラフルなティーポットがあります。
有田焼をはじめとした日本有数の焼き物の名産地「佐賀県・有田町」。その伝統を存分に活かした、新しい製品が話題になっています。その製品とは…コーヒーフィルター...
大阪ミナミの宗右衛門町にある、大日館ビル。THE・雑居ビルとも言うべきこの場所に足を運んだのにはワケが…。それは、「大阪を代表する、ふわふわ系お好み焼があ...
陶芸家・古賀崇洋氏の器。シンプル・ミニマムなデザインが席巻する時代に、この圧倒的な個性。口当たり?持ちやすさ?そんな普通の評価軸では語れません。いや、だけ...
おいしいコーヒーと、グルテンフリーのフードメニューで人気のカフェ「ことりうさぎ」は、秋田県北東部の鹿角市にある。温泉やスキー場といった北国らしい魅力はたく...
メルセデス・ベンツがモーターショーに向けて用意したこのトラック。痛車のようなデコトラのようなアーティスティックなトラックが、アメリカ人アーティストAlek...
愛知県・瀬戸市に窯を構える陶芸作家、「美山陶房」五代目の寺田鉄平氏が開講している陶芸教室では、初歩から高等技術まで教えてもらえる。80歳を超える老人も通う...
「KAIDO books & coffee」は、旧東海道品川宿地区の北品川商店街にあるブックカフェ。今も昔も「旅」の玄関口である品川らしく、2階席には旅を...
2017年の9月に北谷にオープンした「AIEN Coffee and Hostel」は、沖縄県初のカフェ&ホステルという形態。お店の名前は、フシギなめぐり...
URBAN RESEARCHが展開しているローカルコミュニティプロジェクト「JAPAN MADE PROJECT」。人気アパレルブランドが、なぜ地方でこの...
日本ではオリーブ=小豆島といったイメージがが強いですが、今九州産オリーブもジワジワと話題になっています。ジワジワといっても、その人気は相当なもの。なんせ発...
オシャレなカフェが立ち並ぶ街、台北。でも、実際どこに行けばいいのかわからないもの。今日は最近、台北で人気の“ドライフラワーカフェ”をご紹介。ガイドブックと...
5万4千枚もの写真をつなげて作られたこの作品の臨場感は4Kならではのもの。葉の上で光る水滴、まっすぐに空へとのびる木々。朝日を受けて輝く湖面。3分40秒間...
カフェってPC作業に集中できるけど、あまり良く感じない人もいるみたい。たしかにコーヒーを楽しむ空間でカタカタと隣で仕事をされると…。あなたはどう思う?
「ひとりのお客さんとして、無人島に遊びに行く」。確かにそれもいいかもしれない。でも長崎県・大村湾に浮かぶ田島では、井戸づくりや古民家修復、無農薬野菜の栽培...
カフェであり、雑貨屋さんでもあり、撮影スタジオでもあり——。そんな空間を沖縄で見つけました。外国人住宅をリノベしている「わわcafE」は、立ち寄るだけでも...
宮崎県の日南にある「炭火焼 山空(さんくう)」。超がつくほど新鮮な地頭鶏(じとっこ)を使っていて、それを自家製の竹炭で一気に焼き上げます。地鶏の炭火焼と聞...
瀬戸焼をめぐる観光をしたいなら、愛知県の瀬戸市にある「瀬戸本業窯(せとほんぎょうがま)」は外せない。古い登り窯が残っていることや、きちんとしたギャラリーが...
金継ぎは、海外でもそのまま「KINTSUGI」と呼ばれ愛されている日本文化。壊れた器などを金で装飾しながら修繕する技術です。ここで紹介する画像は、陶芸家・...