海外のカフェで一目惚れしたある器。なんと日本の「波佐見焼」でした!

「オーナーが、海外のカフェで使われているのをInstagramで見かけて、『これいい!うちでも扱おう』ってことになったんです」

そう話してくれたのは、目黒区にある「PNB COFFEE」の早崎さん。

「PNB COFFEE」のオーナーは外国人。そして、早崎さんは長崎県波佐見町(はさみちょう)出身。そんなふたりが海外のInstagramで目をつけたものとは、これから紹介する「HASAMI PORCELAIN(ハサミポーセリン)」。偶然にも、波佐見町で400年以上受け継がれてきた「波佐見焼」でした。

これが、世界で愛される
「波佐見焼」

まずはご覧いただきたい。

Ef82e891c3f0156a9118953237ebeddb98f83fb880d0059c3bcdcb294bcd5baae1770d7ecdddb52941ed7a78c60c79851b7b2412b0c8dd427b032f85

イメージと違う?それとも、予想どおり?

今見ていただいたのが「HASAMI PORCELAIN」。ちなみに、波佐見町で「波佐見焼」に囲まれて育った早崎さんがはじめて「HASAMI PORCELAIN」を見た時の感想をひと言で表すと、

「波佐見焼っぽくない」

だそうです。

そもそも…

「波佐見焼」は、確かな質と手がとどく料金設定から、“普段使い”としても親しまれている陶磁器。歴史は400年にもおよび、発祥当時から日本各地にとどまらず、長崎港から海をわたりヨーロッパへも出荷されていたという。

そして、先ほどの「HASAMI PORCELAIN」。L.A.を拠点に活躍するデザイナー・篠本拓宏氏(tortoise)のディレクションのもと、“遺産を現代のコンセプトで革新するテーブルウェア”として誕生しました。

 
あの「重箱」が、参考に。

器のサイズは、一定の単位にしたがって、個々のアイテムが共通の直径でデザインされているという。

 

ほら、だからこの通り。

0be017c1962e30270f80a6269819f615d7b70e6e

かざりっ気のない、すっきりとした直線。

0ecd34cb711e3cba12cd82e2928ae3176ac308c4

器が重なり合っている様が美しい。

5534393df0d5ebb0201f92673899d8499a0e899a

自由に積み重ねられるということは、お察しのとおり、収納も運ぶのもラクラク。この、きれいに積み重ねられる感じ、日本の伝統的な漆器である「重箱」からインスピレーションを得たのだそう。

思わずふれたくなる
“さわり心地”

B7c3cc5f6460b4ce2db927a7cdb070fcb7dac290

使用感も使う人をトリコにする理由のひとつ。早崎さんいわく、従来のツルツルした「波佐見焼」とは、さわり心地が違うという。「HASAMI PORCELAIN」のもとは、天然の天草陶石からつくられる磁器の原料に陶土を絶妙にブレンドしたもの。独特な素材感は、まさに、陶器と磁器の“いいとこどり”を追求した賜物だ。

ちなみに、マグカップ、プレート、ボウルからティーセットまで、日常使いのアイテムを網羅している。そしてこれまた、従来の「波佐見焼」は白磁のイメージがあったそうだが、「HASAMI PORCELAIN」は3カラー。「Natural」「Black」「Clear」と、カラーもしっくりくるものが見つかりそうだ。

「Made in JAPAN」
ふたたび海外へ

7a33dce011396a1a5f217de39b0f52ca598de52c

この「HASAMI PORCELAIN」、アメリカやヨーロッパにも取り扱い店があり、カフェなどのお店で利用されることもしばしば。実際に「PNB COFFEE」は、外国人のお客さんが多いそうなのだが、とくに欧米・中東圏の方は、もともと「HASAMI PORCELAIN」を知っている方も結構多いそう。きっと、現代の日本のみならず、世界の食卓にもすんなり「波佐見焼」が溶け込んでいるのだろう。

 

かつて海をわたった“日本の伝統物”が、また、広い世界で愛される。現代まで、脈々と伝統をつないできた先人たちの感慨深さも、それはそれはひとしおだろう。

Licensed material used with permission by 東京西海
Reference:SAIKAI
金閣寺と五重塔をイメージしたテーブルウェアセット「古都うつわ」。これを紹介しようと思ったのは、決して見た目のインパクトだけで勝負しているわけではなく、実用...
おろし金はすでに銅製のものを持っているのですが、この陶磁器の「おろし器」だったらもう一個あってもいいかも!
大阪ミナミの宗右衛門町にある、大日館ビル。THE・雑居ビルとも言うべきこの場所に足を運んだのにはワケが…。それは、「大阪を代表する、ふわふわ系お好み焼があ...
常滑(とこなめ)焼といえば急須。こう形容されるほど愛知県常滑市は、古くから日常雑器の生産で栄えてきた町。その常滑焼に、とってもカラフルなティーポットがあります。
陶芸家・古賀崇洋氏の器。シンプル・ミニマムなデザインが席巻する時代に、この圧倒的な個性。口当たり?持ちやすさ?そんな普通の評価軸では語れません。いや、だけ...
有田焼をはじめとした日本有数の焼き物の名産地「佐賀県・有田町」。その伝統を存分に活かした、新しい製品が話題になっています。その製品とは…コーヒーフィルター...
アメリカのクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で、伝統工芸品分野で異例の1400万円の調達に成功した「Haori Cup」を紹介。軽くて...
金継ぎは、海外でもそのまま「KINTSUGI」と呼ばれ愛されている日本文化。壊れた器などを金で装飾しながら修繕する方法です。ここで紹介する画像は、陶芸家・...
1828年に誕生して以来、皇室御用達の高級フレグランスメゾンとしての地位を確立し、数々の名品を世に送り出してきたゲラン。この秋発売した新作『フォール フラ...
シアトルは自家焙煎の豆を使ったカフェが多いのも特徴です。そういうところは大抵、お店の名前が「〇〇〇ロースター」となっています。そこに誇りを感じますね。古き...
2017年9月にオープンした「AIEN Coffee and Hostel」は、沖縄初のカフェ&ホステルという形態です。お店の名前は、フシギなめぐり合わせ...
7月2日、3日。今週末の土日は、このお店に注目。01.COBI COFFEE AOYAMA02.Little Pool Coffee03.The AIRS...
D&DEPARTMENT監修の佐賀ツアー「シェアトラベル」に参加したとき、すてきなお店に出会った。有田焼の新ブランド「JICON」の直売店、今村製陶 町屋...
周りから一目置かれる「器の大きい人」。上司や部下からも頼りがいがあると信頼されるタイプです。そういう人にはどんな特徴があるのでしょう?また、どうすれば器の...
食卓には欠かすことの出来ない器の存在。ひと口に器といっても、手触りも、重みも、質感も、色味も、ほんとうにいろいろとあって、どれを買ったらよいのか迷います。...
食器といえば白。少し前まで漠然とそんなイメージを抱いていたけれど、最近は少しちがう。Instagramで見かける美しい食卓、ふらっと入ったカフェで出てきた...
カフェであり、雑貨屋さんでもあり、撮影スタジオでもあり——。そんな空間を沖縄で見つけました。外国人住宅をリノベしている「わわcafE」は、立ち寄るだけでも...
アイルランド南部の町にある小さなカフェが、イースターに向けたとびきりスウィーティーなタマゴ入りコーヒーを考案し、Instagramに投稿しました。なんでも...
「日本」と聞いて、まず初めに思い浮かぶのはなんでしょうか。京都みたいな伝統の残る場所?それとも東京都心の様子?着物や日本食?それとも田舎の風景?人によって...
先日、炊飯器が壊れたので、ある家電量販店へ修理を依頼しに行った。すると、修理費を見積るのに前金が必要で、もし、見積もりが高く、修理を中止にする場合は、預け...