海外のカフェで一目惚れしたある器。なんと日本の「波佐見焼」でした!

「オーナーが、海外のカフェで使われているのをInstagramで見かけて、『これいい!うちでも扱おう』ってことになったんです」

そう話してくれたのは、目黒区にある「PNB COFFEE」の早崎さん。

「PNB COFFEE」のオーナーは外国人。そして、早崎さんは長崎県波佐見町(はさみちょう)出身。そんなふたりが海外のInstagramで目をつけたものとは、これから紹介する「HASAMI PORCELAIN(ハサミポーセリン)」。偶然にも、波佐見町で400年以上受け継がれてきた「波佐見焼」でした。

これが、世界で愛される
「波佐見焼」

まずはご覧いただきたい。

イメージと違う?それとも、予想どおり?

今見ていただいたのが「HASAMI PORCELAIN」。ちなみに、波佐見町で「波佐見焼」に囲まれて育った早崎さんがはじめて「HASAMI PORCELAIN」を見た時の感想をひと言で表すと、

「波佐見焼っぽくない」

だそうです。

そもそも…

「波佐見焼」は、確かな質と手がとどく料金設定から、“普段使い”としても親しまれている陶磁器。歴史は400年にもおよび、発祥当時から日本各地にとどまらず、長崎港から海をわたりヨーロッパへも出荷されていたという。

そして、先ほどの「HASAMI PORCELAIN」。L.A.を拠点に活躍するデザイナー・篠本拓宏氏(tortoise)のディレクションのもと、“遺産を現代のコンセプトで革新するテーブルウェア”として誕生しました。

 
あの「重箱」が、参考に。

器のサイズは、一定の単位にしたがって、個々のアイテムが共通の直径でデザインされているという。

 

ほら、だからこの通り。

かざりっ気のない、すっきりとした直線。

器が重なり合っている様が美しい。

自由に積み重ねられるということは、お察しのとおり、収納も運ぶのもラクラク。この、きれいに積み重ねられる感じ、日本の伝統的な漆器である「重箱」からインスピレーションを得たのだそう。

思わずふれたくなる
“さわり心地”

使用感も使う人をトリコにする理由のひとつ。早崎さんいわく、従来のツルツルした「波佐見焼」とは、さわり心地が違うという。「HASAMI PORCELAIN」のもとは、天然の天草陶石からつくられる磁器の原料に陶土を絶妙にブレンドしたもの。独特な素材感は、まさに、陶器と磁器の“いいとこどり”を追求した賜物だ。

ちなみに、マグカップ、プレート、ボウルからティーセットまで、日常使いのアイテムを網羅している。そしてこれまた、従来の「波佐見焼」は白磁のイメージがあったそうだが、「HASAMI PORCELAIN」は3カラー。「Natural」「Black」「Clear」と、カラーもしっくりくるものが見つかりそうだ。

「Made in JAPAN」
ふたたび海外へ

この「HASAMI PORCELAIN」、アメリカやヨーロッパにも取り扱い店があり、カフェなどのお店で利用されることもしばしば。実際に「PNB COFFEE」は、外国人のお客さんが多いそうなのだが、とくに欧米・中東圏の方は、もともと「HASAMI PORCELAIN」を知っている方も結構多いそう。きっと、現代の日本のみならず、世界の食卓にもすんなり「波佐見焼」が溶け込んでいるのだろう。

 

かつて海をわたった“日本の伝統物”が、また、広い世界で愛される。現代まで、脈々と伝統をつないできた先人たちの感慨深さも、それはそれはひとしおだろう。

Licensed material used with permission by 東京西海
Reference:SAIKAI
アメリカのクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で、伝統工芸品分野で異例の1400万円の調達に成功した「Haori Cup」を紹介。軽くて...
おろし金はすでに銅製のものを持っているのですが、この陶磁器の「おろし器」だったらもう一個あってもいいかも!
金閣寺と五重塔をイメージしたテーブルウェアセット「古都うつわ」。これを紹介しようと思ったのは、決して見た目のインパクトだけで勝負しているわけではなく、実用...
まだまだ知らない日本の歴史や文化ってたくさんありますよね。本や映像で学ぶこともできますが、機会を見つけて現地まで足を運んでみませんか? 日本の歴史がたくさ...
常滑(とこなめ)焼といえば急須。こう形容されるほど愛知県常滑市は、古くから日常雑器の生産で栄えてきた町。その常滑焼に、とってもカラフルなティーポットがあります。
大阪ミナミの宗右衛門町にある、大日館ビル。THE・雑居ビルとも言うべきこの場所に足を運んだのにはワケが…。それは、「大阪を代表する、ふわふわ系お好み焼があ...
デザイン大国デンマークのアーティストにより生まれ変わる日本の信楽焼。陶芸家ラース・ランクの「グリーンモス」シリーズが、逆輸入されて日本展開をスタートします。
有田焼をはじめとした日本有数の焼き物の名産地「佐賀県・有田町」。その伝統を存分に活かした、新しい製品が話題になっています。その製品とは…コーヒーフィルター...
伝統茶器で淹れる日本茶をオリジナルカップで味わえる中目黒にある日本茶とスペシャリティコーヒーのカフェartless craft tea & coffee〒...
「Trace Face」は、愛知県瀬戸市の陶磁器メーカー、エムエムヨシハシの職人が作る手彫り型で作ったもの。堅いイメージのある陶磁器に、柔らかい雰囲気の手...
おいしいコーヒーと、グルテンフリーのフードメニューで人気のカフェ「ことりうさぎ」は、秋田県北東部の鹿角市にある。温泉やスキー場といった北国らしい魅力はたく...
陶芸家・古賀崇洋氏の器。シンプル・ミニマムなデザインが席巻する時代に、この圧倒的な個性。口当たり?持ちやすさ?そんな普通の評価軸では語れません。いや、だけ...
ソウルにある「Blind Alley」は、本物のアライグマがいるカフェ。お客さんの近くをウロチョロして、愛嬌を振りまきます。疲れが吹き飛ぶこと間違いなし。
11月22日、『ラルフローレン(Ralph Lauren)』が表参道のフラッグシップに、カフェ『ラルフズ コーヒー(Ralph’s Coffee)』をオー...
デザイン大国デンマークで生まれ変わる信楽焼。コペンハーゲンの陶芸家ラース・ランクがつくる「Dots」シリーズは、単純な柄だけど、日本の焼き物を愛らしく変身...
“日本文化×デンマークのデザイン”で仕上がった信楽焼。コペンハーゲンの陶芸家ラース・ランクがつくる「ブルーヒル」シリーズは、ティータイムにもよく似合う。
噂には聞いていたし、気にはなっていたんです。世界有数のオーガニックタウン、小川町(おがわまち)。そんな小川町に、最近新たにオーガニックコーヒーが飲めるカフ...
愛知県・瀬戸市に窯を構える陶芸作家、「美山陶房」五代目の寺田鉄平氏が開講している陶芸教室では、初歩から高等技術まで教えてもらえる。80歳を超える老人も通う...
オシャレなカフェが立ち並ぶ街、台北。でも、実際どこに行けばいいのかわからないもの。今日は最近、台北で人気の“ドライフラワーカフェ”をご紹介。ガイドブックと...
「鯛茶漬」というと濃いゴマだれをベースにした味を想像するかもしれませんが、長崎名物の鯛茶漬けはひと味違います。壱岐島(いきのしま)では、漁港で水揚げされた...