何度でも洗って使える「ペーパーカップ」の正体は……

一見すれば、なんのことはないペーパーカップ……のように見えるが、じつはこれ、磁器製のタンブラー。リッド(フタ)もきちんとサイズが合う。

言われなきゃ、まずわからない。

©Makuake

サイズはS(3530円)、L(3750円)の2展開(ともに税込価格)

人と同じような、ありきたりのタンブラーは使いたくない。そんな、あまのじゃくさん(こだわり派)に向けて作製したのは、“コーヒーを飲む以外でも楽しむ”をコンセプトに掲げる「TYO(東京発信型)プロジェクト」だ。

わざわざペーパーカップの型から作り、長崎県の伝統工芸「波佐見焼」で仕上げた。400年の伝統にウィットを効かせたタンブラー。何より、紙製と同じに見えてちゃんと“エコしてる”のがいいじゃないか。

ただこれ、単なる洒落っ気だけのプロダクトとしてしまうのは早計かもしれない。

今やすっかり定着したコーヒーカルチャー。自分が好きな味を求めてショップを巡るという楽しみ方もある。大好きなコーヒーを通して人と人とがつながり合うように、都市と工芸を繋いでいく。それが「TYOプロジェクト」の真の目的。

11月6日(金)まで、応援購入サービス「Makuake」にてクラウドファンディングを展開中。今後も伝統工芸やクリエイターとの共同プロジェクトを展開予定だという。

©Makuake

TYO COFFEE PORCELAIN

【購入ページ】https://www.makuake.com/project/tyo/

Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
スタバのコーヒーカップを大変身させるアートです。
静岡県静岡市にあるコーヒーロースター「IFNi ROASTING & CO.」の松葉正和さんと、岐阜県土岐市の陶芸家、大江憲一さんがコラボして廃棄コーヒー...
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
「ブルーボトルコーヒージャパン」は、先週11月21日からリユーザブルカップ「ブルーボトル エコカップ」を販売。テイクアウトカップの使用を減らし、環境へ配慮...
「個性」と「進化」を磨き続ける2つのブランド「ニューバランス×フランク ミュラー」から生まれたスニーカー「CM996」が金と銀、各色996足限定で登場。
「バタフライボード株式会社」より、何度も使って消せるノート「notes(ノーツ)」がクラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」で先行販売。
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
朝のコーヒーは豆から挽いて淹れています。今思うのは、一杯だけ淹れることが多いからサーバーはいらなかったし、金属のドリッパーならペーパーフィルターを買い置き...
「wemo Ⅱ」は、携帯ケース型のメモ。必要なことを裏にすぐ書き留めておくことができます。ボールペンで書いても消しゴムで消して何度でも使えるから大丈夫!
ドバイのデザイン事務所「Tinkah」が作ったコーヒーカップ。4個セットで約2万円(650AED)。少々高い気もしますが、大切な人へのプレゼントとしておす...
スマホのスワイプ動作のようにカードの出し入れができるミニマルウォレットが登場。「決済はカード派」というアナタにこそオススメしたい一品だ。
自然分解されるバンブーファイバーで作られたコーヒーカップ「Ecoffee Cup」より、異国の風情が漂うオシャレな新デザインが登場!
コーヒーのテイクアウト率、先進国のなかで日本が1位なのは、意外?
「銀座 蔦屋書店」がオンラインならではの魅力が詰まった「銀座 蔦屋書店の陶器市」を開催。厳選された4ブランド&6名の作家の共演は6月27日(土)まで。
第3の生理用品と注目の「月経カップ(生理カップ)」のメリット・デメリット、正しい使い方、スムーズな入れ方、メンテナンス方法まで気になる疑問を専門家に徹底取材。
日本全国の窯元がオンライン上に集結した陶器市「オンライン陶器市2020」が本日4月28日から開催。自宅にいながら素敵な陶磁器に出会う場が実現。
クリスマスに子どもたちに本を届けるプロジェクト『ブックサンタ2020』が、本を寄付してくれるサンタさんを募集中!
「タイムタイマーオリジナル」がリニューアルして登場。基本的なスペックはそのままに、数字と余白が大きくなって見やすさがUP。忙しい朝や、タイムリミットのある...
これは、ドイツ・ベルリンの、とあるカフェで使われているカップとソーサーの話。丸みのあるシンプルなデザインと、深い濃淡のあるブラウンは味わいがあります。何よ...
日本人の体型に合わせて開発された日本初の月経カップ『ROSE CUP(ローズカップ)』の魅力や他社製品との違い、使用可能時間など気になる疑問をメーカーの「...
バリスタの世界チャンピオンや神経科学の専門家のアドバイスを取り入れつつ開発されたというグラスウェア。味、香り、感触、見た目などコーヒーをよりおいしく味わう...
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
Kickstarterでクラウドファンディング中の「LastSwab」は、シリコンでできた“綿棒”。水洗いをすれば、繰り返し使えるのがウリです。
コーヒーやお茶を入れてカップを回せば、45秒以上自動で回転して飲み物をじっくりかき混ぜてくれるカップ「WENO°」が誕生。飲み物の色を透かしながらオシャレ...